お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

スモーク

G
  • 字幕

大切なものはタバコの煙のよう…

95年ベルリン国際映画祭銀熊賞特別審査員賞、国際批評家協会賞および95年ロカルノ映画祭最優秀観客賞受賞! 現代アメリカを代表するベストセラー作家ポール・オースターの文学がウェイン・ワン監督の魔術で完成した感動作。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

スモークの評価・レビュー

4
観た人
13519
観たい人
17456
  • 3.8

    トンさん2022/01/21 21:04

    気が合う人にオススメしたくなる映画。
    地味だけどじんわり染みてくる。


    私が人生で最も後悔している嘘は、悲しいことにこの映画でいう“優しい嘘”なんだけど、ポールの言葉をそのまま飲み込んだら少し気持ちが楽になった。こうゆう映画をもっと沢山観たい。

  • 3.6

    Shunsukeさん2022/01/21 16:45

    公開当時の初見の印象は薄く、こんな内容だったかな?と新鮮に観られた。
    もっと煙草屋店内のシーンが多い印象だったけど結構お出かけしてたのね。

  • 4.3

    yaylovesさん2022/01/21 15:44

    こういった良作品を探すのはなかなか難しい。控えめで、風通しがよく、深く優しい。僕は結局こうゆう作品に出会うのを楽しみに映画を観てるところがあります。

  • 3.9

    ドラ22さん2022/01/21 12:44

    2021年のクリスマスは土曜日だったので、お休みの日にムードを満喫しようと探して、映画館上映中の新作を探したものの『ラストクリスマス』のようなベタな映画も無く、リバイバルも候補に入れたら新文芸坐さんのスケジュールに本作があり『クリスマスに観たい名作』と紹介されていたので行こうとしたら時間帯が合わず、サブスクで観ました。
    こちらのサイトではまず画質が悪くて慣れるまで少し時間がかかりましたが、昔のビデオなんだと思い、時代を感じながら楽しめた。
    結局、クリスマス...?......はあ、なるほど〜
    と、望んでいたものとは少し違ったけど、ほっこりする作品だった。
    メリー☆クリスマス

    【サブスク】2021クリスマス当日のお昼に。

  • 4.0

    xxxcakxxxさん2022/01/20 01:26

    タバコ屋さんの周りで起こる一つ一つの出来事が大きくはないけど、本当に近くで起こってそうな一幕一幕がいい味出してる。

    日常を切り取って雰囲気を噛み締めるような邦画好きにハマるはず!

    あらすじにある嘘や真実などはそこまで重要じゃないような気がします…

  • 3.9

    みぃたむさん2022/01/19 00:45

    Xmasツリーに見立てた 煙草の煙。

    煙の重量を量る話から始まり
    ゆっくり優しく時間が経過する
    素敵な大人の群青劇でした。

    ポール役のウィリアムハートが 素敵過ぎ…。
    大統領の執事の涙でお馴染みの
    フォレストウィテカーとは驚きの再会でw

    毎日毎日 同じ場所同じ時間に撮る
    でも違う毎日を映した写真達。
    その話だけでもお洒落だなと感じ。

    ポールとオーギーのコンビが 最高でした。
    オーギーのラストシーンの言葉も 響きます。

    EDクレジットの映像に 曲がマッチし過ぎて
    タイトルも含め じんわり拡がる優しさ。
    煙草屋さん。懐かしいですね。

    Xmas前の夜 是非再見したいです。

  • 5.0

    ジョンさん2022/01/18 10:08

    最鑑賞 

    「降ってても晴れててもな、郵便配達と同じさ」

    煙草屋の主人がカメラのファインダーを通して見てきた街
    自分の眼で一つ一つ見てきた街

    煙草屋を営んでいる店主の店を訪れる客中心に繰り広げられる様々な人との会話劇
    エピソード一つ一つがいちいち良い

    人生の悲喜交々をこんなにも綺麗に映してる映画があるだろうか いやきっといっぱいあるけど自分が出会えてないだけ

    でも今まで観た洋画、邦画合わせても間違いなく自分の好きな映画上位に入る 水野晴郎さんじゃないけど「映画って本当にいいもんですね」って思う作品

    「秘密を分かち合えない友達なんて友達といえるか?」

    DVD所有したいくらい好き
    ジャケ写も最高


  • 3.4

    Azusaさん2022/01/17 05:43

    嘘の捉え方とか煙草の意味合いとか解りはするけど、響かなかったからタイミングが違ったんだろうな時間が経ったら再見します

  • 4.3

    DamareHyouronkaさん2022/01/16 13:51

    この嫌煙時代に、ブルックリンの街角で下町っ子感に溢れるおじさんが営むタバコ屋とお客のストーリー。
    "一生恵まれない、ブルックリン産まれのガキ"
    ふとしたセリフが心に刺さる。
    今でこそ再開発が進み、「ヒップな街」なんて言われるブルックリンも、1995年公開では無理もない。
    ブルックリン出身、ビヨンセの旦那であり、ビリオネアのJAY Zでさえまだ下積み中の時代。
    当時、単館上映で9万人を動員した名作との事だが、街角に集まる人々のそれぞれのストーリーに心を揺さぶられる。
    最後のカメラ長回しと、正しいということはその時々で変わる事を教えられるような長セリフ、最高な名シーンでした。

  • −−

    diesixxさん2022/01/16 04:30

    スランプの友人で作家のポールのために、オーギーが個人的なクリスマスストーリーを語るワンカット。ハーヴェイ・カイテル、本当にいい役者なんだなあと思える一世一代の名演だ。そのあと、ポールが脚色したストーリーがエンドクレジットで映像化される、という仕掛けも洒落ている。
    ストーリーは、街角のたばこ屋を舞台に人間模様が交差する下町人情コメディといったところ。『ドゥ・ザ・ライト・シング』の前半部だけで作ったような、地味だけど心温まる佳作。
    フォレスト・ウィテカー演じる義手の中年男性も良かった。これどうなるんだ?ってくらいの修羅場の後で(そこも笑えるけど)普通にピクニック行ってるシーンで笑う。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました