お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

スモーク

G
  • 字幕

大切なものはタバコの煙のよう…

95年ベルリン国際映画祭銀熊賞特別審査員賞、国際批評家協会賞および95年ロカルノ映画祭最優秀観客賞受賞! 現代アメリカを代表するベストセラー作家ポール・オースターの文学がウェイン・ワン監督の魔術で完成した感動作。

詳細情報

原題
SMOKE
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1995
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-12-12 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

スモークの評価・レビュー

4
観た人
11023
観たい人
13679
  • 3.8

    ギョメさん2020/08/12 00:16

    それぞれはいい話だけど個々の関係を求めすぎて肩透かし喰らった。
    なんとなく共通したテーマはあるけどほぼオムニバス。この流動性がスモークということなのかもしれない

    自分がいかに簡潔さとかわかりやすさにすがって生きてるか痛感した

  • 4.0

    法界悋気さん2020/08/11 23:42

    ピクニックのいたたまれない空気がお気に入りです。
    出自の様々な人間の交錯、群像劇的な側面もあり好きです

  • 4.1

    TAKE7さん2020/08/08 15:31

    ニューヨークの片隅の店で展開されるストーリー。いくつも話が繋がっているオムニバス的な構成。それぞれのキャラクターが交わす会話がとても良い。

  • 4.7

    de7chさん2020/08/07 00:29

    まったく知らなかったけど友人の薦めで鑑賞。めっちゃ良かった。
    キャスト情報見て知ったけどブレイキングバッドのガス役の人はどこに出てるんだ??

  • 2.5

    チックカンコクさん2020/08/04 22:17

    トム・ウェイツの『Innocent When You Dream』が流れるラストシーンは良いが、それ以外は全体的に映画としてペーペーである。

  • 3.9

    いぐあなさん2020/08/04 20:40

    ブルックリンにある煙草屋さんにふらふらと集まる、市井の男たちを描いたオムニバスストーリー。
    特に伏線が交差するわけでもなく、他者からしたら取るに足らないような、彼らにとってはちょっとだけイレギュラーなハプニングがおきた、そんな日々を描いた映画。
    オーギーのストーリーに、ぐいっとやられます。
    感傷的になるわけでもなく、大きな事件が起こるわけでもなく。
    ただ少し、ほろ苦くて煙い感じ。

    ポール・ベンジャミンの語る、"煙草とエリザベス女王の話"から始まり、所々で語られる小噺的なエピソードが面白い。

    優しい嘘。
    嘘も方便。

    クリスマス時期に観ればよかった!

  • 4.0

    おっかもとさん2020/08/02 23:56

    間違いだらけの真実の物語って言うキャッチコピーこの映画にピッタリすぎでしょ!

    サイラスのタバコでかすぎ

  • 3.9

    金魚さん2020/08/02 01:07

    あの人もこの人も何かと葛藤しながら生きているってことなんだろうな。
    自分のペースで人生を歩むことも大切。
    どんな人生でも小さな起伏がある。
    そんな出来事に心が反応しなくなってしまったら寂しいね。

  • 4.5

    TPさん2020/08/01 16:18

     本作の主題は“嘘”であろう。誰もが大なり小なりの嘘をついている。人を傷つける嘘、人を守る嘘、ハッタリの嘘、少しだけ人を幸せにする嘘...いろいろな嘘をつきながら人は生きている。しかしそれが人生であり、その嘘に毒がなくなることで、それは心地よいものになることもあるし、時には冗談とも言えるものになる。そして、その嘘が嘘であったといえる仲間が人生には必要でもある。こんなことを、人生を悟りきったともいえる一人身の50代男性を通して描いていく。

     自分の人生をあらかた悟って、その中心にぶれることなく鎮座しながら、苦労も受け入れ、楽しく生きて行く姿にうらやましさを感じ、そのなんともいえない感覚を名優カイテル、ハートらがゆったりとした余裕の演技で魅せて、とても居心地の良い映画である。

     私はタバコをやらないし、やっていた期間もないが、これほどタバコの煙が魅力的な映画もそうはない。

  • 4.1

    カルカンまぐろさん2020/07/27 22:23

    クリスマスの話をわざわざ映像化するのは野暮なエンディングかなとも思ったけど、嘘と気付きながらも乗っかる瞬間の婆さんの表情にそれまでの寂しさが見て取れてとても良かった。つまり超いいジャケ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す