お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

黄金のメロディ マッスル・ショールズ

G
  • 字幕

サザンソウルの聖地マッスル・ショールズに迫る音楽ドキュメンタリー。

数多くの一流ミュージシャンから愛され、“ソウルミュージックの聖地”と呼ばれるアラバマ州マッスル・ショールズ。本作はフェイム・スタジオとマッスル・ショールズ・サウンド・スタジオの2つのスタジオに集まるミュージシャン達やスタジオマンらに迫る。ネイティブ・アメリカンから“歌う川”と呼ばれ、神聖な土地として有名なテネシー川のほとりにたたずむ小さなスタジオだが、「このスタジオで録音すると魔法のように輝く音楽が生まれる」とミュージシャン達は口をそろえて言う。60年代から70年代にかけてのソウルミュージック黄金期。マッスル・ショールズを世界的な音楽スタジオに育てた男達の人生や、人種差別が残る時代に黒人と白人が音楽的感性を融合させていく奇跡の瞬間を刻む。サンダンス映画祭で絶賛され、米映画サイトROTTEN TOMATOでは97%もの高い評価を受けた必見の音楽映画だ。

詳細情報

原題
MUSCLE SHOALS
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2013
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2014-12-26 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

黄金のメロディ マッスル・ショールズの評価・レビュー

3.7
観た人
155
観たい人
170
  • −−

    Hommyさん2020/06/07 16:30

    控え目に言っても最高でした。。。
    不完全なものほど人間らしい。人間らしさはある意味現代では力だとさらりと言ってしまうエンディングまで、全てが伝説。
    ヒットするには理由があり、みんながいいと思えるベクトルが、正しい軽音楽の歴史と未来を指しているようで非常に感銘を受けました。
    レイナードスキナードのスイートホームアラバマの歌詞をいままで確認することなんてなかったけど、マッスルショールズでてくんのね。。。笑
    続けて、あの頃ペニーレインと、を見返したくなりました。

  • 4.0

    keiさん2020/06/03 01:20

    友達に勧められて鑑賞

    出てくるメンバーが豪華すぎて笑う
    ただ主役は地元の人たち
    スゥイートホームアラバマの歌詞の謎が解ける

  • −−

    那須妙子さん2020/05/16 01:30

    いい音楽が流れてるだけで幸せ。
    見るだけでパワーチャージできる。
    ラストのスタジオライブも最高。アリシア・キーズすごくいい。
    日本にもこういうスタジオってあるのかな、そういうドキュメンタリーも見たい。

  • 4.4

    Nanaさん2020/05/13 20:02

    久しぶりにDVDで見た シュガーマンと並んで大好きなドキュメンタリー

    情報量が多くて毎回訳わかんなくなるけど、サクッと言うと

    1.インディアンに歌う川と言われたテネシー川のほとり アラバマのマッスルショールズ コットンフィールドの中にある小さなスタジオで珠玉の名曲が生まれた
    奇跡が起こるスタジオの話がキース・リチャーズやボノ、アリシア・キーズなどのインタビューで語られる

    2.スタジオ出身のバンド、スワンパーズもすごい かつて、デュアン・オールマンも在籍 オールマン・ブラザーズ・バンドのきっかけとなる
    アレサ・フランクリンのリスペクトも彼らの演奏
    黒人以上にファンキー
    レナードスキナードのスイートホームアラバマの中に、マッスルショールズのスワンパーズという歌詞が出てくる
    数々の有名アーティストのレコーディングに携わる

    3.当時の貴重なレコーディング風景も感動するけど、合間に出てくるアラバマの風景が夢の世界みたいで美しい 公開当時、何回か見に行ったくらい感動した
    映画館で見るとトリップする

    マッスルショールズで生まれた名曲 タイトル聞いてピンと来なくても、絶対聞いた事ある曲ばかり

    パーシースレッジ
    男が女を愛する時

    ウィルソンピケット
    ムスタングサリー
    ヘイ・ジュード

    ローリング・ストーンズ
    ワイルドホース
    ブラウンシュガー

    アレサ・フランクリン
    あなただけを愛して

    などなど!!

    私の訪れたい街リストにアラバマが入っています でも行く機会ないなあ…

  • 4.5

    ヤンさん2020/05/08 02:31

    FAMEレコーディングスタジオ、一度行ってみたいなー
    フェイムギャング期以降は自分がもっと知る必要があるなと思った。
    この年代に関わらず、バックバンドの演奏やプロデューサーの方向性でガラッと変わるアーティストはたくさんいるがそれをこういうドキュメンタリーで追ってみるのも面白い!
    リックの最後のお説教、身に沁みる。

  • 3.5

    たけしさん2020/04/05 09:58

    語られるエピソードはどれもおもしろい。でも、映画としてのリズムの悪さは感じる。エンドロールの最後、リック・ホールの言葉にグッとくる。

  • 5.0

    saccharinさん2020/03/21 15:05

    見所ありすぎて(全部)何を書けばいいのか、、
    とりあえずロック、R&Bの歴史に少しでも興味あるなら必見! 
    もうレジェンド出まくり。

    マッスル・ショールズはアメリカ、アラバマの土地の名前です。
    そこにリック・ホールって人がスタジオを建てました。
    そのスタジオで歴史的名曲が量産されます。

    例えばアーサー・アレキサンダーって人がいまして、ビートルズ(Anna)とストーンズ(you better move on)両方からカバーされました。

    特にキース・リチャーズはそこの音楽がお気に入りみたいで、実際に行ってレコーディングまでします。
    スティッキー・フィンガーズの数曲、ブラウン・シュガーもです。

    そこのおかかえスタジオミュージシャンが最高で、聞いてる人はみんな黒人だと思ってたみたいですね(実は全員白人)
    ボノが「会ってみたらみんなスーパーの店員みたいで驚いた」って言ってました。
    ドラムがただのヒョロメガネでホント最高なんですよ。
    でもプレイは超一流っていう。

    アレサ・フランクリンが最初にスタジオに入ってくるシーンがカッコ良すぎるんですよ。
    タバコ片手に来るんですけど。
    まだ無名なんですけど、スタジオミュージシャンが直ぐ才能とオーラに気づいてみんなビビっちゃうっていう。

    その頃はまだ世間で黒人差別が結構あったんですけどそのスタジオでは勿論差別なんて一切無かったそうです。   
    これは重要なんですけど差別を無くすのに音楽がメッチャ貢献してます。

    リック・ホールさんの人生がまた壮絶で近しい人が事故で沢山亡くなってます。
    それを乗り越えてこの業績、ホントに尊敬します。
    グラミー賞特別功労賞っていうのもとってます。

    マッスル・ショールズの曲聞きまくろ。

  • 3.5

    ryuさん2020/03/20 23:13

    こういうドキュメンタリーは作ってくれただけでも、ありがたいが。
    ボノ、キース・リチャーズ、アリシア・キーズ、スティーブ・ウィンウッドって?
    そういう視点からなのかー。
    スワンパーズも勿論最高だけど、肝心のフェイムギャングは?
    良かったけど、もう少し作り方あっただろうに。ゴリゴリのサザンソウル、ディープソウル好きには不満が残るんじゃないかな。
    でも、リック・ホールの最後の言葉にホロりとくる。ありがとうフェイムスタジオ。
    次はロイヤル・スタジオでハイ・サウンドのドキュメンタリーでも作ってくれないかな・・・。

  • 4.0

    catmanさん2019/12/28 22:37

    マッスル・ショールズ!あぁなんて甘美な響きなんだろう。ソウルミュージックやサザンロックのファンにとって非常に尊い存在である伝説のレコーディングスタジオにスポットを当てるドキュメンタリー。知らない話が満載だった。個人的にはやっぱりアレサやエタなどソウル系のエピソードに惹かれるな。スタックスの箱バン、MG’sも主要メンバー2人が白人だけど、こちらはバンドの全員が白人ってのが面白い。それであんな黒いグルーヴを産み出すんだから。演奏はもちろんレコーディングにおけるテクニックやディレクションが歌と曲をより輝かせる。流石プロ。センスと言う名の魔法。
    スタジオ創設者リック・ホールの人物像も興味深くって、ビジネスマンとしてもやり手であるジェリー・ウェクスラーとの確執はなるほどと言う気はする。内容が過去の栄光を振り返っているだけに作品全体に何処と無く漂うビターな感じやセンチメンタルなムードも味わい深く、時折挿入されるアメリカ南部の風景映像がとても美しい。

    ところで『黄金のメロディ』って何なん。黄金のサウンドならまだ分かるけど。

  • 3.3

    mz5150さん2019/10/13 07:34

    アマプラ、音楽好きなら名前は聞いたことあるスタジオ・ミュージシャンの歴史を学ぶ。よい勉強になりました。ブラックミュージックを影から支え、サザンロックを生み出した片田舎の白人達、後に2つに分裂しながらも脈々と豊饒な音楽を生み出し。アラバマに世界のミュージシャン達が集まってくる。

    トラフィックのシュートアウトアットザファンタジーファクトリーを聴き返すべか。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す