お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

その男、国家機密につき

G
  • 字幕

独裁者ヒトラーがアメリカで生きていた!? 衝撃の真実にスウェーデン取材陣が迫るモキュメンタリー!

「ヒトラーは生きていた!」というアメリカ国家の機密情報に迫るブラック・ユーモア満載のドキュメンタリー風ドラマ。エンタメ界、宇宙開発、大手ファーストフードチェーン設立に至るまで、世界大戦以降のアメリカの社会経済情勢を大きく動かした人物の正体、それはあの悪名高き独裁者ヒトラーだった! その仮説を立証すべく、スウェーデンのクルーがアメリカに渡り当時の関係者らに取材を敢行する。

詳細情報

原題
One Hundred Years of Evil
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2010
制作国
スウェーデン/アメリカ
対応端末
公開開始日
2015-01-30 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

その男、国家機密につきの評価・レビュー

2.6
観た人
96
観たい人
44
  • 1.0

    Hirokingさん2021/08/12 15:50

    【モキュメンタリー】
    暇潰しなら良いと思うけど、真面目に観ちゃいけない作品でした😱💧

    2021年1,313本目

  • 3.0

    じにさん2021/07/24 20:00

    ㆍ일본어자막으로
    ㆍ뭐야! 다큐가 아니었구만!나 끝까지 다큐인줄알고 보고 있었잖아!
    완벽하게 속은 사람이었구만…ㅎㅎㅎ
    ㆍ잘 속아서 아쉽지만 그래도 자살하지 않았다는 설도 조금 믿고 싶긴하다
    ㆍ생각해보면 히틀러는 자살했다는 영화나 책밖에 안 봐서 그런 의심을 가진적도 없었다
    ㆍ좋은 시점에서 영화를 잘 만든것같다
    ㆍ측근이 그렇다고 말했으니까 그대로 믿는거는 하지 말아야 된다는걸 배운것같다
    ㆍ그게 진심인지 증거가 잘 있지 않으면 바로바로 믿는건 아니라는걸 배웠다
    ㆍ너무 재밌는 영화!

  • 2.7

    リラリオさん2021/07/22 19:46

    それは1本の電話が始まりだった⋯
    「歴史上最大の嘘を暴く映画を作ろうぜぇ!」
    ドキュメンタリー監督イデルフォンゾに掛かってきた電話⋯それは2年間音信不通だった友人の科学者スクーレからだった。

    彼は、数年前に観た記録映画「ヒトラーの最期」でヒトラーの自殺を目撃した証言者が絶対嘘をぶっこいてると言い出す。
    なぜそんなことを言い出したのか⋯それは彼が開発した表情筋で嘘が捲れるソフトで分析したからだ。彼曰く、表情筋の疑わしい動きは完全に分析できる嘘発見器よりずっと高度で正確なソフトらしい⋯
    そして、ある仮説を立てる。「ヒトラー、実は自殺してねぇーんじゃねぇ?アメリカに逃亡し他人になりすまし生きてたんじゃねぇ?」

    真実と嘘の探求に取り憑かれたスクーレは研究休暇を取り、家を担保に借金。貯金も全額引き出し⋯真実を見つける旅、ニューヨークへ!
    ドイツ人の歴史家グレタに会う→レベッカ作戦でネバダ砂漠収容所に送られた13人のヒトラーそっくりさん→その中の1人、ヒトラーに激似のムンチェンハウザー→釈放後、彼だけドイツへ戻らなかった⋯コイツ、ヒトラーじゃね?→彼と接触した人物リストもらう。

    リストの人物に会いに行く。ムンチェンハウザーとは⋯→静かな奴→ベジタリアン→世界初整形手術をした男→綺麗好き→チップ泥棒→時にショーダンサー→ドイツ人会
    ドイツ人会とは⋯ニューヨークで結成されたヤベェ組織。(ある作戦の上で渡米したドイツ人組織。ある作戦とは、ナチスの中でも優秀な者をアメリカに移す極秘作戦)
    ドイツ人会について調べ始めると⋯部屋荒らされ資料等盗まれる「調査を妨害する者が⋯」そして移民局にもマークされる。

    再び調査開始。
    ・マッカシー議員の下で働き、入れ知恵する・変な映画を作る(全て公開されず)・マック擬きの店開店・ラシュモア山の彫像修復工事で、リンカーンの顔をワーグナーに、ルーズベルトの顔をナポレオンに変える計画(失敗に終わる)・キューバに渡り、キューバ危機を引き起こす・宇宙へ一番乗り計画(失敗に終わる)⋯スケールがどんどんデカくなるよ~逃亡してなりすましで生きてるならもうちっと地味に生きなさいよ(笑)

    スクーレたちは⋯強制送還される→謎の人物から電話→またアメリカに入国→謎の人物と接触→ビデオテープもらう→謎の人物射殺される→自分らも命狙われる→ビデオテープ観る→人体冷蔵術「蘇り計画」→この会社の設立金提供はドイツ人会→まさか⋯
    彼らは真実にたどり着くことができるのか?

    モキュメンタリー映画。う~ん⋯何これ⋯つまんなかった(笑)短い映画なはずなのにめちゃ長く感じたわ⋯
    知りたがりが災いし全てを失う哀れなスクーレ⋯何事もほどほどにってことだな(笑)

  • 2.5

    UoxoUさん2021/07/19 02:24

    モキュメンタリー作品結構面白いんだな〜!
    ちゃんとドキュメンタリーのようにリアルさもありつつ、ツッコミどころ満載で楽しめる
    レベッカ作戦は当たり前に無いか(笑)
    釈放が2228年10月7日、そして仮釈放は無しって😂

  • 3.1

    AYAnoさん2021/07/17 22:02

    ドキュメンタリータッチに作った映画で
    ストーリーや流れは面白いと思う。コストかけてない分ハリウッド映画のようなのでなく、景色や画が単調だがこういう映画の表現もあっていいなと改めて思った作品。

  • −−

    さしすせさん2021/07/17 19:07

    モキュメンタリーというジャンルに関して、わたしは苦手寄りだということを知れた。

    題材は他にいくらでもあっただろうにどうして、という感想が先立ってしまった。
    いい意味でも悪い意味でも、それだけの年月が経ったということなのかもしれない。

  • 3.6

    田所浩二Hankockさん2021/04/28 15:05

    傑作です。
    ヒトラー自殺の真実に迫るモキュメンタリー
    多分モキュメンタリー映画大丈夫な方なら面白いと思います。

    もっと評価されるべき映画です。
    モキュメンタリーというのは観客に事実の様な嘘をつき、いかに事実だと信じ込ませるかであって、そういう点でこの作品は最高峰の作品だと思います。
    演出や描写、展開にリアリティがありモキュメンタリー映画のお手本の様な作品です。
    不安感を煽る音楽や点と点が繋がっていく展開も素晴らしいです。
    監督がデビュー作でこれを作るのも凄い。
    今後の活躍にも期待したいです。

  • 2.0

    おらんさん2019/10/19 22:41

    今年356本目

    ちょくちょくカメラワークで酔いそうになった笑
    モキュメンタリーというやつです
    眠気が襲ってきた。笑

    ヒトラー系の映像とかってけっこう興味があって創作でも映画とか本とかけっこう見てるっていうのとアマプラで今日まで見放題らしいのでかんしょう!

    ヒトラーは自殺していなかった!アメリカに逃亡してた!そしていろんなことにしてたぞ!ってのを調べる話

    ヒトラー実は生きてた説系の映像みるとルパンのマモーのやつ思い出す

  • −−

    ノンス60さん2019/03/11 17:19

    冷凍保存した後、生き返る?
    ハインラインの小説のパクリ。
    アンビリーバブルな話が
    好きな方にはいいかも。
    しかし、オモロない。

  • 3.1

    harukaさん2017/11/07 04:57

    スウェーデンのモキュメンタリー。最初馬鹿馬鹿しくて笑っちゃうんだけど、だんだんそこまでやるか…となってきてね…。ありえないことを、まあよく考えたよな、と思います。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました