お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

伝説のF1チャンピオン ニキ・ラウダ/プライドをかけた33日間の死闘

G
  • 字幕

大事故から僅か33日後に復活を果たしたニキ・ラウダ。当時の貴重な映像を交え送るドキュメンタリー作品。

伝説のF1ドライバー、ニキ・ラウダ。1976年に大事故に遭い僅か33日後に復活を果たすまでを、当時の貴重な映像を交え送るドキュメンタリー作品。

詳細情報

原題
LAUDA: 33 DAYS - BORN TO BE WILD
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2014
制作国
オーストリア
対応端末
公開開始日
2015-03-11 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

伝説のF1チャンピオン ニキ・ラウダ/プライドをかけた33日間の死闘の評価・レビュー

3.2
観た人
63
観たい人
50
  • 4.2

    PIXYさん2021/09/27 13:24

    ドキュメンタリー形式でF1チャンピオンニキ・ラウダの人生を振り返る、事故当時の状況やF1の過去から今へと続く進化の歴史の中でのラウダ。
    現役のドライバーから懐かしいドライバーまでインタビューに出てきて聞けたのは嬉しかった。

  • 3.0

    山咲清春さん2021/09/23 20:16

    F1のドキュメンタリーですね。
    ニキ・ラウダのことが中心ですが、F1の安全性の歴史が分かります。

    それにしてもニキ・ラウダのすごいこと。あれだけの事故を起こしながら、またレースに復帰して、チャンピオンを取るなんて、常人には考えられません。

    ちょっと、レースシーンが少なめだったのが残念かな。

  • 3.5

    たなしょさん2021/07/02 12:34

    この映画は、かつてのF1レーサー、ニキ・ラウダさんが1976年のドイツGP、ニュルブルクリンクで開催された際、大事故を起こしてしまい炎上。生死を彷徨うことになったが懸命な治療により回復。同年のイタリアGPで復活を遂げるドキュメンタリー映画。

    ニキ・ラウダさん本人が当時の様子を話されているので説得力があります。F1関係者や現役のレーサーのハミルトンさんなども出演しています。

    後半はニキ・ラウダさんの大事故や、これまでの事故を受け、F1がどう改良していったのかなどを説明していました。
    モータースポーツは安全性よりも車両の性能を競うことが命であったため、これまで沢山の方が亡くなりました。
    F1はモータースポーツの中でも特に危険なので、車両の素材やヘルメットにもこだわり、万が一レーサーが大事故を起こしたとしても守る技術が年々進歩しており、新たな知識を得ることが出来ました。

  • 3.7

    来夢さん2020/11/11 14:46

    シネフィルWOWOWプラスだと邦題が少し違って『ニキ・ラウダ/伝説のF1レーサー』。
    ニキ・ラウダがF1でどんなすごい活躍をしたのかを知れると期待して観てしまいそうなタイトルだけれど、実際の内容はニキの大事故からの復帰と、当時のF1の抱えていた危険性から、現代の安全性重視のF1へどのようにシフトしたのかって話。
    なのでニキ・ラウダ目当てで観ると肩透かしを喰らいそう。
    でもF1の安全性ってF1の面白さにもかなりの影響を及ぼしているから、こういったことを知れるのは今のF1を楽しむ上でも重要だよね。安全性が増す度に面白くなくなるっていうファン心理と、安全性を重視したいっていうレーサー心理の溝はなるべく少ない方がスポーツとしての迷走もせずに正しい方向に進めると思うしね。
    70年代みたいに命がけだからこその面白さは当然あるだろうけれど、それを今の時代に求めるのは違うし、そういった面白さが失われた反面、当時にはなかった面白さが今はあるんじゃないかね。70年代は生まれてなかったから比較は出来ないけれどもね。
    っていう、今もF1を楽しんで観ている俺には結構真面目に楽しめたドキュメンタリーでした。

    『ラッシュ/プライドと友情』を観て当時のリアルな空気感をもっと知りたいって人にもお勧めかも?

  • 3.0

    上海十月さん2020/09/29 00:14

    こういう作品は、単純にドキュメントなんで評価という感じよりは、事実を観るという感じですね。ニキ・ラウダ本人が出演して話しているので事故の悲惨さが伝わる。しかし、F1というスポーツは、金もかかれば事故で死ぬ確率も高いのに皆、魅せられて挑戦していく。その辺が理解できないですね。ただ段々改善されるきっかけをニキ・ラウダは、与えた功績は、高いですね。

  • 3.2

    もんじさん2020/08/23 20:00

    ニキラウダの生き方に興味が湧きDVD買ったけど、後半ニキ関係なかった💧
    でも、F1についてはいろいろ勉強になった。

  • 3.0

    つよさん2020/06/25 07:47

    タイトル通りの人物の証言ドキュメンタリー。
    モータースポーツ詳しくないので歴史も学べるの面白い。
    昔のレース人死にすぎ。

  • 3.5

    mさん2020/06/24 11:24

    ニュルブルクリンクでの事故当時どんなことが彼の周りで起こっていたのかよく分かって面白かった
    凄惨な事故がコンスタントに発生しているのに、セナが亡くなるまで安全性がなにも変わらなかったなんて恐ろしいな

  • 3.5

    ピンフまんがんさん2020/06/17 13:21

    これはCSのスポーツチャンネルのJsportsでやっていたもの。コロナの影響でスポーツはほとんどやっていないのでスポーツ専門チャンネルはさぞかし大変だろう。ということで珍しくこんなところで映画鑑賞。といっても、もちろんモータースポーツに造詣のある人限定だけど、意外にもこれがまた面白かった。どちらかというとメルセデスAMGチームのプロモみたいな作りになっているのはしょうがないのかな。
    印象的なのはマスゴミとのやりとり。負傷したラウダをまるでイレイザーヘッドみたいな感覚で色物扱いで追っかけまわす連中とウイットの効いたジョークで返すラウダとのやり取りが面白い。身内や奥さんに追っかけまわしたりけっこうやることがゲスイ(`・ω・´)ゞ。
    ニコ・ロズベルグがけっこうノリノリなのが笑ってしまった。
    個人的にはヨッヘン・リントとブルース・マクラーレンをもっと見たかったな。

  • 3.0

    ナツミオさん2019/11/22 22:52

    WOWOW録画鑑賞

    「ラッシュ」と同時期に鑑賞。
    レビュー忘れ。
    F1ドライバー、ニキ・ラウダのドキュメンタリーとF1の安全対策の歴史を追った作品。
    まぁ、本作品鑑賞後にラッシュを観れば良いかな。
    これだけ観ても、ふーんって感じでした。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました