お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

DEATH NOTE デスノート

G

「週刊少年ジャンプ」での連載開始とともに話題騒然となった大人気コミックの実写映画化。

警視庁の刑事部長を父に持つエリート大学生・夜神月(やがみライト)は、ひょんなことから「このノートに名前を書かれた人間は死ぬ」と書かれた死神のノートを手に入れる。試しに有名殺人犯の名を書き込んでみると、翌日の新聞にはその男の獄中死が報じられていた。ノートの力が本物だと悟った月は、自らの手で犯罪者を裁き、新世界の神になることを決意。月はキラと名乗り世界中の犯罪者に制裁を加えて行くが…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2006
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2015-03-13 20:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス邦画ランキング

DEATH NOTE デスノートの評価・レビュー

3.5
観た人
95845
観たい人
5214
  • 3.0

    toshimoviesさん2020/11/29 08:51

    偶然に手に入れた"死のノート"を使って、法の網をくぐり抜ける凶悪犯に次々と死の制裁を下す青年と、謎の名探偵による緊迫の頭脳戦を描く、大ヒットコミックが原作のサスペンス。
    コミック原作ものは実写化すると嘘っぽくなるが、過剰な演出を抑えた監督の職人技が光る。
    闇の救世主キラvs天才探偵L/竜崎。法で裁かれない犯罪者謎の連続不審死。死因を書かなければ心臓麻痺。"このノートに名前を書かれた人間は死ぬ"。死神リュークはリンゴしか食べない。FBI捜査官全員心臓麻痺死亡。"ミサミサのHAPPY SWEETS"。ポテチコンソメ味。欧名美術館の"仮面と死神"。「お前…悪魔だな」

  • 3.5

    ちさん2020/11/28 09:43

    今さら初鑑賞。自己顕示欲なのか月がだんだん狂っていく姿が、共感できないけど納得できて見ていて痛々しかった。

  • 4.1

    ねこへーさん2020/11/27 17:39

    ザッピングしていて、やっていると必ず観てしまう。結末しっていてもハラハラ。Lとワタリの再現度、最高。

  • 3.6

    トトロイさん2020/11/25 21:43

    【ある意味、終わりの始まり】

    数少ない漫画実写化映画の成功例と言える作品。

    当時、間違いなく大ヒットしていましたし、今でも原作を読んでる読んでいないに関わらず、ほとんどの人が知ってる作品だと思います。

    同時にこの作品以降、漫画の実写化が急激に増えましたよね。
    そして数多くのクソ映画が量産されることに……。😭

    まあ嘆いてもしょうがない。

    作品自体は、やっぱり何度見ても普通に面白いですね。
    まず、「名前を書かれた人間が死ぬノート」っていう存在が最高に魅力的ですし、それを彩る、夜神月とL/竜崎の頭脳戦も良く出来ていると思います。

    そして、藤原竜也と松山ケンイチという、漫画のキャラを演じることにかけてはプロフェッショナルと言えるこの二人の存在無くしては、この映画の成功は無かったでしょう。

    ただ、何回か観て思ったのが、この映画の面白さの根底にあるのは、あくまで原作の魅力と、色モノ俳優二人(とレッチリ)であって、それ以外の要素は大したことないどころか、微妙であるという点です。

    邦画特有の安っぽさはもちろん、一部の役者さんの演技は結構ひどいと思います。

    あのFBIの女の人、倒れ方下手すぎん?生きてるのバレバレですよ。
    あと、詩織の最後のセリフ最高に寒かったです。

    原作はちょっとかじった程度なので、映画と漫画の相違点はよく解りませんが、漫画・アニメを知っているファンが、この作品にどういう感想を抱くのか気になりますね。

  • −−

    イワノフさん2020/11/25 14:42

    そんなに古いわけでもないはずなのに、鹿賀丈史が若く見える。瀬戸朝香と香椎由依は髪型変えてくれ。おじさんには見分けつきにくいのよ。背景とセットがちょうど良くて観ててイライラぜずに済んでよかった。

  • 3.0

    seriさん2020/11/24 05:05

    少年ジャンプ漫画の実写化としては珍しい当たり作
    原作としても若干失速するL死後の話を削り、
    Lとキラの戦いという一番美味しい箇所を映画独自のアレンジで実写化
    原作ファンは勿論、そうでない方にもお勧めできる作品

  • 3.5

    taiさん2020/11/23 17:40

    チラッと観てたら以外と面白く引き込まれた。リューク見た目は怖いけど愛嬌があってひょうきんでいい。
    藤原竜也と松山ケンイチの腹の探り会いが面白い。

  • 3.4

    mark36さん2020/11/22 21:11

    人気漫画の実写化で、邦画史上として初の2部作連続公開で話題に。

    原作が好きで実写化を心配していたんですが、藤原さんと松山さんの演技が凄くて満足いくクオリティーに仕上がってます。
    藤原さんはバトルロイヤルとかカイジなど、色んな役を演じてますが僕は月のような役を演じてる藤原さんが好きだな。

    主題歌のレッチリの「ダニー・カリフォルニア」もめちゃ格好いい。

  • 5.0

    たあくんさん2020/11/22 14:13

    ノートに名前を書くと死ぬ…
    子供の時に見ましたが大人になって見ると
    更に面白い、邦画で一番好き
    やっば藤原竜也の月役が最高ですね。
    犯罪者を裁き続け後戻り出来なくなり
    周りを利用する所も本当の死神っぽくて好きです😊

  • 3.6

    カレナメコさん2020/11/21 18:43

    2007年鑑賞

    原作が大好きなので、この映画にはあんまし期待しないようにしてたんだけど、なかなか良かったです。

    松山くんも頑張ってて、Lっぽさはちゃんと出せてた。
    ただあのセリフ回しがちょっと耳に障ったな。
    多分、Lはあんな喋り方ではないと思う。

    とりあえず、戸田恵梨香さんは可愛かった。
    彼女はこの頃がピークなんじゃなかろうか。

    そしてオダギリジョーの奥さんも美しかったな~。
    お名前忘れた。

    デュークが獅童でレムがピーター。
    声が合ってたね。
    何なら顔も似てるw

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す