お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

スケルトン・ツインズ 幸せな人生の始め方

G
  • 字幕

遠く離れて暮らしていた二卵性双生児の姉弟。10年ぶりに同居した二人の心に少しずつ変化が起き始め…。

遠く離れて暮らしていた二卵性双生児の姉マギーとゲイの弟マイロ。ある日、恋人と別れ自暴自棄になったマイロが自殺未遂を犯し、偶然にも同じ日に自殺を考えていたマギーにその知らせが届く。これを機に10年もの間疎遠だった二人は故郷ニューヨークで同居することを決意するが、お互いの人生が決して思い描いていたものではなかったことを知り、姉弟の心に少しずつ変化が起き始める。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ洋画ランキング

スケルトン・ツインズ 幸せな人生の始め方の評価・レビュー

3.4
観た人
605
観たい人
811
  • 4.5

    ひざさん2022/01/17 17:46

    ずっっっっっと前から観たかったのに円盤買う以外観る方法なくて詰んでたところをU-NEXTが助けてくれました。気に入ったからそのうちDVD買います。

    シリアスなのにビルヘイダーとクリステンウィグのダブル主演でしかも双子の姉弟役なんてそれだけで10億点くらいあげちゃうんですけど、ストーリーには若干の説明不足を感じてしまったのが残念っちゃ残念でした。
    が、これくらい生きるの下手くそな人たちが出てくる映画観てるとシンパシー感じちゃってなんか救われる気分になるので私はとても好きです。好きというか、大切にしていきたい一本です。

    パッとしない主人公が成長して立派な人間になる映画はわんさかあるし別に苦手ってわけではないんですけど私はそういうのを観るたびにこんな風になれないなあと少し落ち込んでしまうめんどくさい奴なので、この映画はすごく感動的な成長物語とかにしないで2人のダメな部分を飾らずに描いているのがとにかくありがたいと思いました。「私もこんなんだけどなんだかんだ生きていくしかねーよな」って肩肘張らずに観られるの本当に良い。たまにはこういうストーリー浴びないと疲れちゃうと思います。

    ビルヘとウィグさんが演じてくれてよかった。いつものコメディでの2人の姿とはまた違う面を見られたのもすごくよかった。
    長々書きましたけど要するに私を助けてくれるような作品でめちゃくちゃ気に入りましたということです。

  • 3.0

    オレオレさん2021/12/01 05:02

    「サタデーナイトライブ」でも同時期に活躍していたK.ウィグとB.ヘイダーが人生に行き詰まった二卵性双生児、ときけば期待値マックス。
    役者の卵(くずれ)であるB.ヘイダーと、生まれ育った町で優しい夫と暮らすK.ウィグ。ところが、オープニングはそれぞれの自殺(未遂)シーンから始まる・・・

    退院後の行き先のないB.ヘイダーをK.ウィグが自宅にしばらく預かることになるが、この、K.ウィグの旦那をルーク・ウィルソンが演じており、まあ嫌味なくらい出来た旦那。女房のぶっ飛んでる母親(双子の母親)とも仲が良いし、K.ウィグのわけのわからない癇癪にも付き合ってあげる。
    急に来た初対面のB.ヘイダーのことも気にかけてやり、とにかく絵に描いた餅。
    そういう旦那がおり、そういう旦那に愛されているからこそ自分のことがどんどん嫌になる感じ、わからないでもない・・・(んな出来た相手と付き合ったことないけど、笑)。

    一方のB.ヘイダーは地元に戻ってきてからある人を訪ねるのだが、そのタイ・バレル演じる男はB・ヘイダーの同級生にしては少し年がいっており、再会時の表情からもただの懐かしい相手ではなさそう・・・

    ストーリーとしては、まあ、双子あるある、地元帰省あるある、というやつなんだが、意外にビターな展開。とはいえ、この二人主演なので「双子間のケミストリー」がめちゃめちゃ感じられてそこは良かった。
    「ブライズメイド」まではっちゃけた役ではないウィグだが、顔の皺とか等身大で良かったかな。B・ヘイダーは相変わらずのギョロ目で神経症気味のゲイを演じているが、彼のTVドラマ「バリー」を見た後だと、同じ神経質でもバリーのほうが数倍面白い・・・。

    自分の兄弟とは彼らのように言い合いもしないかわり、「過去を共有」してきた感覚も薄いのでちょっと新鮮ではあった。

  • 3.6

    カンパッチーさん2021/11/29 09:45

    ビル・ベイダーとクリスティンウィグを姉弟の設定にした製作者Good!

    同じ日に自殺をしようとした双子の2人が10年振りに再会するのですが、なぜこのふたりが10年間も疎遠だったのかはわからない、しかし個々のエピソードを観ていくと、恐らくこういったことが原因なんだろうなぁ…とは予想がつきます。
    親よりも夫よりも誰よりも分かる2人だからこそ、煩わしくも感じるし、大切でもあるというか…コメディというよりビターテイストなシリアスな内容。
    それでも、落ち込んでいたマギーを励まそうとマイロが音楽を流し口パクで歌いダンスするシーン、それに続いてマギーが歌い踊る所が本当に微笑ましく大好きな場面。ハロウィンを2人で仮装するところも良いです。

    マギーの旦那さんルーク・ウィルソンがとにかくグッドルッキングガイだったので、どうにも辛い展開でしたが、なんだろうなぁ…決して明るいお話でも盛り上がる内容でもないのに心にストンと入ってくるような自分は好きな映画でした。
    でも、ストーリーに説明がないと面白くない!って人やハッピーエンドやご都合主義が好きな人には合わない作品かな。

  • 3.3

    オヨヨさん2021/11/12 19:06

    クリスティン・ヴィグとビル・ヘイダーが双子のお話。
    コメディーかと思いきや、塩分多め。

    親よりも、より一層近い存在だから、鬱陶しくもあり、お互いほっとけない感じがよく出ていた。

    二人の子ども時代はちょっと分かりにくいけど、何らかのトラウマを抱えて生きにくい人達なんだと思った。父の死因に関連しているのか?
    ハロウィンのシーン2人の掛け合いが楽しかった。
    偶然、季節に合っていた。

  • 4.0

    Nabkovさん2021/10/10 00:54

    ビル・ヘイダーとクリスティン・ヴィグが姉弟なんて、考えたこともなかった最高の発明だ。だけどもう少し、寓話的であっても良いんじゃないかなぁ。嫌いじゃないんだけど、もう少し大事なことは目に見える形でも良いと思う。個人的な趣味としては。

  • 4.0

    chunkymonkeyさん2021/09/05 09:35

    これは観てよかった。コメディってやっぱり偉大ですね。テーマは「なりたい大人になれなかった私」。最初の5分観た時点で「うわ、これめっちゃ重いヤツだ、選ぶ映画を間違えた...」と思ったら、その後は時々胸が締め付けられながらも基本めっちゃ笑って本当にいい映画でした。

    サタデー・ナイト・ライブ(SNL)のビル・ヘイダーとクリスティン・ウィグが二卵性双生児の姉弟を演じます。理想の夫がいるのに男遊びがやめられないマギーとLAで俳優を目指すも夢破れしマイロ。10年ぶりに再会した二人。全て筒抜けというわけではないけれど、分かり合えて本音をぶつけ合えて、相手に言ったことはそのまま自分にも刺さる。まさに腹心の間柄とはこのこと。双子ってやっぱりテレパシーとかがあるんでしょうか。

    若いころに思い描いたような自分にはなれなかった。よくある話で私も決して例外ではないけれど本当に残酷な現実です。そして周りの人はちゃんと思い通りにうまく人生を歩んでいるように見えてしまう。ちょっとふざけて笑って、金魚飼って、スターシップのNothing's Gonna Stop Us Nowで踊って。理想形なんかじゃなくていい、とにかく今日を笑顔で生きることが大事なんだと。笑いは人生を救う。
    最近のSNLが全く面白くない問題はさておきやっぱりSNLのスターコメディアン(ビルは2013年、クリスティンは2012年まで出演)の二人が演じると重いはずの映画がこんなにも活き活きしたコメディになるとは最高です。でも決してふざけた調子にはならず、しっかり正面からテーマを描き切っています。笑いは映画を救う。

    4.5にするか迷ったのですが、いろいろな伏線というか要素がほとんど説明あるいは回収されずに終わるので、気になる人は気になるだろうなということで4にしました。まあでもすっきりしないのも人生。ラストの二人の表情だけで十分満足です。

    予告編: https://youtu.be/ZP40qhifxpo

  • 4.0

    えばらさん2021/05/09 23:19

    SNLの中でも特にお気に入りの2人、クリスティン・ウィグとビル・ベイダーがW主演ということで鑑賞。

    双子の話って意外と観たことなかったけど面白かった。男女の双子でしか分からないあるあるが詰まってたので、兄弟いない人が観るとちょっと混乱するところあるかも。

    淡々と進むけど刺さる台詞がいっぱい出て来る結構好きな映画。コメディアン同士の主演なのに、テーマは結構重い。
    けど、やっぱりコメディックなシーンやらせると随一。ビルが段々良いやつになって行くのが良かった。普通が一番平和で幸せだよなあ。

    Starshipのシーンは最高でした!

  • 3.0

    ユバさまさん2021/02/04 18:08

    めっちゃ良い映画だった記憶があったのだが、また観てみたら普通だった。
    最後、なぜプールにいるのがわかったんだ?
    おれが何かを見落としてたのか??
    めちゃくちゃもやもやする。
    夫もかわいそうなだけ。

  • 3.5

    miumiuさん2020/12/29 00:41

    二卵性双生児の双子のお話。
    父が亡くなった後、母が家を出たこともあり疎遠になった姉弟が、弟の自殺未遂をキッカケに交流を再開するストーリー。

    クリステン・ウィグとビル・ヘイダーが主演… ということでコメディになるのかと思いきや、ヒューマンドラマという感じだった。
    結構重い設定、主人公2人が抱えている闇も深そうなのにサラッとテンポ良く進むのは、コメディ作品の多い俳優ならではなのかな。
    そして「重い設定」と書いたものの、映画だから極端な設定なだけで、多かれ少なかれみんな闇を抱えているものなのかも。
    ただ表に出さないだけで。

    他の人には打ち明けられない部分も見せられるのは、兄弟ならでは、双子だからなのかなあ… なんてことを感じた。
    どんな生き方も認めてくれそうな、ある意味優しいお話。
    派手さはない作品だけれど、主演の2人が好きだから観られて良かった。




  • 3.8

    アヤさん2020/12/10 23:30

    自殺とか、死のテーマに惹かれちゃう。
    偶然にも同じ日に自殺を試みてしまい、それをきっかけに10年ぶりに再会する双子の話。


    なんか評価低めだけど、私はとても好きだった!
    兄弟関係ってあらゆる人間関係の中で、一番特殊かもしれない。仲が悪いわけじゃないけど、友達や恋人とは違う仲の良さで。
    そこに答えはないのかなと思うので、結局何なんだこの展開、結局どこに進むんだこの人らはってこの作品のよくわからない感じも理解できる。

    ただ、双子の楽しげな子どもじみたおふざけシーンはすき。そのまま幸せでいてくれよ、ふたりとも。と願っちゃう。
    あと、ランス(だったっけ?)はめちゃくちゃ、ホンマに良い人だと思うんや、、でもだからこそ、マギーが自分の不甲斐なさに死にたくなるような、いっそ自分を消して楽になりたいほどの罪悪感もものすごくわかる。
    良い人と、一緒にいて楽しいとか、わくわくする気持ちとかは全く違うもんな。


    ■この映画のイケてる推し
    ビル・ヘイダー
    口パクダンシングビル・ヘイダーがめちゃくちゃよかった。ずっと観ていたい。そして、その悪ふざけに乗っかって、満面の笑みで拍手されたい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました