お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

病院へ行こう

G

とある大学病院を舞台に、医師と患者、そしてそれに携わる人々の人間ドラマを描いたコメディー。

妻の不倫相手と大喧嘩の末、階段から転落した新谷。運び込まれた病院には危なっかしい研修医、さらに入院する部屋には妻の不倫相手がいて…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1990
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2015-06-03 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

病院へ行こうの評価・レビュー

3.1
観た人
909
観たい人
175
  • 3.0

    彦次郎さん2020/05/09 16:57

    間男と階段から転げ落ちたワーカーホリックが入院した事で体験するコメディ。
    一癖も二癖もある連中のいる大部屋が楽しいです。患者同士の連帯感が良いです。
    それにしてもタクシーの窓から乗り上げて仕事電話する昭和のサラリーマンの猛烈ぶりは凄まじいの一言。

  • 3.6

    terさん2020/05/05 02:53

    この頃の日本映画って同じようなコメディも多いんだけど、妙な活気があって好きだ。
    映画というサービスの対象が今と違い、大人の男女だったんだなと実感。
    当直中の研修医と看護師の会話とか現場の描写はリアリズムを追求してる訳ではないのだけど、妙に生々しかった。

  • 4.0

    eifonenさん2020/05/04 20:13

    ラストの、真田広之と大地康雄の別れのシーンがとても見ごたえがあってよかったです。僕は大地康雄結構好きかもしれない。
    人情に寄せつつも、そこに落とし込ませ過ぎない、「人間てしょうもなくて笑えるね」って塩梅の雰囲気がとても心地いいです。

  • 3.5

    Ukosaaanさん2020/05/02 22:24

    亭主と間男って呼び名が良い。
    病院ものって屋上シーンが必ずあるのは何故なのかな。その屋上シーンが盛り沢山で花火やらにゃんにゃんやらしてて楽しそう。
    なのに花火も階段落ちも傷の処置もゲロもリアルで、そういうバランスが面白い。

  • 3.5

    トウカ堂さん2020/05/01 22:29

    薬師丸ひろ子さん目当てに視聴。可愛いけど、ちょっと変わった研修医さんの役がぴったり!可憐です…。
    真田広之さんの軽薄そのものなクズ男っ振りも良い。
    病室の個性豊かな人達がとっても魅力的。やりとりも楽しいし、なんだかんだで仲良くなって、終盤では皆で協力!王道だけどこういうの好きだなぁ…。
    ストーリーもはちゃめちゃながらによく考えられていて、惹き付けられてしまいました。

    病院を抜け出してどんちゃん騒ぎするシーンが楽しい。
    花火のシーンの見せ方や、ラストの別れの演出もすき。

  • 3.6

    いかえもんさん2020/04/29 22:47

    今、BSで再放送している「太平記」にはまってるんですよ。足利尊氏を真田広之、そのお父さんを緒形拳がやってて、ワタシ的に最高のキャストで、毎週楽しみで楽しみで…。
    それで、真田広之の作品をまたちょっと掘り起こしてみようと思って、こちら。
    ちょうど、太平記と同じころに作られた、病院を舞台にしたコメディ映画です。昔に見て結構面白かった記憶があったんですが、大地康雄さん出てたのすっかり忘れてて、太平記ではこのお二人は尊氏とその従者馬之助なんですよ。それがこの映画では、間男が大地康雄でその浮気された亭主が真田広之という役どころ。亭主が帰ってきたら家に間男がいて、取っ組み合いになり、階段から転げ落ちて二人仲良く入院ってとこから話が始まります。

    真田広之の役は、これを世の中では軽薄な男と言います、という感じのバブリーな広告代理店のサラリーマンで、仕事に女遊びにとお盛んな毎日。あのラストサムライでトム・クルーズが嫉妬したというかっこよさからはかけ離れた感じです。いや、まあ見た目はかっこいいですよ、もちろん。あと、最初の階段落ちのシーンはさすがです!すごいです!

    で、入院先の、成績ビリで寄付金トップで医大に入ったという新米研修医を薬師丸ひろ子ちゃん(あえてちゃん付けにしたいくらいかわいい)がやっています。このひろ子ちゃんの注射打つときの「だっ、だいじょぉぶですよぉ~…」っていう全然大丈夫じゃないやん!っていう声がとてもツボでした。それと、手術の恐怖に耐える真田広之が歌うサザエさんの歌も、最高でした。その他もろもろ、コメディ映画なので、何も考えずに笑って見られます。まあ、古臭いと言えば古臭いけど、バブル期の明るい日本がそこにあったな…としみじみ思いました。

    そうそう、売れる前の豊川悦司と大杉連が出てて、それもびっくりしました。
    あとは、真田広之がこんなに脱いでいいんでしょうか?というくらい脱いでるシーンが多くて、…楽しかったです!!(なんだそのオチは)

  • 3.4

    きしだギレンホールさん2020/04/27 11:20

    軽い気持ちで見ていたら、冒頭の階段落ちスタントからして度肝を抜かれる。手術シーンも気合が入っていて、妙にリアルで生々しい。だからこそ「なんでそんな力入ってるの?」とムズムズしつつも笑えてしまうのが不思議だった。

  • 3.0

    at0さん2020/04/20 14:25

    パスタ食べながら、8メートルの寄生虫の話をしだすシーンに衝撃!連想してしまって。
    お医者さんは気にしないの?メンタル強し!

  • 3.3

    ずるちゃんさん2020/04/09 22:32

    大地さん好きだな。大地さんがゲロ吐くシーンは子供の時みてトラウマになった。屋上で、おねがい、エロい。

  • −−

    428さん2020/03/18 16:34

    主人公のモーレツ社員ぶりがとても時代を映していた。にしても、序盤の階段の落下シーンすごいな、痛々しい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す