お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

翔んで埼玉

G

空前絶後のディスり合戦開幕!

娘の結納のため一路東京へと向う、埼玉在住の菅原家。その道中車内のラジオで、ある伝説の物語が流れ始めた。それは、東京屈指の名門校・白鵬堂学院を舞台に、生徒会長・壇ノ浦百美と、アメリカ帰りの転校生・麻実麗の出会いから語られる――。見るからに東京都民の麗は、実は手形制度の撤廃を求める“埼玉解放戦線”のメンバーだった。埼玉県人を庇い立てする麗を怪訝に思っていた百美だが、何故か麗に心を惹かれていき、次第に東京と埼玉、そして千葉までも巻き込んだ抗争に巻き込まれていく――。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

翔んで埼玉の評価・レビュー

3.5
観た人
72522
観たい人
22799
  • 3.0

    anaさん2020/07/11 18:22

    愛があるからこそのディスりなのかしらw

    最初はクスっ程度で笑えたんだけど
    その地方出身じゃないからか
    なんか微妙😕

    衣装とかは見てて笑えたので🙆‍♀️
    あと出身芸能人対決は二重丸◎🤣

  • 3.6

    ももてんさん2020/07/11 12:19

    埼玉vs千葉は、映画でも決められない問題?
    それ以外はみんな認めてるから、クレームも起きないて事かな。
    神奈川一瞬の登場で悪役だし、崎陽軒だけ、、
    栃木登場した?
    ガクト出身埼玉であって欲しかった。沖縄らしい

    総じて面白かった。

  • 4.5

    もちさん2020/07/11 04:21

    友達に「GACKTと伊勢谷友介の あのシーンが マジ綺麗だから見て!」と言われて観たけど確かに綺麗だから嫌な感じしない。

    話も ぶっ飛んでて面白い。
    衣装に旗?使ってたりとか細かい所まで ちゃんと県の特徴を使ってて凄い。

  • 3.5

    Lemonadeさん2020/07/11 02:18

    いや〜良い意味で酷かったw

    ここまで振り切れてると中々面白かったです。笑

    正直、爆笑かって言われると微妙だけど、そこそこ笑えたから良かったかなって感じです。笑

    でも、流山の芸能人のくだりはめちゃくちゃ笑ったw

    あと、地味に群馬が凄いディスられてて笑うw

    お酒の抜けない金曜の夜に観るには丁度良かったな。笑

    GACT様、京本様めっちゃカッコイイ〜!

  • 3.1

    けぼんさん2020/07/11 01:03

    滅多に邦画は見ないんだけどね。 
    見ちゃいました。

    魔夜峰央さんのこの漫画を映画化するなんて誰が考えたのかな(笑)
    内輪うけするやつかもしれないけど、埼玉県人は燃えると思う。これを各自治体でやればいいのに。地域創生。絶対燃えると思うよ!

  • 3.6

    ヘイワイヤーさん2020/07/11 00:28

    埼玉人だから楽しめたけど、知らない人は楽しみにくい埼玉ネタが他県の人には、楽しめるのかなと思った。
    最後のランキング最初でもいんじゃないと思った。

    GACKT埼玉だったらよかったのに
    出演者が豪華

  • 3.9

    Halさん2020/07/11 00:24

    元ネタは制作以前から知ってたが、まさか映画になるというか、できるとは…
    内容追加して、さらに原作をキレイ目?に整えたのは凄い。
    埼玉、群馬県民におすすめ出来るのかはわからないが、その他隣県民は割と面白可笑しくみれるのでは。
    関東住まいだと笑い所がピンと来るが、それ以外だと面白いのだろうか?

  • 3.5

    くるぶしさん2020/07/10 22:01

    いち埼玉県人として思うのは
    埼玉県人以外のマスの人たちとはどう受け取り方違うんだろかということ

    埼玉県はよくバカにされる。正直500回目の擦られまくった弄りは幾度となくうけてきた。
    それでも我々は笑って流せるメンタルを義務教育でうけてきたのだ。

    ここで思い出すのは南海キャンディーズの山ちゃんの戦法の話。彼の芸はマウントとられ芸という類を見ない立ち回り方らしい。
    たしかオードリー若林さんあたりが分析していた。マウントをあえて相手に取らせることで相手を立ててるように見せつつ場を支配するというものだという。その相手が例え大御所でも、チンケな若手俳優でも。素人でさえも。

    恐らく埼玉県人は県民性の話になった際はすかさず相手の股下に潜り込むように遺伝子に書き込まれている。
    相手に顔を殴らせることで血に飢えたオーディエンスを沸かせるのだ。それが我々の生き残り方。戦い方。

    これをエンタメに昇華して一大ムーブメントを巻き起こせたのは埼玉だからこそだとしみじみ思うと同時に、こんな俺にも郷土愛があったのだと気づかせてくれた。

    もはや映画のレビューではないがこれだけは伝えたい。
    埼玉は住むところ。行く場所じゃないよ。

  • 3.2

    おこめさんさん2020/07/10 21:35

    関東出身じゃないから、共感できなくて評判ほど面白いとはならなかった。

    途中の戦いとか無駄に壮大で、ゆうこりんが千葉の出身者として弱い!と言われるのは笑えた。

    普通にエンディングのはなわの歌は誰でもくすっとくるし、いつのまにか最後まで見終わっていたので良い!

    067〓2020

  • 3.0

    ぴなさん2020/07/10 21:21

    埼玉ディスりが酷くてめちゃくちゃ笑う。
    と思いきや、最後の最後で持ち上げてるところがいいよね(笑)。
    関東圏内のあるあるネタを混じえながら、学園ラブコメと革命を豪華キャストが演じているのがシュールすぎる。
    気楽に観られて良かった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す