お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

記憶にございません!

G

この男に任せて大丈夫か。

国民から嫌われ、史上最低の支持率2.3%を叩き出した総理大臣・黒田啓介。ある日、一般市民の投げた石が頭に当たり、記憶喪失になってしまう。金と権力に目がない悪徳政治家から、一夜にして善良で純朴な普通の「おじさん」に変貌してしまった啓介。国政の混乱を避けるため、記憶喪失の事実を知るのは、直近の秘書官3名のみ。国民はもちろん、大臣たち、家族にさえ、記憶を失ったことを隠し、秘書官たちに助けられながら、ギリギリなんとか日々の公務をこなしていく……。

詳細情報

関連情報
音楽:荻野清子
音声言語
日本語
制作年
2019
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2020-04-29 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

記憶にございません!の評価・レビュー

3.7
観た人
21987
観たい人
24418
  • 3.5

    Hirokiさん2020/06/03 02:48

    試写会で現役総理大臣に見せた後にインタビューで感想を聞くというオチまで含めた三谷さんの喜劇。
    むかーしむかしあった三谷脚本の『総理と呼ばないで』っていうドラマのことを思い出した。
    あれは名作だったけど今作は…

    めちゃくちゃ惜しいなって思った。

    「記憶にございません」と答弁していた総理大臣が本当に記憶喪失になるというプロットは面白いのに。ほんの少しの違いで凄い名作になったんじゃないかってそんな感覚でした。

    まず三谷作品なのでゴリゴリのコメディかと思ったら意外とヒューマンドラマ的な要素が強い。そういえば『総理と呼ばないで』もホームドラマだったな。今作はその割にはリアリティがない。
    ヒューマンドラマはある程度リアリティがあって、共感していくプロセスがないと厳しい。しかしそのプロセスの途中で小さなコメディを入れることで、そこまで積み上げてたものを崩してしまって結果的にそれがドラマとして見づらくしている。
    日本ではないパラレルワールドを舞台にしてリアリティから逃げているのも少し残念。

    またコメディだとすると、笑いの量が少なすぎる。全然笑えるシーンがなかった。個人的にコメディ作品にはリアリティは必要ないと思っているのでそこは問題ないんだけど、コメディを主題にしてないので笑える箇所が全然ない。
    たまーにくるその少しの笑いのためにリアリティを捨ててるのだとしたらひどくバランスが悪い。

    たぶんこれ1番の問題は“時間のなさ”。
    やりたい全体像に対して時間が足りなすぎるのだと思う。
    だから“コメディを入れつつドラマ的な要素にしていく”というシークエンスの連続の中で、1つのシークエンスが短いのに無理やり詰め込もうとしているからグチャグチャになってしまっている。
    127分だからまー引っ張って引っ張ってこれが限界だったんだろーなー。
    尻切れとんぼみたいにズバッと切れてしまう短いカットもたくさんあったし。
    同じような作りの『総理と呼ばないで』が上手くできていたのはテレビドラマという形式で1話の中でコメディとヒューマンドラマをうまく構成できたから。
    この作りでやりたいなら映画は適切ではなかったのかなー。

    キャストは中井貴一と佐藤浩市のやり合いは流石に凄かった!
    あと仰々しいこってりな演技をする俳優が多い中で、唯一くらいあっさり演技のディーン・フジオカがなかなか良かった。

    近年なかなか合わなくて観るのもしんどいなーと思っていた三谷幸喜だけど、今作は普通に観れた。
    なんか昔の雰囲気に戻ってる感もあり、次作ちょっと楽しみ。

    2020-58

  • 3.0

    弓さん2020/06/02 12:55

    三谷幸喜と豪華キャスト。
    期待しすぎちゃったかな。
    思ったのは喜劇の演技よりシリアスな演技の方が笑える。
    佐藤浩市がとても良かったなぁ。
    木村佳乃、英語すごい!
    ヒラリーみたい(笑)

  • 3.3

    minakoさん2020/06/02 06:16

    ながい。


    こーゆうありえない設定で
    メッセージ性が弱いものは
    自分にとっておもしろいのか
    わからなくなる。

    小池栄子や中井貴一の演技とかは
    好きです。

    多分三谷幸喜そんなに得意じゃない。
    わかってるのに
    旬な演者がたくさん出るので
    結局1回は観てしまう。

  • 3.0

    PnCさん2020/06/01 03:37

    コメディにしても茶番が過ぎるからいつもこの人の映画は観てるだけの映画になってしまって良くも悪くも内容とかどぉでもよくなる
    リアルを考えて反感買わない様なオチにしたね三谷さん(笑)
    そこが駄目だな〜と観終わって思った(⌒-⌒; )
    思いっきり皮肉った内容にして欲しかったね
    この人の作品はハリーポッターでも観てる様な感覚に陥ってしまってリアル感がなさ過ぎて合わない
    もぉこの人の映画を観ることはないかな
    何も考えずに楽しめるコメディ好きな人にはお勧め出来るが、私は現実の世界で現実味のない映画はあまり好きではない

  • 3.7

    aakkiikkooさん2020/06/01 00:28

    細かく散りばめられてるジョークや、メイン以外のキャスティングにもクスクス。中井貴一のズレが顕著な序盤あたりがかわいい!

  • 3.3

    フェアにアンフェアさん2020/06/01 00:14

    人に対する愛情や信頼を感じる。性善説に基づいてそれでもなかなかうまくいかない点も素晴らしい。人間への信頼を描いた点でこの作品は素晴らしいし、今までもそれを描いてきたことにも気付かされた。そうあるべきだしそうありたい。

    古畑任三郎の津川雅彦回と同じく人はいつだってやり直せる。今からやり直そう。というテーマ。

    よりよくあろう。

  • 1.5

    hyuGaさん2020/05/31 23:36

    三谷幸喜作品はそもそも波長が合わず、今作も全く楽しめなかった…思いっ切り持ち上げて自信満々に笑いの要素を入れてきたり、無理矢理良いキャラを演じさせるのもつまらん。
    セットが中古品だったりする点も、良い作品を作ろうという思いが伝わりませんでした。

  • 3.6

    RIKUさん2020/05/31 22:56

    内閣支持率2.8%⁉︎の最低な総理が、石を頭にぶつけられ記憶を失くしたことで、別人のように変わっていくコメディ。

    クスッと笑えるシーンがたくさんあって、
    今の気分にぴったりだった◎

  • 3.5

    KKさん2020/05/31 21:46

    悪名高い総理。記憶を失ったことで、人生やり直しチャレンジがスタート。
    自らの暴虐はなかったことにはできないが、今の時点で止めることでマイナスの部分を減らせるきっかけが生まれるかもしれない。と感じた。
    ダラダラ続けず、きっぱり止める勇気。

  • 4.2

    こふぐさん2020/05/31 21:36

    さすがの三谷幸喜作品。
    観ててハッピーになりますね。
    個人的に、本作はマジックアワー、素敵な金縛りに次いでくる感じ。
    家で一人、すっごく笑いました。
    映画館で観れば良かったと後悔の一作です。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る