お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

Nas/タイム・イズ・イルマティック

G
  • 字幕

伝説のヒップホップアルバムの誕生から20年の節目となる2014年に劇場公開された、ドキュメンタリー作品。

「illmatic」発売から20年。このアルバムは、社会政治学的な見地、耐える精神、そして自分の声を探し求める若い黒人男性の苦悩を全て要約した作品となり、ヒップホップの新しい基準を作り上げた。本作は、ジャズ・ミュージシャンの父親オル・ダラから息子Nasへと受け継がれたジョーンズ家の音楽的才能や、当時の社会情勢がNasの世界観にどのような影響を及ぼしたのかを考察する。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

Nas/タイム・イズ・イルマティックの評価・レビュー

3.8
観た人
742
観たい人
1320
  • 5.0

    禁断の惑星さん2021/11/19 15:42

    昔「illmatic」を始めて聴いた時衝撃を受け、和訳を自然と覚えてしまうほど読み込んだ。当時はリリックの意味が理解出来ない部分もあったが、それでも最高作だと感じていた。

    この映画を観て、当時の自分の解釈とNasが伝えたかったこと全てが繋がった。エンディング中は余韻がすごくて動けなかった。

    Nasの生い立ちに沿って、アルバムの一曲一曲がどのように制作されたのかを細かく知れた映画。観てよかった。

    今後は全てを理解した状態でillmaticというアルバムを楽しめる。また和訳を読み込まないと。

  • 4.0

    Yutakaさん2021/11/18 11:20

    Illmaticが好きなら見ておくべき作品。黒人は公営団地に押し付けられクラックが蔓延して治安が最悪なクイーンズから救世主の様に登場した一人の青年、Nas

  • 4.0

    パンカさん2021/11/07 22:36

    ヒップホップは門外漢ながら、illmatic発売当時結構騒がれてた記憶がある。比較的早い時期にレンタルCDを借りて、カッコいいなぁと思った。洋楽は当時も今もほとんど歌詞を気にしたことはなく、ヒップホップもリリックを気にしたことはほとんどない。この映画を観て、字幕のリリックを読むと思ったより知的だなぁと感じた。お父さんの影響で読んだ本が活かされているのかもしれない。

    デビュー前まで過ごしたNYクイーンズの現実は重苦しかったようで、街の様子を映しながらNASは苦々しい表情で、死んだ友達やクスリの売人がらみのエピソードを語っていた。
    にも関わらず、カネ、オンナ、クスリや銃といったギャングスタ系とは若干違う空気をまとったillmatic、久しぶりに聴いてみようと思いました。

    ヒップホップに多少興味があって、NASの名前くらいは知っている・・・くらいの人じゃないと、あまり楽しめない映画かも。

  • 3.7

    GamIgamiさん2021/10/29 10:45

    HIPHOPを創る上で環境は重要。
    ニューヨークのHIPHOPは言葉の重みが違うと感じた。

    カッコいい漢 KING NAS

  • 4.0

    takanashi0928さん2021/09/20 19:42

    生い立ちから丁寧に描かれていて、歌詞に込められたメッセージがスッと入ってきた。改めて、リリックちゃんと読もうと思った。
    あとはなにより、hip hopレジェンドが続々と出てきて、どの話も興味深く楽しめた!

  • −−

    Kyoheiさん2021/07/29 01:42


    ヒップホップの良さを知るには、やっぱ歌詞の意味をよく理解してこそだと最近ようやく気づきましたんで、こういったドキュメンタリーはマジで助かります。

  • 3.0

    ハマチェーテエバンジェリスタさん2021/05/27 13:01

    ロクサーヌロクサーヌの終わり方がmarvelのポストクレジット的だったから、そのまま歴史を追いたくなった。
    同じ団地から現れたラッパーNASのドキュメンタリー。
    今や伝説となったイルマティックというヒップホップの超マスターピースがいかにして生まれたか、その歴史を紐解く。

    まず感じたのは、やっぱり日本とは住む世界が違う。
    クスリや銃との距離感がね。
    ナズもラップしてなかったら、クスリのプッシャーって言ってたから、そういうことなんだと思う。
    この時代はクスリ中心の経済圏が大きかったんだろう。

    で、その抑圧された世界から放たれるリリックの内容は、俺には到底わかりっこないけど、少しだけその背景が理解できて。益々名盤イルマティックが聴きたくなった。

    「俺は過去の偉人たちがやってきたことを引き継いだだけ」って。まさにロクサーヌからも受け継いだって感じ。痺れた。
    そしてこの流れのまま、ニューソウルよりの話だと、ディアンジェロやエリカバドゥ、マクスウェルにも繋がっていくんだろうな。

    最後のラップ、かっけーす。

  • 4.0

    地球に落ちて来たタカアキさん2021/05/12 00:20

    間違いなくヒップホップ史上最高傑作です。Q-Tip、DJプレミア、ピート・ロック等イーストコーストの頭脳が集結。天才をレジェンドに押し上げた歴史的名盤。300回は聴いた!当時台頭していたウェストコーストの売れ線ラップがクソに思えた。Dr.ドレーとやったしょっぱい2ndアルバムはどうか無かったことに。
    1994年は神の年!音楽シーン全体が神がかっていた。94年こころのトップテンはこんなアルバムだった。
    1.『セカンドカミング』THE STONE ROSES
    2.『イルマティック』NAS
    3.『イルコミュニケーション』Beastie Boys
    4.『ダウンワードスパイラル』ナイン インチ ネイルズ
    5.『グレース』ジェフ・バックリー
    6.『クルーキッドレイン』ペイヴメント
    7.『オレンジ』ジョン・スペンサーBX
    8.『ディフィニットリー メイビー』Oasis
    9.『メロウゴールド』BECK
    10.『ヴァイタロジー』Pearl Jam

  • −−

    IKDさん2021/02/23 16:39

    NAS かっけぇ男だ。
    他の人もそうだけど、普通に話してる時でも
    ビートにのってるような話し方凄い好き。

  • 3.5

    ささささん2021/02/09 22:09

    公開当時映画館に見に行きましたが、おうちで見る方もヘッドホンなりなんなり音響を整えてから是非見てほしい!

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました