お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ホドロフスキーのDUNE

G
  • 字幕

未完の大作『DUNE』の顛末と、関係者のインタビューなどの資料で綴るドキュメンタリー。

1975年にホドロフスキーによって企画されたSF大作で、スタッフにバンド・デシネのカリスマ作家メビウス、SF画家のクリス・フォス、『エイリアン』『トータル・リコール』の脚本で知られるダン・オバノン、画家、デザイナーのH・R・ギーガー、キャストにサルバドール・ダリ、ミック・ジャガー、音楽にピンク・フロイド等、驚異的な豪華メンバーを配するも、撮影を前にして頓挫した。関係者のインタビュー、膨大なデザイン画や絵コンテなどの資料で綴る、驚愕、爆笑、感涙のドキュメンタリー。

詳細情報

原題
JODOROWSKY’S DUNE
音声言語
英語/フランス語/ドイツ語/スペイン語
字幕言語
日本語
制作年
2013
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2015-06-03 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

ホドロフスキーのDUNEの評価・レビュー

4
観た人
5228
観たい人
7471
  • 4.0

    鹿山さん2021/06/15 17:13

    ドキュメンタリーにこんな高得点ってアリなんだろうか?と我ながら思うけれども、事実僕の心にガッツリ響いてしまったんだからしょうがない。

    ホドロフスキー監督は誰もが知るカルト映画の代表格。どんな尖った性格の人間かと思っていたら、創作意欲と無邪気さを極め、芸術の力をどこまでも信用する、究極的に純粋な方で驚いた。破天荒だけど最高の愛されキャラ。

    彼ほどの偉大な方が「全力を尽くした末に失敗すること」の大切さを説いている姿を見ていると、鑑賞者側も創作意欲がめきめき湧いてくる。映画『DUNE』は公開されなくとも、あらゆるクリエイターや映画ファンへと意志や美学はしっかりと届いているのだ。

    ドゥニ・ヴィルヌーヴ版『DUNE』は果たしてどうなるのか・・・・・・。期待と不安がますます膨らんできた。

  • 4.8

    きりこさん2021/06/13 12:50

    後半涙が出た。とんでもない偉大な人だ、近づいても離れてもyes なんて…
    ホドロフスキーの才能と情熱と人格とを目の当たりにして、自分のちっぽけさを実感した。
    ホドロフスキーのDUNE、どうしても見たい。

  • −−

    寿限無さん2021/06/12 12:00

    彼等だけが知っている啓示
    ホドロフスキーが原作とsex(レイプ)
    してうまれたのが幻のDUNEらしい

    ドキュメンタリーは途中で飽きてしまうけど
    これは凄く面白かった

    生まれるはずだった救世主の誕生が遅れ
    人類の精神的成長が少し遅れてしまった

    リンチのこと無邪気に
    どちゃくそ笑うんですけど
    私は全然嫌悪感を感じなくて
    承認欲求とか自己顕示欲とかそんなちっさい感情を軽やかなステップで飛び越えて
    人類全ての魂を震わせたい!良くも悪くも遺伝子配列から組み替えてやりたい!新人類誕生させたい!
    みたいな神のようなクソデカ感情しか見えないからかな?

    常に楽しいこと面白いことを追求して
    悪い人じゃないって人相から滲み出てて
    つまりお顔がいい←

    どんどん引用して! 誰かいつか作って!
    って言ってるの素敵だなぁと思いました
    それと同時に寂しいです 全てはタイミングだったともうしっかり蹴りをつけてらっしゃる…
    息子が作るかな??????
    影響を与えたってことで満足していそうでもある 
    だけど!!観たいですよ〜!!

    最後に本当にこのお爺様
    人ったらしですわ… まさに教祖的
    時間は有限なんで 余程余剰がなかったらリンチのDUNEは観んでええかなと思ってしまった笑
    今年上映のシャラメ出る奴も余程のことがなければ多分観ないな…

  • 4.5

    vanillaさん2021/06/11 20:04

    幻の映画、砂の惑星
    これ撮影されてたらとんでもない映画になってたね
    震えるほどすごい内容だった
    彼の哲学にも感銘うける
    ホドロフスキーがおじいちゃんだったらいいなあ

  • 3.4

    こーさくさん2021/06/10 17:48

    関わった人がすごい人ばかりで、特にメビウス、ギーガーの所がよかった。
    終盤、後の映画に与えた影響を紹介するところでは、確かにそうかもと思った。

  • 4.3

    ほそじまさん2021/06/08 20:59

    要はホドロフスキーという、存在そのものがシュルレアリスムみたいな男の精神宇宙に俗世はついてこれず(いけてたまるか)、皮肉なことにその構想だけが彼の嫌うSF商業大作の礎を築きあげてしまったという話。イカれた夢を語る彼の目にはよくある自己陶酔的な気色がなく、本当にただその想いを分かって欲しくてしょうがない子どもみたいな輝きが満ちていた。純粋な狂人。以前『エル・トポ(1970年)』『ホーリー・マウンテン(1973年)』を観てプロットだけは王道少年漫画みたいだなと感じたのもあながち間違いではなく、その礎を築き上げたのも実はホドロフスキーだったりするのかもしれない。

    出会い頭に突如「こんな感じだ」で幻覚領域展開された話くそ吹いた。一服盛られただろ

  • −−

    RATさん2021/06/06 14:28

    あらゆるものの元ネタの元ネタの話
    ホドロフスキーがディズニー映画のリスみたいに芝居がかって喋りまくる
    ダリをやりこめるくだりからのギーガーの闇属性感が見所
    ダリの一人称ダリなんおもろいな

  • 4.0

    ぎんがさん2021/06/06 01:39

    ドゥニ監督のDUNEが10月に公開されると知って、そう言えばこれ見たなって思いだした
    ホドロフスキー版、デザインも世界観もめっちゃくちゃワクワクする
    本人の語りだけでこんなに面白いと思わせるんだもの
    あの本出版されないかなぁ
    SF好きなら見ておきたい一本

  • 4.0

    jazzの部屋さん2021/06/05 17:42

    ホドロフスキー監督が構想した伝説の企画DUNEのドキュメンタリー。
    監督の解釈で脚本した映画を基に各界の逸材を集めた企画その熱量と挫折。
    この映画が作られていたらモンスター映画になっていたに違いないがその影響力はいまだにはかり知れない。
    スターウォーズやエイリアンが存在しない時代に大規模なSFファンタジーやHRギーガーの起用などホドロフスキーの先見の明は凄すぎる。
    ダリやミックジャガーも出演する予定だったらしいけどどんな怪作になったのであろうか…

  • 3.0

    yanmaさん2021/05/30 15:04

    絵コンテだけでもワクワクするような内容。映画は完成しなかったけど、間違いなくSF映画に影響を与え続けている。宮崎駿や松本大洋が憧れたメビウスのストーリーボードを生きた映像で見てみたかった。

    ドゥニ・ヴィルヌーヴのDUNEも楽しみ。ピンク・フロイドやしティモシー・キャラメやし。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す