お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

Living Behavior 不可思議/wonderboy 人生の記録

G

PerfumeなどのMVで知られる関和亮、初監督作品。貴重映像で贈るドキュメンタリーミュージックムービー。

急逝から3年。不可思議/wonderboyが残したものとは。孤高のポエトリーラッパー、不可思議/wonderboy。2009年に彗星のごとく姿を現した彼は、独特な言葉のセンスとパフォーマンスで脚光を浴びた。2011年には日本を代表する詩人 谷川俊太郎と共演し、本人許諾で「生きる」を音源化。透き通った声で歌われた同曲は、3.11直後の日本人に響き一晩で完売した。その勢いのまま待望の1stアルバムを発表。彼は確実に夢へと近づいていた。しかしその約1ヶ月後、彼の人生は突然、幕をおろすことになる。当時24歳の若さだった彼の訃報に多くのファンが言葉を失った。それから3年以上の時が経った。彼がポエトリーラップに込めた想いは、下火になるどころかインターネットや仲間のライブを通じて広がり続けている。YouTubeの動画再生も40万回を超え、ファンを公言するクリエイターも増えている。今もなお、人々の心を揺さぶりつづける不可思議/wonderboyは一体どのような人間だったのか。純情な青年でありながら孤高のポエトリーラッパーだった不可議/wonderboyは、何を感じて何を考えていたのか。急逝から3年。未公開映像や関係者インタビューを元に、彼の生きた輪郭をもう一度描いていくドキュメンタリー。彼が大好きだったというPerfumeのMVを手がける注目の映像ディレクター関和亮監督のもと、懐かしくて新鮮な不可思議/wonderboyが映し出される。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

その他邦画ランキング

Living Behavior 不可思議/wonderboy 人生の記録の評価・レビュー

3.9
観た人
150
観たい人
265
  • 4.4

    せさん2021/09/11 04:11

    「世界征服やめた」を初めて聴いたとき、色んな感情が押し寄せて涙が止まらなかった。私が生きている間にこの曲を見つけられて良かったと思った。彼の詩を聴いて傷つける感性を忘れないでいたいな、GOMESSくん若かったな

  • −−

    かいわれさん2021/08/07 05:46

    彼の訃報を知り、その後初めて聴いたPelliculeが心に響き涙したのは記憶している。後にも先にも音楽を聴いて感情を揺さぶられたのはこの曲が最後だと思う。
    出演の谷川俊太郎氏が「生きていればあまり響かなかったかもしれない」と自身の「生きる」を引用した楽曲について語っていた。それくらいポエトリーリーディングとは繊細な生き物なんだ。命あるから作られる、そして最高に華開くのは命を全うした時なのかもしれない。

  • −−

    山内彰馬さん2021/07/02 01:59

    あと10日で不可思議/wonderboyが亡くなった年齢を越えるんだけど、超いいタイミングで観れた。
    わたしも死を回避するために生きるのではなく、生きるために生きていたい。
    そして明日も明後日も大切に歌を歌っていたい。

    撮影松居大悟…なんか歴史を感じた…

  • −−

    しをさん2021/06/05 15:44

    エーーーーーゴメスいいな。。しかも中盤の谷川俊太郎の言葉が全部よかった。動物的な「生きること」と人間的な「生活すること」の違い。生きる挙動
    この監督の新作のチケットもらった(けど観に行くのめんどい)から調べててなんとなく見たけど編集うまいし良かった。みんなこういうドキュたくさんとってください エッモ

  • 3.0

    olnさん2021/04/24 19:50

    この気持ちだけは忘れないようにと
    曲にしてしまいました… 許してください

    不慮の事故で24年の人生に幕を下ろした”不可思議/wonderboy”
    その人生の足跡

    銀河鉄道の走る夜は見れず終いだし
    世界征服もできなかったし
    火の鳥でもなかったけれど
    死ぬ気でやれば人生は輝く、儚く
    待ってろ、未来

    僕に30秒だけチャンスをください
    ラップをします





    感想です。

    冒頭から彼の曲の中で個人的に一番好きな”雨降りの金曜”が流れて、テンションブチ上げです。アゲ曲ではないんですけどね。
    自己肯定感低い属性の人には、ズンズコ刺さる歌詞だと思います。
    https://www.youtube.com/watch?v=rSEskAluu_E

    ”銀河鉄道の夜”は、ラブリーラビリンスに収録されているバージョンが好きです。
    『無重力にも宇宙服にも慣れたけど、君のいない朝には未だに慣れることができません』って歌詞は、初めて聴いた学生の頃、しばらくニヤニヤしました。
    この素朴なトラックもまた、良いんですよねぇ。
    https://www.youtube.com/watch?v=iPDfsPN3YXc

    そして、本作で結局かけてくれない彼の代表作”Pellicule”
    エンディングが神門版なのは、納得なんですが、聴かせろや!
    どうやってこの曲に巡り会ったのか忘れましたが、当時延々と聴いていて、ちょうど不可思議/wonderboyを知った頃に訃報があって、脳の処理が追いつきませんでした。
    https://www.youtube.com/watch?v=ueq2QFIIpu0

    フィルムの内容的には、よくある故人になったアーティストとの思い出を、関係者が振り返る形式ですので、ノータッチです。
    https://www.youtube.com/watch?v=PDZdytSQRQc

  • 4.5

    いろはさん2021/03/14 23:59

    2009年活動開始。少しずつ脚光を浴びはじめた 2011年、急逝。
    ポエトリーラッパー・不可思議/wonderboyが生きた証。

    「Pellicule」と「生きる」は時々聴きたくなる、生きよう、と思える曲。
    不可思議/wonderboyの音楽は今もなお生き続けている。

    本作は、未公開映像や関係者インタビューをもとに構成されたドキュメンタリーであり、ライブで歌い出しを失敗してやり直す姿や、ダダ滑りのMCの映像も使われている。お世辞にもかっこいいとは言えないが、周りの空気、関係者インタビュー、そしてこの映画が制作されたことから、彼が愛されていた事実が伝わる。

    生きるということ。
    「生きる」と「生活する」は違う。
    Living Behavior:生きる挙動
    Death Avoiding Behavior:死を回避する行動
    我々がいる社会は殆どが死を回避する行動。
    彼の映像には生きる挙動があって、対極に死があるから感動しちゃうんじゃないかなぁ。
    彼が生きていればそんなには感動しないのかもしれないね。
    これらは劇中で詩人・谷川俊太郎が言っていた言葉。

    酷いようだけど、確かに、生きていたら彼の楽曲はこんなにも評価されていただろうか。
    死んで感動、になってしまったのが悔しい。
    たられば論は抜きにして、生きていることに越したことはないから。

    エンディングの神門の「Pellicule」、浅野いにおの題字、
    GOMESSのフリースタイルラップと後に出された「Poetry」、狐火の「Answer Pellicule」、全部全部切なくてあたたかい。

    ちなみにフランス語で「Pellicule」って「映画」っていう意味があるらしくて、ここに繋がっていたのかなとか思ったり…。
    映画館よりライブハウスが似合う生を纏った映画。

  • 3.5

    aKircrazyさん2021/03/01 22:09


    ひさしぶり、
    どうしたんだよ ヒゲなんかはやして…











    2021年3月1日


    表現=生きること




  • 5.0

    がくさん2021/02/22 06:23

    自分史上一番偉大で最も尊敬する一番好きなアーティスト
    映画の出来についてはいろいろあるけど、不可思議/wonderboyに敬意を評して満点

    ぜひ知らない人は聞いて欲しいです。
    不可思議/wonderboy

    暗闇が欲しい、pellicule、生きる、銀河鉄道、ポエトリーリーディングは鳴り止まない
    まずはこの辺を聞いてください。

  • 4.0

    sheenaさん2020/12/27 21:46

    彼のliving behaviorが僕のliving behaviorの為の力になっている。

    不可思議/wonder boyという存在に感謝。

  • −−

    Birdnさん2020/09/28 00:36

    よくある、人間には2パターンあるっていう流れでタイトルにもある
    ''生きる挙動''と
    ''死を避ける行動''ていう言葉が今までで一番心に残りそう
    後者ばっかだ、たしかに
    文字だけじゃわからないからこのドキュメンタリーを色んな人に見てほしい

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました