お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

Living Behavior 不可思議/wonderboy 人生の記録

G

PerfumeなどのMVで知られる関和亮、初監督作品。貴重映像で贈るドキュメンタリーミュージックムービー。

急逝から3年。不可思議/wonderboyが残したものとは。孤高のポエトリーラッパー、不可思議/wonderboy。2009年に彗星のごとく姿を現した彼は、独特な言葉のセンスとパフォーマンスで脚光を浴びた。2011年には日本を代表する詩人 谷川俊太郎と共演し、本人許諾で「生きる」を音源化。透き通った声で歌われた同曲は、3.11直後の日本人に響き一晩で完売した。その勢いのまま待望の1stアルバムを発表。彼は確実に夢へと近づいていた。しかしその約1ヶ月後、彼の人生は突然、幕をおろすことになる。当時24歳の若さだった彼の訃報に多くのファンが言葉を失った。それから3年以上の時が経った。彼がポエトリーラップに込めた想いは、下火になるどころかインターネットや仲間のライブを通じて広がり続けている。YouTubeの動画再生も40万回を超え、ファンを公言するクリエイターも増えている。今もなお、人々の心を揺さぶりつづける不可思議/wonderboyは一体どのような人間だったのか。純情な青年でありながら孤高のポエトリーラッパーだった不可議/wonderboyは、何を感じて何を考えていたのか。急逝から3年。未公開映像や関係者インタビューを元に、彼の生きた輪郭をもう一度描いていくドキュメンタリー。彼が大好きだったというPerfumeのMVを手がける注目の映像ディレクター関和亮監督のもと、懐かしくて新鮮な不可思議/wonderboyが映し出される。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

その他邦画ランキング

Living Behavior 不可思議/wonderboy 人生の記録の評価・レビュー

3.9
観た人
128
観たい人
237
  • 4.0

    mugcupさん2021/04/15 23:23


    言葉がなければ
    もっと楽に生きられるのかもしれない
    それでも
    言葉があるから
    泣きたくなるくらい胸が温かくなる。

    恥ずかしいくらいに真っ直ぐ
    死んで感動とかやめてよね
    死にたくねーって叫んでよ
    生きて生きて生きて生きてって歌ってよ。

    永遠なんてないけどさ、もう少し生きてみるからね。

  • 4.5

    いろはさん2021/03/14 23:59

    2009年活動開始。少しずつ脚光を浴びはじめた 2011年、急逝。
    ポエトリーラッパー・不可思議/wonderboyが生きた証。

    「Pellicule」と「生きる」は時々聴きたくなる、生きよう、と思える曲。
    不可思議/wonderboyの音楽は今もなお生き続けている。

    本作は、未公開映像や関係者インタビューをもとに構成されたドキュメンタリーであり、ライブで歌い出しを失敗してやり直す姿や、ダダ滑りのMCの映像も使われている。お世辞にもかっこいいとは言えないが、周りの空気、関係者インタビュー、そしてこの映画が制作されたことから、彼が愛されていた事実が伝わる。

    生きるということ。
    「生きる」と「生活する」は違う。
    Living Behavior:生きる挙動
    Death Avoiding Behavior:死を回避する行動
    我々がいる社会は殆どが死を回避する行動。
    彼の映像には生きる挙動があって、対極に死があるから感動しちゃうんじゃないかなぁ。
    彼が生きていればそんなには感動しないのかもしれないね。
    これらは劇中で詩人・谷川俊太郎が言っていた言葉。

    酷いようだけど、確かに、生きていたら彼の楽曲はこんなにも評価されていただろうか。
    死んで感動、になってしまったのが悔しい。
    たられば論は抜きにして、生きていることに越したことはないから。

    エンディングの神門の「Pellicule」、浅野いにおの題字、
    GOMESSのフリースタイルラップと後に出された「Poetry」、狐火の「Answer Pellicule」、全部全部切なくてあたたかい。

    ちなみにフランス語で「Pellicule」って「映画」っていう意味があるらしくて、ここに繋がっていたのかなとか思ったり…。
    映画館よりライブハウスが似合う生を纏った映画。

  • 3.5

    aKircrazyさん2021/03/01 22:09


    ひさしぶり、
    どうしたんだよ ヒゲなんかはやして…











    2021年3月1日


    表現=生きること




  • 5.0

    がくさん2021/02/22 06:23

    自分史上一番偉大で最も尊敬する一番好きなアーティスト
    映画の出来についてはいろいろあるけど、不可思議/wonderboyに敬意を評して満点

    ぜひ知らない人は聞いて欲しいです。
    不可思議/wonderboy

    暗闇が欲しい、pellicule、生きる、銀河鉄道、ポエトリーリーディングは鳴り止まない
    まずはこの辺を聞いてください。

  • 4.0

    sheenaさん2020/12/27 21:46

    彼のliving behaviorが僕のliving behaviorの為の力になっている。

    不可思議/wonder boyという存在に感謝。

  • −−

    Birdnさん2020/09/28 00:36

    よくある、人間には2パターンあるっていう流れでタイトルにもある
    ''生きる挙動''と
    ''死を避ける行動''ていう言葉が今までで一番心に残りそう
    後者ばっかだ、たしかに
    文字だけじゃわからないからこのドキュメンタリーを色んな人に見てほしい

  • −−

    sさん2020/05/18 22:19

    「このコメントを書く為に送って貰ったDVD、さっきから何度やっても読み込まない。ガリガリとデッキからいかにも駄目そうな音がする。何かに逆らうような、でも何かを信じてるような音が。もしかしたら、こんな気持ちで音楽やっていたのかなと思う。俺もそうだったから。今はDVDどころか、映画館で流れるなんて。エンドロールから始まるなんて格好良すぎる。」

    自分が24歳になった今、この映画を観た。自分は生きる挙動で生きれてるかな。いや、死を避ける行動で生きてるな。「生きる」の詩が沁みる。ラスト神門が歌う「Pellicule」が泣ける。新宿駅南口に出た時は不可思議/wonderboyのことを思い出すよ。

    スコアはつけられませんでした。

  • −−

    あんしんさん2020/04/19 00:22

    谷川俊太郎さんが言っていた、「生きる挙動 living behavior」と「死を避ける行動 death avoiding behavior」という話が印象的だったなぁ。

    後者は死を恐れているという意味で死に近い(死を内包している)あり方だけれども、前者はそうではない。不可思議/wonderboyはliving behaviorの人だった。だからこそ、今は亡き彼の「生きていた」姿の記録がどこか強烈にゆさぶってくるのだという。

    ポエトリーラップというものにもっと近付いてみたい。

  • −−

    dionemishさん2020/04/16 11:15

    U-NEXTにて配信されていて、本当に嬉しい。不可思議/wonderboyのドキュメンタリー。この人に魅了された人はグッとくると思う。

    関係者インタビュー中心。不可思議のライブ映像がもっと観たかったけど、もしかしたらちゃんとしたライブ映像を撮る前に亡くなったのかなと。谷川俊太郎の言葉が良い。
    彼のことを語る皆の目がとても優しい。本当に周りから愛されていた人だったんだなあ。

  • −−

    ちゅーさん2020/03/10 10:33

    友人が『熱い曲があるよー』と20半ばのときPelliculeを進めてきてくれて聞いたのが初めてでした…
    最初聞いたときは正直いまいち響かなかったです…
    でも少しずつどんどん歌詞が入ってきて不可思議君のいろんな曲を聞くようになりはまっていきました。
    映画はその不可思議君のことをドキュメンタリーの内容でした。
    ずっと見たかった映画がやっと見れました。
    思いや人柄のことを語ってて心打たれまくりてす。
    エンディングの神門!!!!
    泣けてきます。
    見れてよかった…
    もっと知れてよかった…

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す