お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

宇宙戦争 ファイナルインパクト

G
  • 字幕

“SFの父”H・G・ウェルズの代表作『宇宙戦争』をモチーフにしたSFパニック・アクション!

2012年11月28日午前6時。出勤しようと外に出たマリッサは衝撃的な光景に言葉を失った。人間ではない巨大な三脚状の機動兵器が暴れ回っており、地球外生命体の地球への侵略行為が始まったのだ。アメリカのみならず、世界各地で同時攻撃がなされており、各国軍主要施設が重点的に奇襲攻撃を受け、壊滅に追い込まれていた。ついにはホワイトハウスが襲撃され、合衆国大統領が死亡してしまう。

詳細情報

原題
ALIEN DAWN
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2012
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2015-07-10 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

SF・超常現象洋画ランキング

宇宙戦争 ファイナルインパクトの評価・レビュー

2.4
観た人
96
観たい人
29
  • 1.0

    Hirokingさん2021/05/26 07:48

    確かにでかいロボットが出てきた‼️これが宇宙人なんだろう。
    しかし‼️最初に亡くなった人の死因が…水と間違って漂白剤を飲ませ、苦しむ姿を見たくないから殺したって…
    宇宙戦争やないと…止めた作品でした💢

    2021年849本目(▲71)

  • 1.1

    まどねすさん2021/05/25 23:33

    宇宙からの侵略にあったアメリカ?どこか(劇中だとパラダイス・シティとその隣町)を舞台に宇宙の作った兵器を自家製の爆弾で壊したり、連れ去れた人を助けたり、喧嘩したりする、エーリアン映画……、
    なんですが!
    この映画、あらすじが意味をなしてないです。

    主人公と思われる「マリッサ」というキャラクターが意味不明です。
    エーリアンが町を襲ってからか知りませんが、唐突に携帯でエーリアンをおもむろに撮影したり、被害状況を撮ったりと気でも狂ったかのような行動を取ります(ここの演出はsyamuさんリスペクト)。これにはマリッサなりの意図があるんですが、「今の状況を撮っておきたいから」みたいなニュアンスの言い訳をかましてるんです!
    まぁ、まぁこれはいいでしょう。
    撮影した映像をネットに挙げようが、記念に取っておこうがどうでもいいです。でもそれだったら、撮影した段階で説明して欲しかった……。

    エーリアンが町を襲うために送り出した兵器にも不満点があります。
    兵器がビームを撃つシーンが何度も映るんですが、効果音が安いです。
    トイザラスのオモチャっぽい効果音なんですよ!

    ピューン!ピューン!

    っていう、安っぽい効果音。
    聞いてて、これはもしかしたら、エーリアンコメディ映画なんじゃ……と思うくらいには酷かった。
    あと、エーリアン。
    宇宙人から襲撃さてれんのにエーリアンが終盤にしか現れないっていう杜撰さ!
    なんで、宇宙人が攻め込んで来てるのになんでエーリアンが終盤にしか出てこないんですか?

    それと、ストーリー。
    これはもういわずもがな、酷いです。


    色々書きましたが、好きか嫌いかだと……ワシは!
    嫌いです!

  • 1.8

    Ekenさん2021/05/15 00:13

    核兵器即落ち2コマだけが面白かった。

    CGのクオリティははなから期待はしてなかったけど、脚本が酷い。全体の尺の3割ぐらいが兄弟の喧嘩シーン。話がいきなり飛んだりしてわかりにくい。

    『宇宙戦争』をベースとしているはずなんだけど…、レストランで頼んだものと全然違うモノ出てきた感じや…

    映像記録風のカットを入れればそれっぽく見えると思ってない?

  • 1.0

    うろもとうとかさん2020/10/17 01:06

    途中で辞めちゃう映画ってこう言うことなのか
    失礼ながらここ十何年自分の意思で
    映画観てきて初めて途中で止めた
    流石にこのクオリティに割く時間はないと判断
    総合的に観てられなかったな…

  • 1.0

    kenさん2020/10/11 22:22

    オープニングロゴを観た瞬間にヤバいとは思ったが、案の定酷かった。エイリアンの襲来からの10日間を描いているが、前半はほぼ兄弟の口ケンカを見せられ、爆破シーンの取ってつけたようなCG合成、肝心のエイリアンが出てきたと思ったら、活躍する事もない呆気なさ。主人公と思われる女性がボインて事ぐらいがポイントかな。(2020-430-10-17)

  • 1.9

    はさん2020/08/15 20:17

    トムクルーズのやつと同じ原作の映画化。
    宇宙人に侵略されるアメリカの様子を、自撮り女子が紹介してくれる話。

    低予算の映画と思うのだが、敵兵器、トライポッドの全体が見えるカメラアングルが多く、見せずに予算を抑える作品に比べてかなり好感が持てた。
    トムさんのと比べると流石にどうにもならないクオリティの差はあるが、街の破壊描写等も逃げずにしっかり見せていて、製作陣の意欲の高さを感じた。
    意欲の高さと面白さは比例しないという現実も痛感したけど。

    無断使用してるだろ、みたいな映像も多いですよね。
    大丈夫なんだろか。

    笑いどころは漂白剤飲んでセルフ地獄の苦しみに悶えるおばさん。
    口に入れた瞬間気づきませんか?



    以下宇宙人強さ評価

    火星人?

    原作準拠だと火星人だが、今作に描写がなかったのでハテナをつけた。
    宇宙より飛来し、三つ足のロボット「トライポッド」を主力に地球侵略を行う。
    侵略の為の排除と同時に、地球人は食用としても利用する。
    トライポッドは基本人間を見つけ次第攻撃するようだが、すぐそばに居ても感知されなかったり、簡単に追撃を諦めて見逃してしまったり、行動の基準に謎が多い。

    わずか2日で米軍を完全に沈黙させているが、この作品世界の米軍は現実の米軍とは比較にならない程非力なので実績として考慮しない。
    宇宙人側も、ラジオで爆弾の作り方を調べた程度の民間人に基地に侵入され爆破されたりしてしまう等、強さにムラがありすぎる。
    (基地というのは実は主人公たちの勝手な思い込みで、破棄されたゴミ捨て場程度の施設だったのではと個人的には疑っている)

    ID4の米軍相手では割と簡単に撃退されてしまっていたのでは。


    科学力:38
    頭の良さ:16
    兵器:15
    身体能力:-
    兵力数:7

    総合76

  • 2.0

    takumaさん2020/02/19 16:14

    2012年 アメリカ映画
    原題:Alien Dawn

    H.G.ウェルズの1898年の小説「宇宙戦争」をアイデアに使ったビデオ作品。原作は、今から126年前の小説になります。

    この小説の中に圧倒的強さを誇る宇宙人が乗っている、長い3本足の戦闘機は、トライポッドといわれています。

    ウェルズは、今(2020年)から、74年前、1946年に亡くなっています。それで、著作権の保護期限終了により、小説はネットなどで、無料公開されていて、研究したり、読書することができます。

    古典的名作ですので、関連するような映画も多く、中でも、1953年 バイロン・ルスキの原題 「The War of the World」(※当時の技術的問題でトライポッドは出てきません)、2005年 スティーブン・スピルバーグの原題「War of the World」が有名です。

    そしてこの「Alien Dawn」ですが、トライポッドが出て地球を壊滅状態にしていますので、「宇宙戦争」を下敷にした作品ですが、メジャー映画、スピルバーグのパチモンではありません。とてつもない映画としての規模の差で、どちらにとっても失礼な比較になってしまうと思いますが・・・。

    「Alien Dawn」の最後は、「今ごろになって、そんなこというか?」とイヤな感じで終わるアメリカ映画です。

  • 1.0

    黒猫式さん2019/11/11 00:07

    異星人侵略下の世界をサバイバルする様子を自撮りで記録していく女性のお話。
    ファイナルインパクトというサブタイトルに釣られた地雷。
    どんなに喉が渇いても絶対に漂白剤を飲んではいけないという教訓だけはトラウマレベルで刻み込まれる。
    あと主人公が銃を撃つ姿がちょっと面白いw

  • 1.2

    zkさん2019/01/20 22:33

    凄い!
    久々にこんなC級、いやZ級と呼べる映画を見たような気がする。
    見ていて、もう心が無だった。
    面白いとかつまらないとかそういう感情が何もなかった。

    逆におすすめしたいけど30円ぐらいの価値しかないのでレンタルもおすすめしません。
    作った人間はH.G.ウェルズに謝った方がいい

  • 2.0

    まっつーさん2019/01/12 23:43


    地球外生命体による地球侵略から10日間の姿を描いた作品。

    『宇宙戦争』とのタイトルですが、もちろん本家の宇宙戦争とは全く関係ありません。
    紛らわしい邦題を付けないでほしい。。


    今作は1組の男女にスポットを当ててストーリーが進行していきますが、とにかくテンポが悪い😅
    しかも1人の男性が、何かとドジばかりで見ていられませんでしたね。


    地球外生命体もチープすぎて、恐怖感があまり無かったのも残念でした💧

    唯一の救いは83分という尺の短さだけですかね。それ以上は流石にきついかと‥

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました