お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)

G
  • 吹替
  • 字幕

大ヒットSFアクション・シリーズ最終章!「猿の惑星」誕生に隠された、衝撃の真実が遂に明かされる。

猿と人類が全面戦争に突入して2年。猿の群れを率いるシーザーは、軍隊を統率する冷酷非情な大佐の奇襲によって妻子を殺されてしまう。大佐への憎悪に駆られたシーザーは、多くの仲間を新たな隠れ場所へと向かわせ、自身はわずかな仲間と共に復讐の旅に出る。その道中で口のきけない人間の少女と出会い、ノバと名付けた一行は、さらに人間の物資を盗んで生きている奇妙なチンパンジーのバッド・エイプと遭遇し、大佐の居場所を知る彼に道案内をさせる…。

詳細情報

原題
War for the Planet of the Apes
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
制作年
2017
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2017-12-08 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

SF・超常現象洋画ランキング

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)の評価・レビュー

3.7
観た人
13345
観たい人
7174
  • 3.7

    Yutoさん2020/07/08 11:50

    フェイスキャプチャー、モーションキャプチャーを用いた演出は、私の知る限り最高傑作。たかがCGなどと侮ってはいけない。アンディー・サーキスの演技もさることながら、それをCGで合成し完成した映像は本当に素晴らしかった


    3部作で一番長い作品だが、映画のペースはかなりゆっくり
    〈グレート・ウォー〉というサブタイトルだが、アクションシーンはそんなに多くない。愛する妻と息子を殺されたシーザーが増悪に支配される様を描いたドラマがメイン。人間パートはほとんどない

    登場キャラクターは全員好き。ただ、スティーヴ・ザーン演じるバッド・エイプのキャラクラーが映画の雰囲気にマッチしておらず、時々空気の読めない演出があったりしたのでそこが残念だった

    そして映画の舞台設置や展開などが結構ご都合主義だったり、終盤の戦闘シーンが淡白(特に戦略もなくただ撃ちまくるだけ)でリアリティに欠けてた感じは否めない


    3部作の中では個人的には一番低めの評価だが、シリーズを通してシーザーというキャラクターの生き様をしっかりと描き切ったので最終的には好きになれる映画。リメイクやリブートってあんまり良い印象はないけど、このシリーズはとても好きになれた
    オリジナルの『猿の惑星』を見てなくても充分楽しめると思うので、まだ観てない方は『創世記』からぜひ!


    そしてシーザー、本当にお疲れ様。君は最高だった......

  • 3.6

    まるさん2020/07/07 14:36

    ピリっと〆るラストが欲しかった。

    ぼんやり終わってしまって残念。

    あと、女の子の出現が唐突過ぎて感情移入出来なかった。

    旧シリーズと比較し過ぎるのも申し訳ないけれど、猿の惑星という冠を背負っているからには、旧シリーズファンを唸らせて欲しかった。

    逆に単体で観てもそこそこ楽しめる内容で、敷居は低い構成になっている。


    改めて大好きな旧シリーズを見直そうと思う。

  • 3.6

    ぼんすさん2020/07/07 12:55

    良かった。これから猿の惑星に続いていくんだね。シーザーや他の仲間のエイプ達がもう表情、目付きが人間だった。ノバ可愛い。単純だけども分かりやすいし面白い。シリーズ所々しか観ていないのでちゃんと見直そう。

  • −−

    Shin1さん2020/07/05 10:21

    シリーズはこれが初めて。
    これまでの内容が全くわからないので、
    猿と人間の全面戦争?ぐらいしか感想がない。
    見終わった後にwikiでストーリーを確認するぐらい観ただけではよくわからなかった。
    初めに観る作品じゃなかったと後悔。
    ちゃんとストーリーの最初から観るべき。
    良いも悪いも言えない。よってスコアなし。

  • 4.4

    ケンジさん2020/06/29 23:42

    あー、終わってしまった。。、

    1作目からハート鷲掴みにされて、今回見事に完結。シーザー始め猿たちの表情の芝居は圧巻。人が演じているのを見るのと同じように、いつの間にか表情から何かを読み取ろうとしている自分がいた。

    序盤はけっこうサスペンスフルな場面が立て続けにあって、終盤は壮大な終幕に向けて盛り上がっていく。

    「猿の惑星」1作目というSF映画の金字塔の前日譚として、素晴らしい終わり方でした。

  • −−

    BBさん2020/06/28 16:21



    スター・ウォーズで言うところの、エピソード3。これで最初の作品にいきます。
    重厚感あり面白い。

  • 4.0

    カンちゃんさん2020/06/27 17:32

    面白かったですね。
    ちゃんと繋がっているんですね。
    それにしてもシーザーが段々と人間に見えて来た‼️

  • 3.9

    YOUさん2020/06/27 00:44

    『猿の惑星:創世記』から始まる新3部作の完結編であり、映画化作品の9作目。
    シーザーの物語がついに幕を閉じる!3作の中で1番シーザーのヒーロー的活躍が目立ち、その為当然1番カッコいいシーザーを拝むことが出来ます。今作は今までになかったロードムービー的な作風であり、より猿同士のパーソナリティな面が強調されています。クライマックスは壮絶ですし、特にアイツの最期は涙ものです。また、今作のキーパーソンであるノヴァ役のアリア・ミラーの演技も光っています。『ローガン』にも出演していましたし、やはりこういう世界観にめちゃくちゃ合いますよね。

    新シリーズでは作品の印象が3本とも全く違うのが面白い!そしてオリジナルシリーズへと繋がる展開もアツいですね。新シリーズも大いに楽しめました。





















    『創世記』のブライアン・コックス、『新世紀』のゲイリー・オールドマン、『聖戦記』のウディ・ハレルソンと、毎回敵が激渋チョイスですね。

  • 5.0

    ペンギンさん2020/06/26 17:34

    モーリスがめちゃくちゃいいやつですね。
    前々から好きだったけど、きちんと正しい意見を言えるのってすごいよね。
    ノヴァとの関係性もいいし。シーザーは立場とか、いろいろな経験で人間に対して複雑な気持ちでいるんだろうけど、モーリスはエイプも人間も同じ目線で見ている。

    もともとの猿の惑星のシリーズもみたいな。うろ覚えだから、話をちゃんと繋げてみたい。

  • 3.5

    cinemaQさん2020/06/26 02:02

    しっかりと三部作を終わらせようとし過ぎて、どうも画面が鈍い。
    西部劇な前半の風格も猿の惑星に相応しかったのだろうか。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す