お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ビンゴ

G

20XX年、日本。死刑制度の大改正が行われた…。

20XX年、日本。死刑制度の大改正が行われた。囚人たちを死刑にするかどうかを被害者家族などがビンゴで決めるのである。とある罪で収監させられている正哉。彼が凶悪殺人犯たちと共に連行されたのは、不気味な巨大ビンゴカードの上。自分がビンゴになれば即死刑執行の“人間ビンゴ”の会場だった。マジックミラー越しの別部屋からビンゴを操る面々の中には、正哉を見つめる真弓の姿もあった。正哉の犯した罪とは?正哉と真弓の関係とは?裏の裏をいくその全てが、物語が進むとともに徐々に明らかになっていく。

詳細情報

関連情報
原作:山田悠介「ブレーキ」内収録の「ビンゴ」(角川文庫)
音声言語
日本語
制作年
2012
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2015-10-30 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ホラー邦画ランキング

ビンゴの評価・レビュー

2.3
観た人
604
観たい人
62
  • 1.7

    bviさん2021/06/24 02:32

    アマプラでのパッケージ?はおもしろそうだったのに、思っていたのと全然違った😓

    観るには観たけれど、そんなに真剣ではなかったためか、人間関係がよくわからなかった。

    99分…途中から「何を見せられてるんだろう」感がエグい。
    展開は読める。「そうだよね」としか思わない。

    役者さんの演技の優劣もエグい。

    個人的には、胸糞映画ですらない。
    社会派要素もあったとは思うけれど、本当に何だったのか解らない😓

  • 2.0

    サウナのタカシさん2021/06/21 21:36

    オチは悪くない。
    でも、別に一生見なくても良かった作品。

    ビンゴの設定を思いついたはいいけど、
    詳細考えるのめんどくさくなったのかな?
    カイジの福本先生ならもっと面白くできそう。

  • 1.8

    かみしばいさん2021/06/21 17:47

    あんまりこういうことは言いたくないですが、まあ駄作というやつで。
    設定に違和感があるシーンが次から次へと登場して、かつところどころの役者が大根芝居という。
    個人的にはもうちょっとキャラ詰めして脚本練ってればいくらか観れるものにはなったのかなと思います。

  • 3.8

    ろっきーさん2021/06/12 00:28

    昔山田悠介好きで小説よく買ってたけど、リアル鬼ごっことか映画化すると設定変わってたりダメになるパターン多いからどうなんだろう…と思いつつこの作品は原作知らなかったから見てみた。
    設定もラストも山田悠介っぽくてかなりよかった!
    原作から入った人からするとどうなんだろう…読んでみたい!

  • 3.0

    マッシモさん2021/06/08 00:03

    アマプラに追加されてたので視聴

    死刑囚でビンゴをする話。
    「リアル鬼ごっこ」作家・山田悠介氏の同名小説の映像化作品。

    ストーリー
    死刑制度の改訂により刑の執行を死刑囚達の最後に会いたい人に投票させられる世界で起こるドラマを描いた作品。

    総評
    主人公には回想シーンがありどんな奴なのか分かるのだが、他の連中はチンピラ関西人死刑囚のキャラクター紹介セリフしか情報がないためどの程度悪どいかはよくわからない。罪状だけ聞くとあぁそりゃ死刑よねレベルの奴しかいない。
    設定は悪くないと思うし、デスゲーム乗りが流行り出して一つのジャンルとして成立した頃にこの気の衒い方は嫌いじゃない。

    が、映像的な粗も多い、死刑囚の年齢構成が若すぎる。絵面重視のキャスティングであるためかなんとも物足りない。何処ぞの宗教家の爺さんとかカレーに毒入れたおばさんとか、もっと汚いメンツを突っ込んでもよかったかなと思う。(設定上は保険金殺人だの、幼児連続殺害などキャッチーな事言ってますが、まぁ見た目があってません。)あまりに小綺麗すぎるが故、作り物感が増してしまった印象。
    さらに、エセ中国人夫婦やマイケル・クラーク・ダンカン枠みたいな黒人、家族側の頭がプリンになりかけてる白人の金髪姉ちゃん等、無駄な国際色は冷めますね。作品がどんどんチープ化していきます。

    あと、ビンゴ主催者エリア連中の何とまぁ安っぽいこと。いやむしろ。全てビンゴに出来る様に結託してほしいくらいの場面だと思うんですけどね。死刑囚が最後に会いたい人という前提がある故、死刑囚の味方が少なからず混ざってしまい何だこいつら感が増します。叙述トリックを失っている映像作品として良い隠し方だったと思うので一定の評価はしたいですが、今一歩感は拭えません。全てはラストの為でしょうがこの出来では、離脱してしまうか、そもそも見ないだろと思います。

    私見で恐縮ですし、フィクションに突っ込むのも何なんですが冤罪以外の死刑囚なんてみんなファラリスの雄牛の中で凌遅刑に処して、出来上がったハンバーグを豚の餌にすればいいと思ってます。はい。

  • 2.5

    Akanさん2021/06/01 13:58

    最後の救われたはわかるなぁ。
    あれ?私サイコ?

    最近ゲームも映画も
    流血もの観たくなるなぁ。
    あれ?私危ない?

    おしまい。

  • 2.8

    青桐彰さん2021/05/30 03:46

    設定は凄い面白かったけどちょっと淡々としてた印象
    こういう社会的な問題というか、考えさせられる系が上手いのはさすが山田悠介って感じ

  • 3.0

    あかねんさん2021/05/26 22:59

    最後のどんでん返しは見事すぎる。

    でも元々の山田悠介さんの
    グロテスク感というか
    血飛沫がすごいっていう感じがない。

    サイコホラーよりで
    おもしろみは十分だったけどね!
    もうちょっと派手なら!!!!

    あと設定はおもしろかったけど
    誰が誰の関係者なのかが
    よくわからなかったし
    皆それぞれの罪を把握してるのも
    ちょっと、なぜなのか、、
    わからなかった、、、

    そんな顔とか実名出て
    罪知ってるもんなのか?って思ったし。

    そこらへんは
    よく見てないと理解できないのかな?

  • 2.5

    れいさん2021/05/26 14:12

    176本目

    山田悠介脚本の映画って全部スコア3.0いってないんだ、まぁ内容はよくこんなん思いつくなとは思うけどB級感が凄いもんな。ビンゴもあんまりだった、強いて言うなら女がクソすぎるくらい。ほんと胸糞でした。

  • 2.5

    コオジさん2021/05/21 00:37

    人の生き死にをまるでゲームのように弄ぶ。山田悠介お得意の展開。

    まるでビンゴゲームのボードの上に座る死刑囚たち。そこで始まるのはまさにビンゴ。
    そもそもビンゴになったらどうなる?の展開。

    開始早々にそこそこのルール解説が終わり、これあと60分もつ!?だったが、なんとか終わった。
    一応結末はどんでん返しな感じかな。

    動きが少ないので、物足りないと言えば物足りない作品。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す