お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

アミスタッド

G
  • 字幕

1939年にアメリカ北東部沿岸に向かっていた奴隷船での反乱の物語。

アミスタッドは1939年にアメリカ北東部沿岸に向かっていた奴隷船での反乱の物語である。ストーリーの大半は反乱を起こした奴隷の法廷ドラマになっている。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

アミスタッドの評価・レビュー

3.6
観た人
2012
観たい人
1686
  • 3.6

    棚橋さん2021/06/12 20:55

    良くも悪くもスピルバーグらしさ全開

    キャラクター描写が他作品と比べて
    数段落ちているのは気のせい?

  • 3.9

    ひゅーぽんちさん2021/06/12 13:25

    奴隷制度撤廃をめぐる裁判を描いた法廷ドラマ。
    前回作の『シンドラーのリスト』と共通するテーマでもあり、スピルバーグの作家性が見えて来ました。
    ジャイモンフンスーの演技が凄まじい!とてもデビュー作とは思えません。
    法廷バトルものとしてもストレートにアツい映画です!

  • 3.6

    naniiさん2021/06/07 16:21

    最初のドアップが狭い船内を思わせる。
    黒人が人ではなく貨物として扱われる時代がたったの200年前にあったとは。
    人種差別問題は根深い。
    元大統領の部屋で観葉植物を日光がある方へ移動したシーンが印象的。
    アメイジンググレイスの作者も奴隷船の人だったらしいけど、船を降りてからは奴隷解放運動をしていたらしい。
    そしてこの奴隷問題がアメリカの南北戦争に繋がる。
    遠い昔に学校で習った記憶があるけど、人種問題について学ぶ良い機会になりました。

  • 3.5

    みきのさん2021/06/06 10:51

    スティーブン・スピルバーグの、奴隷制度問題の実話をもとに描いた作品。

    裁判で誰に所有権があるかという話題で盛り上がりシンケたちの立場や人権を考える人がボールドウィンだけだったあの空気感が苦しかった。
    今となってはあり得ない描写もたくさんあるが、少なからず今でも差別問題は残っているので今の時代にも一石を投じる一本だった。

  • 3.5

    にいなさん2021/06/05 03:01

    こういうのは教化や啓蒙に傾きがちな題材だけど、やっぱりそうだった。スペイン船の最悪なケースを無理やりアメリカの自由主張に引っ張り込んだ感がすごい。アメリカの映画はアイデンティティである自由を主張するために色んな題材を適当に拾って使うことが多いなあ、それが悪いってわけでは全然ないんだけど、いつも同じなんだよねえ、

  • 3.8

    bocchiさん2021/05/26 18:49

    異文化理解

    まだ世界には奴隷制度に苦しんでる人
    たくさんいるのか
    white=pure ってそれ自体が差別だけど
    もう概念に植え込まれててこわい

  • 4.0

    ツトム1958さん2021/05/25 10:29

    黒人奴隷たちの悲しみが痛いほど伝わってくる作品でした。
    そして、「自由」がいかに尊いかを再認識させられました。
    「自由」を掴むのにどれだけの血が流されてきたのか、
    いや、今も世界の各地で多くの血が流されたり、強制収容所に閉じ込められて無理やり思想・信条を踏みにじられている人々がいます。

    わが国では拘禁拘束によって自由が奪われることは無いでしょうが、自由にものが言える状況は損なわれているように思います。
    世の中の人々が堂々と主義主張を表明することが難しくなってきているように思います。学術会議の任命拒否問題をみてもそれは明らかでしょう。
    自由のない社会はやがて衰退していく運命にあるのではないでしょうか。

  • 3.0

    関根広大さん2021/05/19 02:25

    スピルバーグ作品13作目。
    200年近く前から問題になってることをいまだにアメリカって解決してないんだってすごく感じる。
    差別の歴史根深い。
    映画自体はそこそこおもしろい

  • 3.5

    アノさん2021/05/17 16:22

    面白い。カミンスキーはやはり桁が違う。ジャイモン・フンスーが去るかと思いきや「俺はこれくらい遠くから来た」と話すシーンの霧の深さが素晴らしい。
    奴隷蹂躙パートの苛烈さも良き。画面奥で赤ん坊抱えたままスルッと落ちていく女が怖い。

  • 3.7

    ゆーさくさん2021/05/15 22:22

    スピルバーグ監督の映画を挙げていって大体最後まで思い出せないのがこれ。これか、オールウェイズかどっちか。


    でもこの映画、結構力入ってると思う、スピルバーグ。

    船から奴隷たちを海に棄てるシーンなんてホンマ鬼畜の所業や。マジで「積み荷」扱いやからな。スピルバーグの絶対ここは描き切る!っていう強い意志感じたわ。

    最後奴隷砦を艦隊で破壊したところだけ急にハリウッドのバカ映画みたいになってもうてたけど、そこに至るまでの裁判シーンとかは激熱やった。アンソニー・ホプキンス無双やないか。


    オープニング、奴隷船での反乱シーン迫力あったなぁ。
    てか黒人奴隷たちの身体つきがスゴいのよ。あんなんに集団で襲われたら俺ウンコチビり回って海飛び込んで死ぬしかないわ。

    ただ、奴隷役の人たちの喋り方がどうしてもボビー・オロゴンを彷彿とさせてニヤッてなってまう。ただのアフリカ訛りなんやろうけどな、役者に罪は無いねんけどな。
    もう全部ボビーのせい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す