お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

しあわせの灯る場所

G
  • 字幕

「楽しい心はいい薬です」それは、彼が教えてくれたしあわせに生きるヒント。

元メジャーリーガーのカルヴィンは、男手一つで17歳の娘ケイティを育てている。だが彼は、球団をクビになってから アルコール依存症になり、ケイティとの距離は広がるばかり。そんなある日、地元のスーパーマーケットで働くダウン症の少年プロデュースと出会う。ハンディ キャップを抱えながらも「楽しい心はいい薬」と語り、一生懸命、笑顔を絶やさず、前向きに生きるプロデュースの姿にどこか心を惹かれたカルヴィン。彼との 交流を通じて、だんだんと愛と希望を再び取り戻していくが・・・。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

しあわせの灯る場所の評価・レビュー

3.5
観た人
271
観たい人
392
  • 3.7

    みずしーまさん2021/04/16 23:39

    ♡2021年41本目♡

    『楽しい心はいい薬』

    元メジャーリーガーのカルヴァンとダウン症の少年プロデュースとのヒューマンストーリー。

    アルコール依存に陥っていたカルヴァンはスーパーでアルバイトしているプロデュースに出会い友達なる。

    ハンデを持ちながら明るく一生懸命に生きる姿に心打たれ再生を目指し努力していく。

    色んなことがあっても、上手くいかなくても、心が楽しくいられるように過ごすってポジティブな考えで素敵だな〜

  • 2.2

    はさん2021/03/21 21:51

    アル中の元メジャーリーガーとダウン症の男の子との交流。

    主人公の友達のおっさん可哀想過ぎて笑った。
    作中で遭ったことというより、存在自体がラストでちょっと意表をつくため、って扱われ方が酷すぎる。
    人をなんだと思ってるんだ、って演出で作品自体台無しにしてる感。

    娘の彼氏が性欲のバケモノ過ぎて笑った。
    本当はゲームセンターとかで女の人に迫るのはアカンで~。でも、コルトにしたら~、そんなの関係ない!!なぜなら、コルトは~、女の人がだいすきやからやで~。性欲の化け物やで〜。くらいのえげつなーい性欲やで!

    主人公なんだかんだ言われてますけど、元メジャーリーガーなだけでもすごいことだと思うんだけど。

  • 3.5

    ameriaさん2021/03/05 01:50

    振り返ると結局なにも残らなかったとても惜しい作品でした。

    コブラ会で大好きになったジョニーことウィリアム・ザブカ目当て。ここ以外にもレビュー見ると知らない俳優さんばかりと書かれててわたしもコブラ会観てなかったら知らなかったよな〜なんて。

    ダウン症のプロデュースがキャラクター自体がとても明るくて、主人公がかなりデカイのでその小柄な体がよけいに可愛かった。ダンスがきっと好きですエンドロールでたくさん踊ってる姿にほっこり☺️「僕に話しかけにきてくれたの?」「me?!」って時のプロデュース可愛すぎた…主人公が謝りに行って抱きしめた時のハグの抱きつきかた…手がクリームパンで可愛かった。

    ただそれが終わってから現実に戻ると「あれ?結局…」って現象が(笑)

    教会や聖書がやたら出てきたので、やだな〜結局神頼み系になっちゃうの?って心配も吹っ飛ぶくらいのラスト。なんじゃありゃ〜〜😂主人公が人生の落ち目から這い上がるというより、ひとりの男のアルコール依存から立ち直ることがもはやメインかしらとか、大事なとこが粗削りで…野球もはやそんなだったよな〜

    なぜザブカたんをあんなことにしたんですかー!そこもストーリー粗削りだし不倫されて事故って急に一番不幸な人に…なぜだ。何より手術シーンで前髪だけチラッとでそのまんま…うそでしょ。ギブスはめて「sorry カルヴィン」と謝るシーンでさえもカメラがサーッと映してないっておい。可哀想じゃないか!

    彼の扱い雑すぎないかーー😭😭😭

    なにも悪いことしてなくても突然悲劇は起こるし人生の終わりは突然きますよってことで受けとっていいのかい?どういう意図だい?「なぜ祈るのかしら?」「祈っても叶うこともない。でもなんか祈ろう」主人公のパパ、娘への返答語彙力なさすぎるだろう。そこなんかとにかく祈っとこうぜ!でいいのかい監督。あとこのパッケージとタイトル『しあわせの隠れ場所』意識してますよね(そちらはまだ観たことない)



    昨日はFilmarksにないので記録できてない『パイソン』て作品観ましたけど、ザブカさんあちらもこちらも他の作品でも準主役的な感じで、大体主役がダニエルさんみたいな人ばかりなんですよね。そしていがみ合って空手を絡められてしまう宿命…今回はアクションなかったけど、やはりブロンドでブルーアイズは対極に置くにはちょうどいい扱いになってしまうのでしょうか。そういう色々がありながら執念でコブラ会で返り咲いてほんと良かったねと思うものばかりです。ってわたしも今まで気づいてなくてごめんよジョニー!

    2007年でも一度コブラ会同窓会やってたみたいで、No More Kings というアーティストさんの『Sweep The Leg』という曲でのMVで出演もしてるし演出とかもされたみたいです。かなりおもしろいのでよかったらぜひ(YouTubeで毎日聴いているというか観ている笑)

    ザブカさんのゴルフの素振りがなんだかおかしかったのと、不謹慎ながらギブスはめてるシーンがおもしろくて吹き出しちゃったのでそこだけで1億点です!

  • 3.4

    hidesanさん2021/02/22 23:35

    ありきたりだけどスッと心に響くストーリー。ダウン症のプロデュースに、心を癒される。しかし、アルコール依存症の父親。娘も良く耐えるなあ。映画の終盤は引き込まれました。最後は、???となる。そっちだったのか!!!と。

  • 4.2

    settunさん2021/01/07 22:56

    プロデュースがいたから周りのみんなが変わっていったし、ダウン症だからとかじゃなく人として優しくて明るくて最高のキャラしてた🥸❤︎
    頑張ろうって人に思わせるって誰にでもできることじゃないよね!キャンベルさんも家族や友人思いのいい人で、キャンベルさんだからこそプロデュースも救われたしいいコンビ!結構好きな話❤︎

  • 3.9

    EDDIEさん2020/10/28 01:21

    酒に溺れる元メジャーリーガーとダウン症の少年の交流を描くヒューマンドラマ。人は互いの事を知り、赦すことが重要だ。少年はなぜいつも聖書を携帯するか。ラストは感動的なフィナーレだが、もう少し丁寧に描くと傑作になり得た惜しい作品。

    この手の作品は多くの方に受け入れられそうなとても優しい物語です。
    かく言う私も大好きな部類。

    キャストは無名俳優ばかりで1人も知る人がいないですが、主演2人を中心にみんなとても素敵な演技をしていました。
    自身も自閉症であるデビッド・デサンクスの優しく明るい雰囲気が、全体的にトーンの抑え気味な作風に涼しげな風を与えていました。

    アルコール依存症に悩む主人公のカルヴィン・キャンベル。彼は元メジャーリーガーですが、肝心な場面で打てないことから酒に逃げていた模様。
    メジャーリーグから退いてからも、男一人手で娘のケイティを育てている苦労も見えます。だけど、やはりアルコール依存症の根深い問題は彼を蝕んでいるようです。

    ある日カルヴィンは近所のスーパーで懸命に働く自閉症の少年プロデュースと出会います。徐々に交流を深めていきながら、カルヴィンは自分の抱える問題と向き合い前に進んでいくという具合のストーリーです。

    物語はもちろん様々な紆余曲折があるんですが、それを垣間見ながらのラストシーンはとても感動的です。
    ただ不満点も少し残ります。

    ネタバレになるので言及は避けますが、あれじゃあ親友のミルトンが救われない気が…。
    聖書を前進するためのきっかけとしながらも、物語自体が命を軽視しすぎな感覚を覚えてしまいました。

    本当にラストが感動的な一方で引っ掛かりを残してしまうあたりが残念でした。

    全体的には主人公(娘から見るとパパ)と娘の恋人を対比的に映すのも上手かったですし、ハグや聖書の使い方も良かったんですが、それなのにそういう展開にするかぁと。ホントにそこだけ。あとは本当に素敵な作品でした。

    ※2020年自宅鑑賞290本目

  • 3.6

    ちろるさん2020/10/20 17:08

    プロ野球選手を辞めて、スポットライトが当たらなくなって、お酒に頼りっきりの自堕落だった生活、一人娘にも呆れられてどうにか威厳を取り戻さなきゃいけない。
    そんな時にスーパーで話しかけてきたのがダウン症候群の青年プロデュース。
    はじめはちょっと興味本位だったであろうカルビンも、プロデュースの明るさ、真っ直ぐさに何か感じる事があったのでしょう。
    野球をしてみたいというプロデュースに付き合ううちにカルビン自身が自分の居場所を見つけていくような過程が丁寧に描かれてる。
    そして、とにかくプロデュース役のデイビット・デサンクティスの演技が素晴らしい!
    彼から放たれるなんとも言えない癒しのオーラは、画面からと伝わってきて彼が出ているシーンは自然としあわせな気持ちにさせられます。
    ちなみにカルビンがプロデュースと出会ってなんとかアル中から立ち直りそうになるも、また弱さによって振り出しに戻ってしまうというアルコールの怖さも描かれてる本作、とんとん拍子に「しあわせの灯る場所」に2人で向かうのかと思いきや、まさかのラストの展開、なかなか複雑な気持ちにさせられました。
    すごくいい話なので、ラストはもっと丁寧に描いてくれればより良かったのかなーとか、演出がちょい残酷?とは思いましたが、プロデュースの笑顔が癒されるので、優しい気持ちに包まれたい時にオススメの作品です。

  • 3.8

    Momonaさん2020/09/06 15:20


    ダウン症に対する周りの目とか
    クソみたいな男の感じとか
    希望を失った父親の感じとか
    リアルで 最後は 感動した

  • 4.0

    Naoさん2020/08/13 16:59

    アル中の父親とスーパーで働くダウン症の青年との交流を描く。確かにダウン症のプロデュースの笑顔は輝いてた。父親にも共感して何故だか結構響いた。

  • −−

    陸奥ヌメ吾郎さん2020/07/23 00:15

    ‪しあわせの灯る場所‬
    ‪プロデュースの人としての懐の広さ、強さが関わる人全てをポジティブに変えていっただけにハッピーエンドともバッドエンドともとれる終わり方で色々考えさせられた深く、そして素敵な映画だった。‬

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す