お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

黒衣の刺客

G
  • 字幕

愛を知り、哀しみがうまれる。第68回カンヌ国際映画祭<監督賞>受賞!

唐代の中国。13年前に女道士に預けられたインニャンが戻ってくる。両親は涙を流して迎え入れるが、美しく成長した彼女は暗殺者に育て上げられていた。標的は暴君のティエン・ジィアン。かつての許嫁であった。どうしてもティエン・ジィアンに止めを刺すことができず、インニャンは暗殺者として生きてきた自分に情愛があることに戸惑う。「なぜ殺めるのか」と、その運命を自らに問い直す。ある日、窮地に追い込まれたインニャンは、日本人青年に助けられる…。

詳細情報

原題
刺客 聶影娘/The Assassin
音声言語
中国語
字幕言語
日本語
制作年
2015
制作国
台湾/中国/香港/フランス
対応端末
公開開始日
2016-03-01 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

時代劇・歴史劇洋画ランキング

黒衣の刺客の評価・レビュー

3.4
観た人
1172
観たい人
1350
  • 4.0

    ホラーskさん2021/02/27 15:21

    ストーリーを大雑把にしか理解できず、妻夫木聡の役すら分からなかった。
    解説を読んでもそこまで凝った設定でもなかったが、それを補って余りある程の魅力的な映画だった。

    絢爛な衣装や建物、それとは対照的に壮大な、或いは長閑な自然風景が印象に残る。

    女暗殺者が好きな方、静かな武侠映画が好きな方へおすすめです。

  • 3.2

    マーくんパパさん2021/01/31 22:21

    侯孝賢作品、期待して観たけど登場人物の説明が足らずに阿吽の情を理解し難い。幼い頃から暗殺者に仕込まれた女刺客が暴政をひく従兄弟の藩鎮の命をつけ狙うが情に絆され指命を放棄する。悠久の各ロケ地の魅力はあるが、妾も正妻も区別つかないたようではストーリーの核心にのめり込めない。

  • 4.0

    babaちゃんさん2021/01/22 20:05

    tvを新しくしたら観ようと思っていた。映画館で視るべき作品だなあ。
    物語は単純、映像美を観る映画かな。
    物語はゆっくり静かに進んでゆく。自然音のみの美しい映像。

    スー・チーのみならず中華俳優のアクションは凄い。
    素敵な主公チャン・チェン。鍾馗様にそっくりな風貌ニー・ダーホン。
    雅楽と舞の場面は妻夫木君の日本での婚礼。
    遣唐使でやって来た青年が鏡磨きをしながら放浪ということらしい。
    映像だけでは分からないわ~。

  • −−

    かふちゃんさん2020/12/28 22:17

    題名から激しいアクション映画かと思いきや、めちゃくちゃ静かな作品。

    風景や衣装は綺麗だけど、テンポの悪さとストーリーのわかりづらさ、セリフも音楽も少なくて寝落ち。見直すのも止めました。

    私には高尚すぎた。

  • 4.9

    STARLETさん2020/12/17 03:39

    「情」を捨てきれない刺客を描いた、美しき武侠映画。

    ストーリーは意外と単純なのですけれども、表現が詩的であるため、観る人によっては理解し難いらしく、フィルマークスの総合点は低くなっております。
    (※確かに一般受けはしないと思います)

    また予告編を観ると、アクションシーン満載に見えますけれども、アクションシーンはオマケ程度。
    それよりも自然の美。室内装飾や風に揺れる間仕切りの布、衣装。役者の佇まいや「間」。光、炎、風、花、水の表情。等、匂い立つ詩情にて観る者を作品世界へと誘い、贅沢、且つ静謐な時を齎してくれます。

    特に武侠小説を好む人にとっては全編に渡り、たまらない映像の連続ではないかと思います。
    また、監督が台湾育ちであることから、「金庸」よりも「古龍」寄りの世界観と感じました。


    切り裂くは、人の命か、この世の闇か
    情捨てきれぬ刺客の道に、光は射すか
    追い求めるはただひとつ、愛の温もり



    予告編

    https://www.youtube.com/watch?v=p9tw4g-TCe4

  • 3.7

    LaserCatsさん2020/09/22 16:31

    アクション映画としては少し物足りなく、人間関係も分かりやすかったとはいえないけど、大変美しい映画だった。

  • 3.7

    Saadiyatさん2020/07/20 22:04

    美しい映像、長回し、同じところからのカメラ、陰影。抑制の効いた枯れた味わい。台湾人の取る中国時代劇。汚いところが一つもない。
    ストーリーが分かりにくくて困ったがそんなことはどうでも良い映像美に満足でした。

  • 3.0

    にいいぃぃぃさん2020/05/24 20:37

    久々に話の追えない作品を観た気がする。画面の中に揺らいでるものが何か一つ有れば観てられるもんなんだな。いくら武侠映画とは言えまさか侯孝賢の映画でああいうジャンプカットが使用されるとは思わなかった。

  • 4.4

    安堵霊タラコフスキーさん2020/05/08 13:31

    発表された当初は侯孝賢久々の新作ってことで歓喜した記憶のある作品で、映像には期待以上のものがあったものの改めて考えてみてもやっぱ侯孝賢作品で最も難解という結局何だったのかと疑問を抱いてしまう映画。

    何処か牧歌的ながらも胡金銓のオマージュが感じられる武侠映画っぷりは嫌いじゃないどころかむしろ好きだし、映像面における文句が全然見当たらない点は流石の侯孝賢って具合だったが、映像に気を取られて物語を疎かにしてしまうと終幕が唐突に訪れてしまうので狐につままれた気分になる。

    映像に絵画的な良さがあるだけでなくアクションも冴えた映画として満足度は高いのだけど、それ故に終盤少し躓いたのが惜しかった。

    あとこれまた物語を追っていなかったが故の疑問だけど、妻夫木のキャラって本当に必要だったのかな?

  • 4.2

    つるももさん2020/05/03 00:21

    こんな上品な映画を見たことがあっただろうか..
    とくに、ジレンマの描き方が・・・
    素晴らしくてため息がでる

    音、光、自然、削がれた台詞

    永遠に見ていられそう。
    夢みたいだった...

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す