お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

バクマン。

G

友情、努力、勝利、そして恋。目指せ、ジャンプの頂点。

『DEATH NOTE』の原作者・大場つぐみ&小畑健による大人気コミックを、「モテキ」の大根仁監督が実写映画化。高い絵の才能を持つ高校生の真城最高(サイコー)は、同じクラスの秀才・高木秋人(シュージン)から一緒に漫画家になろうと誘われる。プロの漫画家だった叔父を過労で亡くした過去を持つ最高は漫画を描くことを拒否するが、想いを寄せる声優志望のクラスメイト・亜豆美保(アズキ)と交わした約束をきっかけに漫画家を目指すことに。週刊少年ジャンプでの連載を目標に漫画づくりに励む最高と秋人は、編集者・服部に見出され漫画家としての第一歩を踏み出す。しかし、そんな2人の前に同年代の天才漫画家・新妻エイジが現われる。

詳細情報

関連情報
原作:大場つぐみ,小畑健(「バクマン。」ジャンプ・コミックス/集英社刊)
音声言語
日本語
制作年
2015
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2016-04-05 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

バクマン。の評価・レビュー

3.6
観た人
80619
観たい人
18305
  • −−

    iさん2021/06/17 23:57

    エンドロールの見せ方も楽しい
    小松菜奈の圧倒的ヒロイン感
    染谷くんが全部持っていちゃう
    ペンが走る音、紙の捲る音の心地よさ
    アイデアが湧き出る感じ
    観ていて楽しかった

    絵が描けるっていいな
    羨ましい
    漫画って凄いね
    素晴らしい文化

  • 4.0

    しなちくさん2021/06/17 19:32

    原作読んでないけどめっちゃ面白かった。なんだかんだこういうスポコンっぽい王道のストーリー大好きです。
    ペンを走らせる音や紙のめくれる音が心地よかったし、ポンポン進むストーリーも映画として見やすく出来ていたと思う。エンドロールまで楽しめて嬉しかった。
    原作を知っている人からの評価が低いっぽいので、逆に原作も読んでみたくなりました。

  • 4.0

    Sumireさん2021/06/16 20:22

     漫画家という職業の大変さがよくわかる作品。読者には見えないところで本当に苦労してんだな...。
     ジャンプ漫画の実写化としては大成功だと思う。スピード感がある展開で、あっという間に見終わった。所々にスラムダンクやデスノート、進撃の巨人...有名漫画が出てきて漫画好きの人は「ああ〜ね」ってなるね。面白かったなあ〜。エンディングの新宝島とスタッフロールも最高。
     友情、努力、勝利!!!

  • 4.0

    瀬良駿太さん2021/06/16 18:05

    「こんな青春を大人まで抱えて走っても良い」と思える映画
    ジャンプの三大原則
    「友情、努力、勝利」をめちゃくちゃ詰め込んでるこの作品を実写でやっても胃もたれせず、気持ちよくみれたのはこの監督の見せ方が上手いと思う

  • 3.3

    bluemercenaryさん2021/06/16 09:33

    面白かった。
    「こんな青春が有ってもいいじゃん」
    この一言でOKな秀作だと思う。
    ジャンプ王道の「友情・努力・勝利」を地で行くベタベタなストーリー展開。
    無難を選んだのか、意図したのか解らんけれどこれが正解だった。
    情熱の矛先が一直線ならばその辺はシンプルに限る訳で、CG多用した演出も悪くなかった。
    劇中から奇をてらったエンドロールまで、マンガで育った大人が作ったマンガ愛に溢れた青春物語。

  • 3.0

    Taulさん2021/06/15 20:34

    『バクマン。』鑑賞。大根表現が冴え渡る。創作活動のイメージ描写は痛快でジャンプ編集部や作業場再現も凝ってる。脇キャラも楽しい。ただ面白さと同時に突き刺さらない感じも。世界観の構築に忙しくて主人公達の挫折や成長が見えにくいせいか。綺麗にパッケージングされた青春&漫画家ファンタジー。

    『バクマン。』は原作未読。ドラマが惜しく感じたのが話に絡めたジャンプのテーマの3つ目と僕が青春映画に求めるものが違うからかも知れない。現実の厳しさや大人の事情のため○○を掴めない展開が好きだ。彼らに輝かしい過去はできたが明日は生まれたのだろうか。

    『バクマン。』でも大根監督の映像演出はさすがに面白い。漫画制作をイメージ描写でぶっ飛ばす疾走感。具体的な切磋琢磨の小さなエピが噛み合うと最高だったかも。手ぶれ、照明差、超アップ、筆の音など多彩な演出も意義を感じた。それとサカナクション。主題歌だけでなく劇伴も合ってて良かった。

  • 3.5

    つくしさん2021/06/15 20:23

    ちゃんと映画として綺麗なのがすごい。
    漫画の映像感?がすごい。小畑さんの仕事量にただただ感服。
    新妻エイジの解釈違い感は、映画としてまとめるにはしょうがないのかなぁと思った。
    ずっとジャンプ読んでる身としては、出てくる作品がひたすらエモかった。
    あとこの作品で確信したんだけど、私はもう辛そうな佐藤健を見たくない。

  • 4.0

    iRさん2021/06/14 15:47

    某仮面の「それは私のおいなり…」に笑った。学生時代に漫画書いてた人間としてはGペンの描きにくさとか、分かる!
    そして思った以上にASMR映画だった!マンガバトル等の演出やBGMはもちろん、ペンを走らせる音、紙をめくる音、とてもよかったです。さすがサカナクションというべきか。
    (なぜか)期待値低かったんですが、結構おもしろかった!
    2021_214

  • −−

    こうじさん2021/06/13 22:35

    ただ漫画を描くだけの地味なシーンをどうやって見せるか

    コマが浮き出したり、ペンの音が音楽になったり、アクションシーンにしたりして楽しめる

    原作の夢が叶うまで会わない、が無いのは残念

    新妻、変人感足りないかな?

    キャスト発表時には、見た目的には逆じゃない?と思ったキャストも有り

    本棚の漫画がスタッフロールになっていたり、細かい所までよく出来ている

    尺の都合上中途半端になった所が有り残念

  • 3.8

    sakiさん2021/06/13 18:44

    原作は読んでないけど面白かった!
    漫画家たちの、キャラが濃いけど嫌な人はいない感じが見やすくて良かった。
    漫画描くの大変そう、、

    あと小松菜奈ちゃんがかわいい💠

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る