お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

アイアン・メイデン 血の伯爵夫人バートリ

G
  • 字幕

ヴァンパイア伝説のモデルともなった貴族エリザベート・バートリの生涯を描く、歴史宮廷スペクタクル巨編!

中世のトランシルヴァニア公国で最も有力な貴族であったエリザベート・バートリ(1560-1614)の波乱に満ちた一生を描く大河ドラマ。若くしてオスマン戦争におけるハンガリー軍司令官フェレンツと結婚。彼は英雄であると同時にその残忍な性格でも知られていた。戦争で城には滅多に戻らず、戻っても侍女たちと思うがままの肉欲に耽る有様。一方のエリザベートは夫の不在中に若き宮廷画家と恋仲となる。しかし彼女はその不安定な精神状態からやがて残虐な性格を現し始める。青年画家を弄び、やがては侍女たちにも手をかけるようになる。1604年の夫の死後、広大なチェイテ城を自らのものとし強大な権力を得た彼女は、また同時に黒魔術にもはまってゆく。正統な遺産相続人もいない彼女の、常軌を逸した振る舞いに目をつけたのが、ハンガリー王家であるハプスブルク家であった。ハプスブルグの騎士団がチェイテ城に侵攻を試みるも、優秀な戦士でもあるエリザベートは容易には屈しない。業を煮やした王家は、ついにある陰謀を企てる…。

詳細情報

原題
Bathory
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2010
制作国
イギリス/ハンガリー/チェコ/スロヴァキア
対応端末
公開開始日
2016-04-04 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330

時代劇・歴史劇洋画ランキング

アイアン・メイデン 血の伯爵夫人バートリの評価・レビュー

2.8
観た人
90
観たい人
376
  • 2.8

    kidさん2020/11/11 22:07

    まって、ほんとにカラヴァッジョと親交あったとしたらめっちゃ胸熱なんだけど…
    って話はさておき、

    エリザベート・バートリはやべえやつ、としか思ってなかったけど、こういうの見ちゃうとなんだか気の毒に思うなー

    いろんな陰謀渦巻く中で、彼女と一族の失墜を目論む人たちの手で、悪の象徴のように仕立て上げられてしまったのかななんて思ったり

    “人は伝説を好む”
    なるほどね
    アリエナイダローと思いつつ、とっぴな話はやはり興味をそそるものですから

    とにかくハンガリーに行ってみたいし、チェイテ城見てみたい
    ほんとうにおそろしいことが起きた城なのか、雰囲気を感じてみたい!

    この映画のエリザベート・バートリは強くて立派な女領主!って感じで、今までのイメージガラッと変わったな〜
    誰か!私に真実を伝えて!

  • 2.2

    QUENZEさん2020/03/24 20:27

    見てる人少ない^ ^;
    エリザベート・バートリを題材にした映画。これ日本では劇場非公開だったのでしょうか。
    見ていくうちにどんどん話の展開が早くなって、途中から少しあやふやになりつつもなんとか見終わった。
    連続殺人やら吸血鬼など異名を持つ伯爵夫人だけど、1500年代の頃の話なので事実半分に盛り付け半分。
    しかしこの時代のハンガリー貴族の衣装がおもしろい。スカートとか、ウィッグとか(ジャケ写でわかる通り)かなりボリューミーです。

  • −−

    Synovuさん2020/03/01 22:40

    記録用。2017/9/10
    こういう実在の人物の映画は、結末が決まっているので余り好きではないが、かなり壮大に中世を描いていて見応えがある。ただ肝心のバートリの描写が要所要所でぼんやり。残忍な暴君ではなく、陰謀で汚名を着せられる悲劇の女性。想像と違うがいい作品。

  • 1.5

    Megさん2019/06/16 20:06

    邦題詐欺。アイアンメイデン出てこないし、血の伯爵夫人でもない。エリザベートは悪くなかったって解釈の時代劇。期待させる方向が最初から正しかったら面白く見れたと思うんだけどね。

  • −−

    Loさん2019/05/19 12:06

    That wasn’t a story that I was expected. I wanted to see the detail of her cruelty.

  • −−

    ninaさん2018/09/05 14:40

    なんかのテレビでエリザベート・バートリについて知って、その残虐さに驚いて興味持って見たんだけど、まあ生まれながらにして酷い人だった訳じゃないよねっていう。バートリを一人の女性として、新たな見方で見れたのが良かった。当たり前だけどテレビとかではその残虐さにしか触れないから。前見たマリー・アントワネットの映画と伝え方は似てるかな でもこっちのほうが見てるの何倍も苦しくて辛い

  • −−

    針鼠さん2018/08/18 20:56

    2015:09:20 
    ★★☆☆☆ バートリは有名だけど、大抵はバートリだけが焦点化されて書かれているので、この映画では、バートリを取り巻く当時のハンガリーの情勢(オスマン帝国との戦いとか宗教対立とか)も含めて、包括的に描かれている点が面白かった

  • 2.5

    レクさん2017/09/09 12:54

    夫を待ち焦がれ美を追求するがあまり非行へと走った歴史に翻弄された孤独な女性の物語。

    かの有名な拷問器具、鉄の処女。
    若い女の生き血を取るためだけに作られたという伝説もある。
    生き血を飲んだことから吸血鬼伝説のモデルともなっている。

    自分の若さを保つ為に600人の女性を殺した大量殺人鬼であり、また夫を美しい姿で迎えたいと待ち焦がれる女心を持つ哀しき女性でもある。
    今作は陰謀説を取り入れ、残虐性という視点よりもエリザベート・バートリというひとりの女性の妻として、母親としての生き様を描いた伝記映画でした。

  • 2.5

    るなさん2017/09/05 17:56

    残虐さを描くのかと思いきや、全然そうでなく、むしろ可哀想な感じで描かれているので
    彼女の残虐ぶりを見たい人はヤメたほうがよさげ。

  • −−

    電気羊さん2017/08/12 21:00

    彼女のエピソードは有名なので、そういった類のファンの方には退屈に感じ、初めて知った方にはただの残酷な作品と感じる映画

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す