お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ザ・マスター 宋師

G
  • 字幕

カンフー最強の門派といわれる蔡李佛拳の創始者、陳享の壮絶な生き様を見よ!

世界で最も普及している中国拳術“蔡李佛拳(さいりぶつけん)”の創始者、陳享(チェン・シャン)の若き日を描いたカンフーアクション映画。 舞台は19世紀半ば、清朝末期の中国。イギリスを初めとする列強国の侵攻、政治の腐敗、アヘンの蔓延で、民衆は疲弊していた。武芸に秀で、沈着冷静な中にも熱い正義感を秘めた若き武術家チン・シャンは、若者たちの心身を鍛えるために道場を開く。それと同時に、仲間を集めて世の中を変えていこうと模索していた。ある日、他流試合で屈強な外国人たちを次々と倒す彼の姿を見た清朝廷の親王が、彼の腕を見込んで政府のために働くよう持ちかける。 しかし、チン・シャンが堕落した役人たちのために働くことを断ったため、横暴な親王に母親や門弟たちを人質に取られてしまう。愛する者たちを取り戻すため、彼はひとり、壮絶な闘いに挑むのだった!

詳細情報

原題
THE MASTER
音声言語
中国語
字幕言語
日本語
制作年
2014
制作国
中国
対応端末
公開開始日
2016-04-04 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

中国映画洋画ランキング

ザ・マスター 宋師の評価・レビュー

2.1
観た人
24
観たい人
5
  • 2.0

    JangDuxPanchamaさん2020/07/24 03:17

    時代背景が悲しい。
    中盤までは、かなり崇高に流れてゆくのですが、それ以降は別物ぐらいに。
    英雄、林則徐の名前が一瞬!

    誰しもが幸せになる権利を持っている。

  • 2.0

    ぎんつばさん2019/10/06 11:03

    間違えて借りた
    本当はイップマン外伝のマスターZを借りたつもりだった

    せっかく借りたので見たけど酷い映画
    有名なカンフー家の物語らしいが、ここまでつまらなく作られて可愛そう
    お金のないインディーズ作品みたい

  • 1.3

    かんふーきゃっとさん2019/04/28 23:21

    ※基本愚痴と悪口なので注意


    中国政府が愛国心を育てるために国策で作らせているのでは?と思うほどに綺麗事ばかりでエンターテイメント性に欠けた作品。アクションは動けそうな人間が居るのに殺陣とカメラが下手でカット割りも細かく見辛い。

    最近の中国映画には見た目が綺麗で音楽も壮大なものが多い。しかし映画としての出来が極端に悪いものもその点は同様で、チープでないことがかえって可愛げすら奪っている感がある。言い換えると着飾ったクソ映画。今作も色味や衣装は綺麗だが、役者が徹底的に大根で笑えない。メイン以外はエキストラレベルで台詞は棒読み、歩の進め方から腕の上げ下ろしまで下手で見ていてゲンナリしてしまう。乱闘シーンにも関わらず締まりの無い顔の者もいる。昔の香港映画でもそんな場面は確かにあった。どこが違うのか。私が思うに制作の目的だろう。香港映画はとにかく凄いアクションをやりたいという熱意で作られていた。格闘以外が手抜き過ぎてピーキー仕様だったことは確かだがファンは楽しんだ。対して今作は分かりやすくウケそうな要素を安易に固めただけにも見える。カンフー場面は既視感に溢れ、パクリ元よりも二回りほどクオリティダウンした映像の後ろで無駄に荘厳なBGMが鳴り、感動を無理矢理煽ろうとしているのだなと気が滅入る。作っている側も楽しくなかったのでは?などと思ってしまう程にどこに力が入れられているのか分からなかった。

    邪推が多分に含まれたレビューとなってしまったが、他のレビュアーの方が「もしかするとTVシリーズの再編集ではないか?」と仰られていて、成る程そうかもと思いました。

  • 1.7

    mz5150さん2018/03/17 00:47

    コレは映画か?低予算無名の役者達演出が稚拙不自然なフェードアウトなどTVシリーズを再編集したと思える箇所が多々あった。

    政府の検閲が伺われるセリフもある。映画としてクソレベルだが、あまりにも撮影が稚拙で退化して40年前のクンフー映画を見てる錯覚が起きた。

    本土製作は何かジャケにマークを入れてくれ、覚悟して見るから。

  • 3.4

    くぅーさん2017/10/05 14:41

    詠春拳のイップマンを描いた『グランド・マスター(一代宗師)』と被ってるタイトルだが、こちらは同じく中国では名の知れた蔡李佛家拳の陳享(チェン・シャン)を描いたドラマ。
    ワイヤー・アクション等はほとんど使わず、とても真面目に描いていて、古めかしい感じはするが、最近の派手さに慣れてただけに、その真摯さな作りに逆にかなり好感が持てる。
    主演のシー・ホンポーもきっちりと技を見せてくれてるし、カンフー好きなら見ておいて損はない一本かと。

  • 1.0

    AkiyoKamedaさん2016/08/14 23:27

    激ヤバ。
    付き合いで一緒にみたけどわらける事もなく終わってる。
    カンフーってなぜにこーなんでしょー?笑

  • 1.0

    rkasaiさん2016/05/04 08:34

    中国、武道ものとしてのフォーマットそのままでおもしろいものはほぼなし。戦闘シーンとしての迫力もなく、ストーリーとしてのうねりもない。
    果たして、はじめの方に師匠が教えた秘伝は何だったのか?伏線もなかった…
    なぜこの作品を作ろうと思い、作り上げることができたのか。なぞだ。あと、音楽も単調でしかない。

  • −−

    マーベリックさん2016/04/25 23:45

    これでもかーって言うくらい大根。全員大根。外国の言葉であんまり感じたことないんだけど、これは大根だ!とずーっと思ってた。
    酷いを通り越し、眠気も素通り、もう怒りしかありません。
    これでも殺陣がかっこよかったら文句はないだよ。でも文句しか出てこねぇ。
    タイトルが違うけど、どうでもいいね。

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す