お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ことの終わり

G
  • 字幕

ふたりの恋を終わらせた「第三の男」の謎。ニール・ジョーダンが描く、切ない官能ラブ・ストーリー。

1940年代、ロンドン。作家モーリスは美しき人妻サラと密かな逢瀬を重ねていた。だが、突然の激しい空襲に見舞われたその日、「愛は終わらないわ。たとえ2度と会うことがなくても」と謎の言葉を残し、サラは姿を消す。2年後、モーリスはサラに新たな浮気相手がいることを偶然知る。彼女の残した言葉は何を意味していたのか。新たなる第三の男とは誰なのか。そしてついに、想像すらできなかった愛の真実が明かされる…。

詳細情報

原題
THE END OF THE AFFAIR
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2008
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2016-05-13 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

ことの終わりの評価・レビュー

3.3
観た人
697
観たい人
595
  • 3.6

    生酒冷造さん2021/11/28 10:10

    一人の男の独白から始まる。
    親友の奥さんとの熱い日々。しかしある日を境に二人の関係は終わる。納得いかない男は独占したいが為に様々な歪みを生じる。が、男は知らない、彼女には別に思いを寄せる存在がいた。。

    映画「アヒルと鴨のコインロッカー」を見て、一人の女と関係のあった二人の男のストーリーならこれもあるなと。。
    ただ、こちらのストーリーはダンディズムにして闇ですが。。

    少々変なイメージですが、一人の女性を間違いなく愛してる者同士の交流+ミステリアスな映画で良かったです。
    ですが、見ていて、「引き際が肝心のいい歳の大人が。。」と思えますが、逆に俳優陣とのガチさがあるゆえ、余計に陰湿に見えます。
    ましては不倫男は旦那を見下す。
    男の発想は野生動物地味てるかもしれません。
    けど、その気持ちもわかる(笑)。
    相応しいと選ばれたような感覚。
    でもまあ、別の男を選ばれた訳ですが。。

    政治家が女で身を滅ぼす様な展開になるかなと思いきや、ストーリーは意外な方向に舵を切り、女、旦那、不倫男の同居生活。。
    この座り心地の悪さがなんとも(笑)。。

    宗教色・奇蹟等もあるので、否定派には受けいられないかもしれません。
    何を見て信じるか、尊大なエゴの決着はどうなるか?
    しかし、真に清き心とは決してうわべに宿るものでなく、行動に宿るのかなと感じますね。

  • 2.9

    haramouthさん2021/11/17 18:14

    いい声でドボドボしゃべるおっさん ことレイフファインズ、若いころはこんなに美しかったのね…。瞳がとっても綺麗で、視線がねっとりとロマンティック。若く情熱的な小説家の役がぴったりなのであった。

    結婚生活に愛は不在で、不倫にこそ真実の愛を見出すという中世ヨーロッパの宮廷みたいな恋愛観。
    受け付けない人も多かろうな…。

    夫、妻、主人公の三角関係と思いきや
    夫、妻、神、主人公の四角関係なのは驚き。
    夫ヘンリーは精神的に病んでるんだけどあまり深く描かれず、なんとなくアンバランスな印象。
    この物語の真髄は原作小説にあるんだろうね…読みたいとまでは思わないけれど…。

  • 2.8

    nawyさん2021/11/13 06:26

    不倫ものの恋愛映画。正直、内容は響くものがなかったな。純愛って感じもしない。

    ジュリアン・ムーアは美しかった!

  • 2.0

    にわかふわんさん2021/10/11 21:56

    ヴォルデモート(レイフファインズ)の若い頃の作品
    私の大好きなジョセフファインズの兄のようです。
    内容は、うーん…🤔見たって記録だけ。
    でもジュリアンムーアが美しい✨

  • 3.0

    MariaElenaさん2021/09/27 01:07

    ジュリアンムーアやから観た!
    不倫はあかんけど戦場とは切り離して考えたいというかさぁ・
    【不倫・戦中・宗教】
    と組み合わせたら正しい判断ができんやんってなった💭
    不倫はあかんことやのに戦中で大変やから私たちはそれだけ本気よ的な感じ出るやん?

    そしてそもそものストーリー設定に共感できんかった。私なら一回でもパートナーが不倫してるのを見たら慰謝料もらって即刻離婚。


    2021年 490本目

  • 3.6

    tuさん2021/09/20 08:18

    戦時中という重き時代背景に美しい男と女。透明感漂う映像美、繊細な身のこなしや、裸体と色彩感覚に目を引く。
    密かな逢瀬と情事に溺れ、貫く愛と奇跡に生まれる信仰心、そして、神のもつれに男の嫉妬と憎しみ。
    レイフ·ファインズは「イングリッシュ·ペイシェント」然り、不倫ものが良く似合う。

  • 4.8

    野口桂子l渡辺浩平さん2021/09/06 22:29

    オーオー……。


    オー……。


    信仰に目覚めたことで愛する人から離れたのではなく、題名「ことの終わり」の「こと」を指す、自己を満たすためだけの一方的な愛(作家が彼女に抱いていたような肉欲のようなもの)から→他人や世界のために自らの肉体をも犠牲にするという「無償の贈与」という意味での愛を知り、それゆえに彼女は愛していた人から離れたのだ。
    自分と相手だけのミクロな愛で生きていた彼女が、世界中を包み込む大いなる愛の存在、神の存在を知り、自らを差し出すことで世界に(結果的に愛する知人に)平和もたらそうとするその「姿勢」たるや……オー……。
    作家と夫は、彼女を通して真の姿を見せ合い、本当の友となる。探偵親子は偵察によって彼女に心打たれ、子供はアザを消してもらう(実際には触れるだけでアザが消えることはない。アザは各個人が持つコンプレックスや悲しみのメタファーである)

    しかし重要なのは、
    彼女の考えや行為が表沙汰にならなければ、メモによって男たちに、そして我々に明かされることがなければ、我々は彼女をただの浮気好きのアバズレとしか(メモを見る前の作家のように)見ることができないということである。

    果たして、(別に信仰どうこうではなく)彼女のような尊い人間がどれだけ存在していて、そのうちどれだけが他人に理解されないまま死んでいっているのだろうか。

    そんなことを考えてしまうと、疲れてしまって、

    オー……。

    オー……。

  • 3.5

    ハスキーさん2021/07/16 17:42

    不倫ものなので好き嫌いは分かれそうです。
    映画は娯楽なんだから、いいんだよ、割り切れる方ならお勧めです。

    レイフファインズって本当に色っぽいなあと感じた作品でした。

  • −−

    のりまきさん2021/06/28 08:34

    レイフ・ファインズのヤツめ、性懲りも無く不倫を・・・と思ったらオカルト(?)ものであった。
    情事のさなかに爆撃で命を落とした恋人のためにサラは「彼を返してくれるならば二度と会わない」と神に祈る。直後に息を吹き返した男を見て誓いを守ろうとするが、男はそれを心変わりと誤解する。
    神の無き身が要約すると↑こうなっちゃう。更にそっから「今どき取引によって命を云々するなんて神って言うより悪魔じゃーん。」とか思っちゃう。
    だってニール・ジョーダンだし。

    『ホミサイド』のカメラマンが探偵で出てるのと、同居を許す夫の弱弱しくも太っ腹なキャラが面白い。

  • 3.1

    Chaamさん2021/04/28 10:46

    レイフファインズ見たさに鑑賞。

    うーん、特にこれといって響くものはなかったのは、原作を読んで無いからかなぁ😓

    不倫モノとか、あんまり共感できなくて…すみません💦

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました