お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

ドリームホーム 99%を操る男たち

G
  • 字幕

リーマン・ショック後の社会問題をリアルに描く、骨太サスペンス!!

フロリダ州に暮らすシングルファーザーのデニスは、日雇いで働きながら、母親と息子を養う平凡な男。だがある日、自宅に保安官と不動産業者が突然押し掛け、一方的に立ち退きをせまられてしまう。彼は大不況のあおりを受けて住宅ローンを滞納し、裁判所から自宅の明け渡しを命じられていたのだ。立ち退きまで2分間の猶予しか与えられず、なけなしの貴重品をかき集めたデニスは、母親と息子を連れてモーテルに転がり込む。そして悲しみに暮れる間もなく、職探しに奔走する彼を雇ってくれたのは、皮肉にも自分らを自宅から追い出した不動産業者のカーバーだった。彼は住宅差し押さえビジネスで巨額の富を築いた悪辣な男だが、デニスは自宅を取り戻したい一心で、その仕事に加担していく。だがその非情なビジネスは彼の価値観を少しずつ狂わせていき…。

詳細情報

原題
99 Homes
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2014
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2016-06-01 20:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス洋画ランキング

ドリームホーム 99%を操る男たちの評価・レビュー

3.5
観た人
1356
観たい人
1774
  • 3.5

    ゆっけさん2020/05/24 16:14

    リーマン・ショック後のアメリカで起きた実話。『マネー・ショート』ではマクロな経済の話で進みますが、こちらは、そのサブプライムで破綻した家族のミクロな話。

    本来貸せるはずのない人たちに住宅という夢を見させて、住宅ローンに苦しませる。その弱みを持って、ハイエナのようにビジネスとして生き残ろうとする男たちの物語。

    仕返ししようとして、自分がされたひどいことを、他の人にしてしまうんですよね。両親の呵責に悩む主人公のアンドリュー・ガーフィールドがハマっています。

    日本とアメリカでは住宅事情も違うかと思いますが、マイホームを得ることが、幸せのステータスになる時代は終わっていると思いますし、よくよく考えてお金を借りないと、悪いやつらに騙されることになるよという教訓を教えてくれます。

    理不尽に強制退去されるシーンは見てられない。

    ラストの終わり方は個人的に好きでした。顔で語ってくれます。

  • 3.6

    おたしんさん2020/05/18 00:29

    ずっと不快。ラスト特に不快。
    このタイプの胸糞あんま見てきてないかも。

    不動産の知識がないから詳しいことは分からないけど、
    違法になるかならないかギリギリのところをうまくやってる。
    正直グレーゾーンのビジネスなんて現状山ほどあるから何とも言えない、リアルだった。
    稼げるかもしれないけどリスクも高いから俺には絶対無理…。
    他人が困ったり悲しくなることはできないな…恨みは買いたくないです。

    自分がやられて殺意まで芽生えたことを今度は自分がやっている。
    どんどん自分を追い込んでつらくなってた。
    家族のためにお金が必要で、
    お金のために仕事が必要で、
    仕事のために犠牲が必要か。
    結局お金を得たもののそれ以外を失って。
    後悔なんてもんじゃないだろう。
    善悪の判断に迷い躊躇するデニスは優しすぎた。向いてなかった。

    完全に振り切っていて精神面が鍛えられてるリックはある意味すごい。
    ビジネスに向いてるというか本気なんだろうなぁ。
    恨まれまくってる彼の気持ちは計り知れない。

  • 3.7

    wii0513さん2020/05/16 12:31

    悪人になるのにも強い精神力が必要。社会を引っ掻き回したリーマンショックの爪痕を垣間見る。

    サブプライム住宅ローンの不良債権化による住宅の差押えを背景に、主人公は貧困に喘ぎぐ中、悪どい不動産業者の手足となって自分と同じ境遇の人々を食い物にする物語。

    不動産業者の社長は違法行為にも手を染める悪だが、非常に割り切っていて清々しくカッコいい。しかし、主人公は情を捨てられず葛藤し、金銭欲と人情のバランスが崩壊していく。その様はみっともなく惨めに映る。

    一時期社会を席巻した、住宅ローン問題に突っ込んでいる点は評価されるべきであるし、ヒールはカッコ良い。映画の尺の都合上仕方ないのだが、制度や儲け方の細かい描写が少ないのが惜しいところかな。

  • 4.0

    毒苺さん2020/05/11 12:30

    序盤から胸がキリキリ痛んだ。
    ここで終わり?と吃驚したが、この後の展開を思うとまた後味が悪い。でも妙に現実味がある。

  • 3.3

    BoltsFreakさん2020/05/06 09:06

    リーマンショックの引き金となった低所得層をターゲットにしたサブプライム・ローンにまつわる住宅差し押さえ、強制退去の生々しい実態を描写した作品。

    現実とは言えアメリカの住宅問題の恐ろしさ、異常さが垣間見え少し気分が悪くなる作品。。

    ま、これが現実といえばそれまでだけど……

  • 3.6

    taikiさん2020/04/25 21:44

    不動産取引に関する知識があればより楽しめるがその辺りがなければ視聴者はやや置き去りな感じでストーリーが展開していく
    やり方が不当かそうでないかは別として、貧民層への措置だったりは適切とは言えずある程度裕福は人はさらなる裕福へと向かうのは現実的であると実感させられる
    映画だからこのエンディングだったがその未来はどうなるのか、そこが気になるところ

  • 3.0

    butasuさん2020/04/08 17:15

    住宅の"追い出し"を行う違法ギリギリでグレーゾーン攻めまくりの仕事に焦点を当てた作品。冷酷な悪徳業者として描かれており実際そうなのだが、でもどんな事情にせよローンが払えなくなったらもう出ていくしかどうしようもないよな…と思ってしまった。いちいち情けをかけていたらキリがないし、非情になって法を盾に追い出すしかない。実際恨みも買うし大変な仕事だと思う…なんて、むしろ警官や立ち退き業者の方にちょっと同情してしまった。勿論、文書偽造して立ち退かせるのとかは普通にアウトだが。

    しかしあの規模の事業をしていてスタッフが全然いなさそうに見えるのに違和感があった。しょっちゅう電話連絡もしているしパーティーも大盛況だったから勿論他にもスタッフはちゃんと居るのだろうが、もう少しオフィスとかをきちんと映してくれないと現実感がない。しかも自分が追い出した相手を雇うとかどう考えても信用できないし、いつか心が折れて寝首をかかれることが目に見え過ぎていると想うのだが。アンドリュー・ガーフィールドは見るからに精神的に脆そうだし。
    対するマイケル・シャノンの存在感は凄い。ファーストシーンで「あ、敵にまわしたくないタイプ」と思わせる。実際にはそこまであくどいことをやっているわけでもなく、ある程度ビジネスとして淡々と仕事をこなしているようだったが。勿論、文書偽造して立ち退かせるのとかはやっぱり普通にアウト。

    子役が残念。もうある程度雰囲気は理解できる程度には大きいのに、シリアスな場面でずっとオトボケ顔。もうちょっと心配そうな顔とかしてくれないと、こちらも感情移入できないし、なんならイライラする。ラストに一瞬映る子供の方がよっぽど上手く、可哀想に見えた。

    しかし「ドリームホーム」というダサい邦題はもうちょっとどうにかならなかったのだろうか。同じようなタイトルの映画も既にあるようだし。

  • 4.6

    みきちゃさん2020/03/29 18:39

    アンドリュー・ガーフィールドとマイケル・シャノンがすばらしき。二人が魅せてくれた特殊な関係。

    リーマンショックに関連した、映画『マネーショート』の後に一般米国民を襲った出来事が分かり、そして映画『フロリダプロジェクト』の背後にある政治・経済も見えてくる、実話ベースのお話。

    サブプライムローンで購入した家の家賃が払えなくなって、モーテルに駆け込み、隠れホームレスコミュニティが出来上がっている米国。怖かったよー、怖かった。。。

    エイブラハム・リンカーンの演説をパロって米国の現実を語るシャノン。日本の格差はもっと巧妙で見えにくくなっているとは言え似たようなもの。ギリシャとか、他にもたくさんこんな国があると思う。

    マネーショートで一番やだったのは格付け会社。今作では法廷が一番やだった。リーマンショック後はこんなケースがうん万と続いてたことで、本当にこんな裁判模様だったらしくてまじで悲惨。あまりの事実にどんな顔していいのかわからないわ。

    システムに隙間が見つかれば、そこに新手のお仕事が生まれてしまうわけで、それがどんなお仕事であれ、問題の本質は隙間自体には無い。

    マイケル・シャノンすごかったな…。本作のゴールデングローブ賞ノミネート+他の映画賞での12授賞そして23ノミネートはほぼ助演男優のシャノンへのもの。圧巻の演技だった。

  • 3.7

    Shogoさん2020/03/29 03:09

    住宅にまつわる社会問題をしっかり描いてる。家族を守るためで始めたことで家族を失う物語も良かった。悪役マイケル・シャノンもストロングパフォーマンスだった。ただ、素晴らしい作品になるかと思ったけど、徐々に雑になっていった感。終盤は都合良く切り上げた感。葛藤・苦悩してる主人公というより、なんか中途半端な主人公。

  • 3.9

    れなさん2020/03/27 17:11

    アマプラのもうすぐ見放題終了からチョイス👍
    評価高めだったので見たら当たりでした。
    アメイジングスパイダーマンのアンドリューガーフィールド。
    悪役イメージのマイケルシャノン。
    素晴らしかった😍

    マイケルシャノンがいなければ成り立たない、素晴らしい悪役を演じきっていました!
    リーマンショックが起きたアメリカの不動産事情。
    不動産の追い出し屋さんの話。
    ドキュメンタリーのようにリアルで、貧乏な人々がどんどん家を追い出されてゆく。
    その様が必死で実にリアル。
    自分も追い出され、家を取り戻すべくお金のために追い出し屋の一員として働きだすことになった主人公の心情がよく描かれていて胸が苦しくなる。

    クビ切り屋や追い出し屋も立派な仕事ではあるが、情があったらまず出来ない。
    割り切れない私はまず無理だな😅
    主人公の最後の行動は簡単にできるものではない、結局遅かったといえばそれまでだけどこの人はまだ人間として立ち直れる気がする、、
    マイケルシャノンの役の人は完全に人情を失ってしまっているから手遅れ。



    仕事って性格も変えてしまうから恐ろしい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す