お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

JFK

G
  • 字幕

21世紀の現在も謎が残るケネディ大統領暗殺事件。20世紀最大の謎の真相に迫ったオリバー・ストーンの衝撃の問題作!

1963年、11月22日。テキサス州ダラスで第35代大統領のジョン・F・ケネディが凶弾で暗殺され、アメリカ全土を震撼させた。それから2時間もしないうちに、暗殺はオズワルドの単独犯行と発表されるが、そのオズワルドもやがて護送中に射殺される。ウォーレン委員会の一連の調査結果に疑問を抱いたニューオーリンズ州の地方検事ジム・ギャリソンは、真相を解明すべく独自の調査を開始する。だが、謎は謎を呼ぶ。深く、重く、手ごわいパズルに挑むジム・ギャリソン。それはアメリカ合衆国との長い戦いの始まりであり、愛する家族との軋みの始まりでもあった。

詳細情報

原題
JFK
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
1991
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2016-06-22 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
330
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

サスペンス洋画ランキング

JFKの評価・レビュー

3.6
観た人
3303
観たい人
1823
  • 4.0

    DamKeeperさん2020/07/03 12:33

    真面目で正義感が強いケビン・コスナーが苦手で、ずっと敬遠してました。
    真面目というよりもう堅物ですね。絶対パンとか盗まないですよ。

    で見始めて驚いた。
    ジャック・レモン、
    ウォルター・マッソー、
    ドナルド・サザーランド、
    ジョー・ペシ、
    シシー・スペイセク、
    トミー・リー・ジョーンズ、
    ケヴィン・ベーコン
    さらに
    ジョン・キャンディ
    マイケル・ルーカー
    マジか、このキャスティング。
    ケビン・コスナー観なくても超楽しめるじゃないですか。

    ステレオタイプの奥さんにシシー・スペイセクとか贅沢過ぎ。
    ドナルド・サザーランドは痺れた。

    3時間20分の長尺ですが大林宣彦並みの情報量とテンポなので体感的には10分位です。

    オリバーストーンは陰謀に厳しいのでやり過ぎて逆にフィクションぽくなっちゃってるのが残念。でも十分面白かった。

    面倒くさいけど『ダンス・ウィズ・ウルブス』観るか?

    ホントは『ダンス・ウイズ・ウルブス』も『ボデイガード』も観てないよ~ん。て云って死にたいんだよね。

  • 3.9

    マーくんパパさん2020/06/30 13:09

    アメリカ現役大統領4人目の悲劇、ケネディ暗殺事件。当時私は7歳、白黒TVでのニュース映像を鮮明に憶えている。ウォーレン委員会の調査報告書を精読した地方検事ジム・ギャリソンは数々の疑問を感じ独自チームで再調査。オズワルドの単独犯行ではなくジョンソン副大統領・CIA・FBIを含めた綿密に計画された組織的陰謀との推論の元にキーパーソンの一人クレー・ショーを訴追した実事件を再現。キューバ侵攻中止、ベトナム戦争からの撤退政策を苦々しく思った極右勢力、軍需産業界が操ったことは十分あり得ること。映画『ダラスの熱い日』でも取り上げた魔法の弾丸、オズワルド一人で不可能なことは今では自明の理だがこの訴追は結局敗訴。K・コスナーの延々と語り掛ける論告シーンは秘蔵映像の迫力と共に圧巻。この事件の真相究明は全ての公文書公開が可能となる2030年代まで待たなければ新事実は出てこないだろうがその時にはこの事件の関係者は多分一人も生存していないジレンマ。私は生き長らえて続きを見たい。

  • 3.0

    hさん2020/06/27 14:45

    3時間。物凄いセリフの量。ずっと濃厚な構成。ケビンコスナー演じる地方検事がケネディ暗殺事件の真相を追及する。全然関与していないイチ地方検事がアメリカ合衆国の大組織陰謀に立ち向かい、身近な泥臭い捜査から徐々に詰めていく。その下克上要素も相まって"すごいかっこいい人”に造られている感じ。アメリカ政府への批判を描くオリバー・ストーンが言いたいことがあの裁判のセリフに全て詰まっている。カフカ、シェイクスピア?(出てきたか忘れた)、ヒトラーなど歴史上の作品や名言から引っ張ってくる脚本も、なんだか事を大きく捉えさせる。
    今の黒人問題も含め、日本もだね。やっぱり"変わらないんだなあ"と痛感。組織はなかなか変わらない。というか、民主主義なのに"変わらない"のは、そう思ってない人がたくさんいて、そう思ってても行動しない人がいかに多いかの結果だなと。若者はやはりこの作品を見ないとね。
    実話モノはエンドクレジット前の字幕がいちばんの楽しみ。監督、ここまでの作品を作り上げてよかったね。映画の役割ってすごい。

  • 3.5

    nnnさん2020/06/20 01:30

    観る前に時間確認して、長いなーって思ったけど観てる最中は気にならなかった。

    作家の言葉を引用して言った“愛国者は自分の国を政府から守るべきだ”ってセリフが心に残ってる。

    そんなにどれもこれもを巻き込んだ陰謀かどうか分かんないけど、単独犯って言うのも無理あるよなって思った。
    気になって調べたら、JFK暗殺に関する機密文書、トランプが全て公開するって言ってたけど、結局一部はまだ公開されてなかった。
    2021年の10月まで判断を延期するらしい、、

  • 4.0

    マイケルディノッゾさん2020/06/09 16:20

    BS12トゥエルビ 録画

    リベラル派から見た陰謀論の映画。
    保守派の人たちはどう見るんだろう。

    近い将来本当のことがわかるのかな。
    興味は尽きない。

  • 3.7

    てんまるさん2020/06/07 23:30

    陰謀系の映画は話むずいけど、結構見入っちゃう
    そして疲れる

    トミーリージョーンズのプレイシーンが衝撃的でした

  • 3.5

    ニールさん2020/05/31 15:36

    オリヴァー・ストーンじるしのJFK暗殺に迫る陰謀論映画。

    原作は元検事による著作。

    3時間の尺をたっぷり使って繰り広げられる暗殺後から1人の検事が迫った事件の裏側。

    多少史実と異なるという指摘や、すでに反証されている証拠などもあるものの、JFK暗殺についてはわからないことが多いので、一視点として観ておいて損はないと感じた。

    2031年か何かに情報公開だそうだが何が明かされるのか楽しみである。

    冒頭から流れるジョン・ウィリアムスの劇伴が良い。

  • 3.9

    古屋のユニコーンさん2020/05/28 21:06

    真実をもとめて

    事件当時の映像とフィクションとが混ざり合って、歴史の重大事件の真相を暴いている現場に立ち会ったような臨場感。
    こんなに何度もケネディが撃たれる瞬間を見ることは多分ないだろう。
    情報公開は2038年。それで真実は明らかになるのだろうか。現代でさえこれなのだから、はたして歴史の闇に埋もれた真実はこれまでどのくらいあるのだろう。

  • 3.9

    YFさん2020/05/18 20:30

    ディレクターズカット版の206分版!を鑑賞。いやー長かった。長かったけど、とても見応えがある映画だった。先日jfk暗殺についての番組があったから、なおさらこの映画が孕んでいる重要性というのを感じれた。しかも、今何かと話題の検察官が主人公だから、なおさら大事かも。

    何と言ってもケビンコスナーの10分以上の最終弁論のシーンの迫力がすごい。途中で感極まって泣いてる風にも見えたけど、権力がひたすら隠したがる真実というものを探求することの難しさというのを感じた。権力と対峙するてこんなに大変なんだなと改めて感じた。こんなことやって何になるんだよとか意味不明な誹謗中傷にされされても、それでも真実を求め続けようとする姿勢は、たとえ報われなかったとしても、価値はあるし、やる価値はあると思う。

  • 3.6

    いしはらしんすけさん2020/05/17 08:52

    NHKの人気ドキュメンタリーシリーズ「未解決事件file」の最新作「JFK暗殺」が例によって面白かったので、それに乗じてチャレンジ。

    約3時間半という長尺はそれなりにもたれるものの、エンタメとメッセージ性を両立する上では必要悪とも思える。

    要はよくあるケヴィン・コスナー自己陶酔系な法廷での演説長広舌が、いくらなんでも長すぎるってことなんだろうが、オリバー・ストーン的にはどうしても言いたいことだったんだろうし、それによって実際制度変わったりしちゃってるから、まあやむなしか、と。

    役者的にはぶっちゃけ悪者チームの方が圧倒的に美味しくって、特に性愛で結ばれたトミー・リー・ジョーンズ、ジョー・ペシ、ケヴィン・ベーコンの気持ち悪い悪党トリオは最高!正直、そのヴィラン演技の素晴らしさのインパクトが強すぎて、暗殺の真相謎解きとか(今や周知ってこともあるけど)、結構どうでもいいとか不遜にも思っちまいました 苦笑

    てか、そのへん知りたきゃノンフィクションを当たるのが筋なんでね。ただ「未解決事件file」と併せて観ても、やっぱCIAは限りなく疑わしく、とんでもねえ組織だなぁとは思いましたわ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す