お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

呪ギャル ~芸能怨霊伝説~

G

週刊誌記者・夏目大一朗の主観視点で描かれる鬼気迫る戦慄フェイクドキュメンタリー・ホラー!

日々、芸能界でのスクープを追う写真週刊誌記者の夏目大一朗と上河内チカ子。最近の彼らのターゲットは、若者たちからのカリスマ的な人気を誇るギャルアイドルユニット『リキッドドールズ』のマキとモエ。夏目たちはスクープ映像を求め、男性アイドルとの密会現場をおさえるべく尾行する。すると、撮れたのは、次々と男たちを呪い殺していくマキとモエの姿だった!

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2015
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2016-07-08 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入220

ホラー邦画ランキング

呪ギャル ~芸能怨霊伝説~の評価・レビュー

3.2
観た人
29
観たい人
21
  • 3.5

    りょーこさん2021/10/26 16:21

    『心霊食堂』夏目監督がヘタレ駄目親父役でワタワタするホラー

    独特のユルさのある監督ですよねぇ~
    なんというか、容姿まんまの方(笑)

    こちらもヘンテコでほのぼの笑えて案の定微塵も怖くないけど癖になる、そんな作品でしたw

    心霊写真のクオリティが昭和以下(* ̄∇ ̄)ノ



    フリー芸能記者の夏目。

    10代アイドル"リキッドドールズ"のマキとモエが、密会&乱交してると聞き、助手と尾行することに。

    が、2人はなんと男性アイドル"エックスゾーン"の3人を、超能力か何かで片っ端から殺していた!

    しかも尾行もバレてた!!

    どうやら2人は死んだ芸能人の"恨みの代行"をしているらしい。
    霊能者REIKOのネイルが関係している模様。

    助手がエックスゾーンのファンなので、夏目も最後の1人を守ろうとするのだが……



    浮いたことない人が浮いたことある人に偉そうなこと言うなよ

    って、なにwww?!

    最近のギャルって化粧が濃いだけなんですね。
    私の時代のギャルは真っ黒だった気がするけど、最近は平和だなぁ(笑)

    さてさて、夏目監督のヘタレっぷりが光る作品でしたよ!
    白石監督とはまた違う面白さがありますねぇ~

    ラストとか、ネイルがヤバいんだ!ならネイルを剥がそう!ダメなら指切ろう!
    って、どんな展開よww

    なんとも言えない雰囲気で、誉められるモノじゃないんだけど、どうにもクセになるのが悔しい(笑)

    そんな監督♪

  • 2.7

    ねこさん2020/04/17 02:32

    どうせしょうもないんやろなぁと思って100円でDVD買った(多分未開封)
    確かにしょうもないんやけど何故か最後まで飽きやんかった。

    POV形式で追うドキュメンタリーテイスト
    アイドルのゴシップを追う内に呪い殺す場面を撮影してしまったが為に巻き込まれるディレクターとアシスタント

    嘘っぽいCGとかは想像の範囲内やったけど下手にカッコつけすぎないクオリティがなんか良かった。

    限定版で世界に一点物の出演者のアイドルチェキ(ピンボケ)封入されてた。
    どうせならサイン書いといて欲しかった。

  • 3.6

    あーぁさん2020/03/15 13:10

    『じゃあお前さ、浮いたことあんの?』

    最近ハマり中の夏目監督作やし、マシンボーイさんの熱烈な推しに負けて遂に買ってしまった〜!
    てゆーかタイトルが既にええよな!呪ギャル!

    どう考えても結びつきそうにない呪いとギャルの組み合わせにまんまと釣られた〜
    ホラー好きはギャル好きってのを狙ったこれも夏目マジックということなのか?ぬぬぬ!


    週刊誌記者の夏目監督がスクープを撮るため巷で人気のギャルアイドルグループ『リキッドドールズ』のマキとモエを尾行して男性アイドルとの密会現場を抑えようとすんのだけども。

    ところがどっこい。マキとモエは死んだ霊の怨みを呪いで晴らす復讐代行アイドルだったからさぁてーへん。

    夏目監督はマキとモエの復讐を阻止することは出来るのか!?


    『心霊食堂』等のポンコツホラーシリーズを手掛けた夏目大一朗監督によるフェイクドキュメンタリーホラー。
    噂には聞いてたけど確かにまんま白石監督のコワすぎ!やんな笑

    夏目監督自身がビビリながらギャルアイドルの謎を追っていくポンコツ風味満載のお笑いホラーなんだがデッドクック、心霊食堂2の羽宮千皓ちゃんが呪いで男どもぶっ殺すんはやはり最高〜!

    ただギャルメイクは確かに濃すぎて微妙だったよなぁ
    デッドクックでのムチムチ、キャハハハ〜な千皓ちゃんを期待してただけにそこはちょい残念やった。

    でもでもあからさまなCGでの浮遊にアシスタントに小突かれながら嫌々ギャル達の復讐を阻止する夏目監督のポンコツさはやはり楽しいね。

    そしてなんと言ってもあのラストですわな。
    遂にギャル達との決戦を余儀なくされた夏目監督の決死の説得からの『え、、?えぇ!!』、『それじゃあマキさん、モエさん、、どうぞ。』のくだりのポンコツさに評価せざるを得ん!


    いやぁ〜今作のDVD買うにあたってわざわざ『世界で一枚!メイキングチェキ封入版』と名の打たれたマキ役、モエ役のギャルのチェキが封入されとる誰得DVDを買ってしまったのですが、

    これはもう確実に羽宮千皓ちゃんの方のチェキ期待するやんか!

    くぅ〜!
    二分の一の確率を外したー!ぴぇん

  • 5.0

    Synovuさん2020/02/20 17:36

    記録用。2017/9/8
    夏目監督が主演も兼ねるPOVホラーコメディー。冒頭からお笑い満載。名前まんまで登場し、雑でドジでヘタレとお馴染み夏目監督。女性にトコトン弱い。設定は突拍子もないし、撮影も安いのだが、人とドラマが濃くて非常に面白い。夏目監督を堪能。夏目監督好きなら必見。

  • 3.0

    じょんさいくすさん2019/01/17 03:47

    古本市場の1000円以上の購入で使える500円引きのクーポンを使い、お目当てのCDと一緒に実質0円(中古で280円税抜き)で買いました。

    何かの二番煎じと仰る方々がいらっしゃいますが、その何かが分からないので、そこの所はなんとも言えません。

    しかし、夏目監督はめいいっぱい笑わせてくれました。

    いやいや、お笑い以外でこんな笑えるものにそうそう巡り会える事はないでしょう。

    最後のマキさん、モエさん、どうぞ……これが笑けて笑けてたまらないです。

    夏目監督、貴方は素晴らしい、あの曲もCD化してもらいたい。

    オマケでリキッドドールズのメイキングチェキが入っていましたが、個人的には夏目監督のサイン入りチェキにしてほしかった。

    全く恐くなく、小刻みに笑いが止まらない名作でした。

  • 2.4

    ちゃんこなべさん2018/05/19 14:06

    こりゃ片腕兄貴に騙された~~!
    芸能記者の二人が撮影中、偶然に撮れてしまったスクープ映像。
    巷で人気のアイドルが超能力を使って殺人を犯していた!詳しく聞くとそのアイドルは「呪いの代行」を行っているといい…

    「呪ギャル」っていうタイトルのインパクトやばくないですか?完璧にタイトル勝ちだよね!
    完全にコワすぎのパクりなんですが、そもそもあたしそんなにコワすぎにハマってないからアカンかったんかも?

    登場人物にコワすぎほどの個性もないし、あんまり笑えるところはなかったし…
    あ、でも歌が流れるところは面白かったわ。モキュメンタリー好きにはオススメです。

    P.S 怨みの代行なら漫画やけど「怨み屋本舗」オススメ~

  • 3.6

    slowさん2017/08/17 02:02

    「じゃあおまえはさ、
    浮いたことあんの?」
    ーーーーーーーーーー
    きみは想像できるだろうか?
    誰も買わない映像を撮り,
    呪い代行アイドルに命狙われ,
    「労働基準~で訴えますからね」と
    アシスタントに脅迫されながら、
    進んでも地獄…
    退いても地獄…という
    絶望しかない状況でも、
    ヘタレなりにあがこうとする
    ヘタレディレクターの勇姿をッ!!

    超常現象にオラオラ姿勢で挑む
    『コワすぎ!』とは違い,
    「もうかえろうよォ…(;´Д`)」と
    弱音ばかり吐くディレクターの背中を
    アシスタントが強引に押すカタチで
    進行する面白さッ!笑

    アシスタントが雨宮天似で
    可愛いのに"カメラ係"ってのが
    もどかしいッ!m(。≧Д≦。)m

    本作は『コワすぎ!』と同じ手法を
    逆に使う事で違った味がある☆

    ①【テロップの使い方が下手くそ】
    「札をはったテントが一つ出現…」
    いや、"一つ出現"ってw
    まるで召喚されたかのような…笑
    「テントを発見」でいいじゃんw

    ②【特殊効果のチープさ】
    『コワすぎ!』の特殊効果のチープさは
    "現実はそんなもんでしょ"と思わせる
    リアリティがあるがこっちは
    "特殊効果バリバリしてます!"感があり,
    幽霊の顔をハサミで切り取り、
    雑にペタッと貼り付けたような写真を
    胸張って"心霊写真"だとする勇ましさ。

    バレバレなやらせにぶるぶる怯え、
    追い詰められた挙げ句に歯向かい,
    カッコよさを見せた後、
    手のひら返してカッコ良さを投げ捨てる
    ディレクターの真っ直ぐなヘタレっぷり、
    イケメンアイドルと
    ヘタレディレクターの命を天秤にかけて
    ヘタレディレクターを生け贄にする
    アシスタントの見事なまでの
    正直ップリが潔くて気持ちいい!笑

    彼らをもっと見ていたいわ~!w
    シリーズ化希望でござるッ!(人>ω
    アシスタントが私の好みでしたので
    次あるならばカメラマン雇ってね♪☆

  • 3.8

    片腕マシンボーイさん2017/06/04 03:57

    他の方々の「コワすぎ」シリーズの二番煎じでないか?という意見には反論の余地もないが、それを差し引いても非常に楽しめる秀作でしたよ!

    スクープ狙いでアイドルを追っていたパパラッチ、ところが目の前でアイドルが人を殺したよ!しかも超能力?を使って!さらに犯行を重ねようとするアイドル、果たしてその目的は?って話

    いやね、あの傑作食人映画「デッドクック」でヒロインを演じた羽宮千皓ちゃんか出演してるから、ってだけの目的で観たんですがね
    千皓ちゃんは、うん、ギャルアイドル役って事でメイクが濃くて「デッドクック」の時ほど可愛くなかった…、ムチムチバデーもあまり目立たなかったし…
    でもそれを補って余りある愉快な展開にワクワクしっぱなしでしたよ

    「コワすぎ」シリーズの工藤さんとは正反対の性格の夏目監督の情けなさが良い味出してたし(その割にノホホンとしてるとこまで含めて)、2人組のギャルアイドルが男達を殺していく動機や犯行方法も楽しめましたよ!
    芸能界腐ってんな!プンスカ!ブッ殺されて当然やぜ!
    切株ゴロリしたし、死体グッチャグチャやろな、モザイクかかってたけど…

    何よりクライマックスともいえる3人目の殺害シーンのオチな!「え?ちょっと待て、話が違うぞ…」って腹かかえ笑った、ゲラゲラ
    そこでスコアがググン!と伸びたね!
    「お二人さんどうぞどうぞ…」言うて、ゲラゲラ

    これハリウッドのアメコミ映画ならヒーロー誕生を描いた1作目よな、続編でどんどん過激にカッコ良くなるやつよな!
    続編できないのかなぁ…できないだろなぁ…
    ぜひとも観たいぞ、ただし羽宮千皓ちゃんのギャルメイクはやめてあげてくれ!めっさ可愛らしいお顔してるんやから勿体無い!もうひとりは知らん!

    とりあえずアホが過ぎるタイトルに敬遠しないで「コワすぎ」シリーズはじめフェイクドキュメンタリー好きの方にはぜひとも観ていただきたい作品です!

  • 3.4

    マツシマさん2016/06/10 02:54

    正直超絶ナメてた
    でも想像を超えたチープさを、想像を超えたバカバカしさで塗り潰す怪作だった
    長いコントだと思えば、笑えるし、このジャンルの王者である(というか競合ほとんどいないけど)「コワすぎ!」の工藤Dと差別化した主人公のヘタレキャラという工夫も効いてるし、良い作品だと思う
    ただGEOでいい

  • 1.0

    あまつかさん2016/05/23 02:39

    芸能記者の男とアシスタントが、怨霊を呼ぶ能力を持つアイドルユニットを取材していくうちに、事件に巻き込まれ命を狙われるモキュメンタリー形式のギャグホラー

    ある界隈で話題になった作品を感じさせる演出が続くので、二番煎じ感が否めないがスタッフのギャグとチープなCGには笑えた

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました
    戻る