お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

最愛の子

G
  • 字幕

中国で実際に起こった誘拐事件を基に、親たちの至上の愛を描くヒューマン・ミステリー。

中国・深センの街なかで、ある日突然姿を消した3歳の息子ポンポン。両親は必死で息子を捜すが、その消息はつかめない。罪の意識と後悔に苛まれながら、かすかな希望を胸に捜し続けて3年後、両親は遠く離れた農村に暮らす息子を見つけ出す。だが、6歳になった彼は実の親を覚えておらず、“最愛の母”との別れを嘆き悲しむのだった。そして、育ての親である誘拐犯の妻もまた、子を奪われた母として、我が子を捜しに深センへと向かう。再びその胸に抱きしめることを願って…。

詳細情報

原題
親愛的/DEAREST
音声言語
中国語
字幕言語
日本語
制作年
2014
制作国
香港
対応端末
公開開始日
2016-08-01 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

中国映画洋画ランキング

最愛の子の評価・レビュー

3.9
観た人
2124
観たい人
3748
  • 3.0

    映画好き子ちゃーんさん2021/09/25 12:41

    んー子供を育てた女と夫に苛立ちがずっとあった。養子縁組を受けるには収入も学力も足りず受けれない、だけど子供が欲しいから拾ってきた、誘拐してきたってなる時点で腹が立つ。夫が子供が産めない体だと言ったのはなぜなんだろう。子供を産むにもお金がいるからなのかな?夫が誘拐•拾ってくるにいたった心境が分からないからなんとも言えないが。
    実の親から奪った3年はでかいよ、ほんと。育ててきたからの感情の一点張りは見ててしんどい。

  • −−

    イヨさん2021/09/22 11:58

    原題:亲爱的

    実際にあった誘拐事件をモデルにした作品。一番恨むべき相手がもうこの世にいないっていうのは、全員にとって辛いなぁ…

  • 3.8

    ayaさん2021/09/05 11:59

    衝撃だった〜
    1番悪意を向けるべき人はもういなくて、子どもを盗られた人はもちろん、育ての母も、こどもも、みんなが被害者で。
    ラストにある謎がとけたのも衝撃だった。
    恐るべし闇深き国。

  • 3.5

    aikidoさん2021/08/30 14:03

    観た後に余韻が残り、深く考えさせられる内容の映画でした。
    この映画が非常に上手いなと思うのは、両方の親の立場を前半と後半に分けて描き、両者の子供に対する愛をしっかりと描いている為、どちらにも感情移入してしまい、誘拐犯の妻だから悪いと簡単に結論を出せない観賞者に考えさせる構成になっている点です。
    血筋か年月か難しいテーマを扱っていて、観賞後に色々考えましたが、何が正解か正直分からなかったです。
    ただ、一番の被害者は子供だと思うので胸が苦しくなりました。

    中国の社会問題を描き、親子とは何かを問いかけてくる非常に重いテーマと社会性を持った映画でカンフーだけが中国映画じゃないと強く思い知らされました。

  • 3.9

    スリラーさん2021/08/28 11:30

    中国の社会問題が随所に出てくる作品。

    貧困問題、人身売買、長年続いてきた一人っ子政策だとか。

    これを映画化できたことが、何よりすごいと思った。

    ラストは悲しすぎる😖

  • 3.8

    ゆずレモンさん2021/08/23 01:27

    実話を元にした誘拐事件の話。

    生死も分からず探し続けるのも辛いし、知らずに育ててる方も辛いし、子供も辛い。
    あと、オレオレ詐欺ってどこでもあるんだ。協力してるシーンは少し温かくなった。
    支え合いに救われるけど、
    一人っ子政策とか人身売買とか、貧富の差とか、色々な問題が詰まってて、最後まで重い。

  • 4.3

    YAZさん2021/08/18 18:00

    幼児誘拐の中国映画観る

    別れた夫婦の3歳の息子誘拐され
    3年後に発見。不妊症の母、妹の
    三人暮らしで実の両親の記憶無い
    まま連れて帰るがの話

    幼児誘拐から拡がる様々な社会問題
    に斬りこむなかなかの秀作
    息子誘拐された両親が戻った息子と
    どう接するかよりも二人の子連れ去ら
    れた不妊症の女性が子供取り戻そうと
    するのが中心でした

    悲劇としか言いようが無いです
    幼児誘拐、一人っ子政策、行政の壁、離婚
    捨て子等々の問題が生んだ悲劇です
    一番の犠牲者はもちろん子供達で何一つ
    罪は無いのに一番苦しんでる

    ただ、大人達も皆犠牲者なのがこの映画
    の複雑さで誰が悪いという訳でもない。
    でも感情は可哀そうな子供達です
    唯一の加害者は登場しない。物理的に
    登場出来ないのでモヤモヤぶつける
    相手居ません

    実話ベースなのは驚きですが
    ラストも実話なのでしょうかね。
    あまりにもドラマ的なんですけど総ての
    子は望まれてるのか?というこの作品
    の本質にも迫ってるようです

  • 4.0

    KOKONEさん2021/08/18 04:16

    見てて辛すぎた。これが実話だなんて…

    似たような作品は日本にも何本かあるけど、今作はその作品以上に両者に感情移入できて辛かった。
    実の親と育ての親も互いの気持ちを察する場面があるのもさらに物語に深みを増してた。

    ラストの子は誰の子なのか。

  • 4.2

    yamiさん2021/08/15 20:47

    誰か一人への共感や応援が簡単にできない。
    中国社会の複雑に絡み合った課題。親の子を想う気持ちが、簡単にまかり通らない。これを浮き彫りにしています。
    難しい課題を扱う映画ですが、作風自体は暗過ぎないので、気負わずに観られるかと思います。

  • 4.0

    ドラツーさん2021/07/31 13:00

    子供が突然いなくなる。親にとっては、それからの日々は心に鉛をドスンと入れらたような感じで暮らす事になる。それが良く伝わってくる作品でした。また、見つかってからの色々な苦悩もしっかり描いています。めぐみさんを拉致された横田夫婦がどんな辛い思いをされているかと思うとやるせない気持ちでいっぱいになりました。勝手ではあるが、ヴィッキーチャオさん演ずる育ての親側に立っても、引き離されるのは辛い。もちろん当人にとっても…。どの立場になっても切ない話。実話ベースの作品ですが、これも中国のひとりっ子政策が産んだ悲劇である事は間違いないですね。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す