お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

青春群青色の夏

G

全員無名、完全無冠の青春群像劇!ゼロ年時代の東京を生きた僕らのための青春映画(スタンドバイミー)。

東京都世田谷区を中心とした舞台に、初恋、失恋、家出、進路、援助交際等のキーワードが散文詩的に散りばめられ、それらの中を根拠も理由もない中途半端な衝動だけで高校三年最後の夏を駆け抜ける若者にも満たない<少年たち>とそれを陰ながらあたたかく見守る大人たち。 高校三年の真太郎は、ある日家出をし、わりと近所の幼馴染(小学校時代の同級生)の耕介の実家に転がり込む。小学校時代、大して仲が良かった訳でも悪かった訳でもない二人。耕介の親が田舎に帰省してることを良いことに、次々と真太郎の高校仲間のゴロー、ヒロト、ゴローの彼女なども住みつくようになり、耕介の平穏な暮らしはかき乱され、耕介の部屋はみんなの<秘密基地>状態となってしまう。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2015
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2016-09-06 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

青春・学園邦画ランキング

青春群青色の夏の評価・レビュー

3.2
観た人
148
観たい人
189
  • 2.6

    アルパカメタルさん2020/12/03 13:48

    公開当時観たいな~と思ってたやつがアマプラにあったので観た。

    いや、こんなにもライティングが鼻につく映画初めてだわ...。絵は綺麗なんだけどね?青春映画だし、めちゃくちゃに当てといてやれ的な演出がね...。(ちなみに照明は上村奈帆監督だった。もう一度言っとくけど絵は綺麗)

    長いし、ダレる。ミスリードの部分も脚本上一番大事な部分のような気がするんだけどあっさりしすぎてなんか変なコメディみたいになってる。
    完全にこーすけくんは主役食われちゃってましたね。こーすけを主役にする必要はあったのか。

  • 3.0

    鈴鳴うた猫さん2020/02/10 20:31

    寺内康太郎監督が出演してるから気になって観たら、川連廣明さんや白石晃士監督も出演していらっしゃった!撮影は福田陽平監督。
    キラキラしてて、切なくて、まさに青春。

  • 1.0

    ゆてぃさん2019/11/17 11:45

    湯原彩香さんのこと、ずっと応援してます!
    ベタな学園生活!みたいな感じではなく、登場人物の思考のズレだったり、変にリアリティのある造りが他とは違う感じでした!クソつまらなかった!!!!

  • −−

    KeitaKuromiyaさん2018/03/08 18:30

    ぶち当たって、揉めて、なんかしたくて、色んな好奇心とかそれぞれ楽しい尺度があって。

    すっぱかったです。そして映像が綺麗

  • 2.0

    ttoさん2018/01/02 20:09

    映像が鮮やかだけに脚本を頑張ってほしかった。
    登場人物それぞれはもっと魅力的にできたはず。

    役者陣、特に主人公の雰囲気と表情はよい。

  • −−

    歯茎にヒットさん2017/10/25 19:09

    こんな高校生活したかったなぁ〜笑
    友達や好きなコや家族に一生懸命にぶつかって、泣いて笑って。。なんの変哲も無い日常だけど、その瞬間の感情がとても大事で、それを私は見逃してきてしまっているから見てて羨ましくもなりました。
    甘酸っぱい、ってほんとにそうおもった。

  • 4.0

    たひゃなさんさん2017/07/28 22:30


    俳優さんの演技とかめちゃくちゃ変な感じやし
    ガングロて!とかいつの時代!って思ったけど
    なんなんやろこの感じは、、、
    観て良かったなーって思ったし
    不思議と羨ましく感じた。
    つまんない人にはクソつまらんってなると思うし
    観るにも耐えんかもしれんから
    むやみにオススメはできひんなあ。


    結局特典映像も全部観るほどに
    ハマってしまった。
    家族とか友達とか弱ぇ、
    くだらん事で勝負したり言い合いしたり
    しなくなってからしかその魅力には気づかんよなー。
    この作品好きな人と夏過ごしてぇ〜
    一杯飲み交わしてぇ〜〜

    ただ1つ、主役がずっとキュウソの
    セイヤさんに見えて違う意味でおもしろかった(笑)

  • 3.0

    センジョウさん2017/07/16 14:05

    結局マキちゃん出てこねーし。
    友達は大事だけど家に転がり込んできたら嫌だなあ。
    っていうか、長期休暇が羨ましい。

  • 2.8

    夙沖波耶音さん2017/03/29 01:09

    ごめんなさい、この作品は身体に合いませんでした。

    キャストの方々が、まず高校生には見えず、青春のキラキラした感じは光の加減だけで、人物からは受け取れませんでした。

    平成の現在で、わざわざ昭和の一昔前のものを見せられてるようで(笑)

    今年初の途中で観るのをやめようかと思った作品です。

    いやいや、たまたま自分には合わなかっただけですよ。

  • 5.0

    haizaraさん2017/01/15 08:05

    高校最後の夏、非リアの家になぜか転がり込んできたDQN達、退屈なはずだった夏休みが、刺激的に鮮やかに彩られていきます

    なんかほんと久しぶりにインディー臭たっぷりの青い映画を観たなーという気分です(^^)

    なんかこういうフィルターかけた淡い映像の邦画、90年代にこんなの多かった印象…私が離れてただけかな?

    打ち上げ花火とかBerlinとか20世紀ノスタルジアとか

    でも、なんかやっぱり私はこういうのに弱いなぁ

    自分のセンチメンタルな部分にダイレクトにタッチされるというか、こういう映画を作ってくださるから私は何とか一番美しく充実した"あの時"を忘れずに、大切に、今を生きているのだろうと思います(^^)

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す