お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

美術館を手玉にとった男

G
  • 字幕

全米20州、46の美術館を、30年間騙し続けた史上最も善意ある贋作者の話。

2011年、アメリカの多くの美術館で展示されていた大量の絵画が、贋作であることが発覚した。この事件は極めて特殊な贋作事件で、一人の男が精巧な贋作を100点以上制作し、法外な金額で売ることができるにも関わらず、それらを無償で寄贈していたのだ。男の名はマーク・ランディス。彼は長年にわたり、15世紀のイコンから、ピカソ、マグリット、ディズニーまで、幅広いスタイルの絵画を模倣し続けてきた。そして“慈善活動”と称し、神父など様々なキャラクターに扮して、それらの贋作を美術館に寄贈してきたのだ。騙された美術館は全米20州、46館にものぼった。しかし、美術館職員のマシュー・レイニンガーが、それらの作品群が贋作であるということを発見する。ニューヨーク・タイムズやフィナンシャル・タイムズ、テレビなどのメディアが、このセンセーショナルな事件を大きく取り上げ、ランディスを追いかけた。FBIも捜査に乗り出すが、彼は金銭を一切受け取っていないため、罪には問われなかった。結局、贋作活動をやめさせようとするレイニンガー達を無視して、ランディスは“慈善活動”を続けていた。しかし、レイニンガーの元同僚のアーロン・コーワンが思いついた一つのアイデアによって、彼の運命は新たに動き出す。

詳細情報

原題
ART AND CRAFT
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2014
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2016-09-20 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

美術館を手玉にとった男の評価・レビュー

3.5
観た人
1421
観たい人
2358
  • 4.8

    おきーゆさん2020/05/24 20:46

    題名から美術界を嘲笑い、挑戦する主人公を想像したが、全く違った。

    彼が模写をするのは楽しいからであり、神が与えた才能を発揮すべきという使命感、信仰心からである。

    その考えや生き方を否定することは僕にはできなかった。

    彼の作品を見て「オリジナルな絵を描け」という人が多々いたが、それはまったく違うと思う。
    技術があることと(オリジナルな)絵を描くことは別物だと思うし、なにより彼がやりたいのは模写なのだ。

    「行為自体がアートのようだ」という言葉はとても興味深かった。
    模写は基本的にはアーティスティックな行為ではないと思う。
    だけど、彼のように人生をかけて模写をし続けるという行いからは、たしかにアートを感じてしまう。

    彼は有名になってしまった。
    どこか、彼の絵を引き取ってくれる美術館はあるのだろうか。
    彼はこの先もオリジナルな絵は描かないだろう。
    そう考えると少し切なくなった。

  • 4.0

    こんろさん2020/05/24 19:50

    わーこれ面白い。事実は小説より奇なりとはよく言ったものです。こんな面白い人がいたんですね、感動します。

    演出とか見せ方もあるのでしょうが、ランディスのキャラクターや生き様に惚れ惚れします。本人にとっては辛い部分も多いでしょうが、人間的な魅力がたまらなく好きです。

    あらゆる画家の贋作を見様見真似で作って美術館に寄贈するとか素敵だなあと。良いことではないですが、悪意なくノーガードで「芸術」というものにザクザク切り込んでいく、この行為がもう芸術だと思います。

    からの個展のシーン、みんないいですね。ドキュメンタリーってことを忘れそうになります。そしてラストもまた後引く感じが好きです。

    ランディスさんにものすごい興味が湧く素敵な作品でした。色々調べてみよ。よかったです。

  • 3.5

    Kasumiさん2020/05/23 13:14

    自分の作品を作るべきだわ

    自分の作品って何?何も真似せずに作って、自分のサインを入れたら自分の作品??
    自分のことを頑なにアーティストと認めず、他人のことを芸術家っぽいという彼がめちゃくちゃ「芸術家っぽい」のがいい
    実際、描いてる絵はほんとうにすごいし、活動自体がコンテンポラリーアートみたいで、でも本人にはそんな意図がないってところがとてもおもしろい

    ランディスを責める人も多いけど、騙される美術館はどうなの?って話で
    本人意図せず、金と芸術に取り憑かれた人たちへの皮肉となっているところが素晴らしい

    なくなった本の1ページを、元に戻せたら最高だろ

  • 3.0

    そらちさん2020/05/20 14:55

    ドキュメンタリーなのに、映像は美しいし、追う側と追われる側、こんなにもキチンと撮影できるものなのか。

    原題のArt and Craftっていうのは、ランディスが劇中で言ってる、自分は芸術家じゃなくてArt and Craft(図画工作)なんだってとこから来てるんだろうね。

    一仕事する前に酒飲んだり、タバコ吸ったり、同じもの食べたりするような、決まったルーティーン。
    レインマンもそうだったけど、マイノリティな精神性を持ってる方は、突出した才能を発揮することがあるんだろうなと思う。

  • 3.0

    momoさん2020/05/19 23:14

    名画の贋作をつくり、それを本物と騙って美術館に寄付する男のドキュメンタリー。
    彼の行動理念は最後まで分からなかったけれどそこには一貫した信念があり彼なりの美学を感じた。
    (自身が描いた贋作が美術館に受け入れられることで、自分自身を受け入れられたと感じた?)
    昨年の秋に大塚国際美術館に行った際にも感じた芸術鑑賞に於ける本物の意義をもう一度考えさせられた。

  • 3.5

    mさん2020/05/17 13:20

    【2020-033】
    この作品を観て思ったこと…
    とにかく早く美術館に行きたい。泣
    ハマスホイもロンドン・ナショナル・ギャラリー展も行けなかった。
    私には真贋を見分ける知識なんてもちろんないけど、美術館という静謐な空間が好き。


    全米の多くの美術館を30年に渡って騙し続けた贋作作家のドキュメンタリー。

    人々を騙すことは、たとえそこに金銭の受取がなかったとはいえ許されないだと思うのだけど、この人は嫌いになれないチャーミングさやユーモアを持ち合わせている。
    これからも《図画工作》を続けてほしい。

  • 3.7

    キッチーさん2020/05/13 17:32

    映画以外に美術館に行くのも好きなのですが、コロナの影響で閉館中になってしまい楽しみにしていたロンドン・ナショナル・ギャラリー展も中止になっちゃいそうでつらい...せめて美術関係の映画でもと思い、気になっていた今作を観賞。

    ドキュメンタリーなのですが、こんなことあるんだ。信じられません。
    アメリカ希代の贋作画家マーク・ランディス。彼が騙したのは20州、46の美術館。とはいえ、無償で寄贈しただけなので大きな罪にはならないらしい。

    見た目は弱々しいおじいちゃんですが、すごい人がいたものです。以前作った贋作を寄贈して感謝されたことが嬉しくて犯行?を重ねたようですが、手間暇かけてお金にもならないこと、よくやりましたね。統合失調症でアートセラピーを受けていたり、事前活動だと思い込んでいたのかもしれませんが...

    今作では彼の生活も紹介されていますが、テレビで映画を見ながら、いつも冷凍パスタをチンして食べてるような人ですごい裕福という訳ではなさそう。でも、作品を作る手際の良さは、やはり天性のものなのか、とりわけ色鉛筆で作品を仕上げていたのはびっくりでした。彼いわく図画工作だそうですが、すごい技術ですね。
    そんな彼が嬉々として美術館に作品を持っていく。時には牧師になりすましたり、大胆不敵で騙す気満々なのが面白かった。

    彼の贋作を見破った男マシュー・レニンガーも少し変わってましたね。それをネタに美術関係のいい職を得ているのかと思えば、今はAmazonで働いているとか。美術館は彼を守るどころか自らの保身や評判のために彼を解雇するという...まあ、こういうことは良くあります。
    しかし、美術館も目利きの能力が無いのですね。現物を見たことがないから騙されたにしてもカタログを見て作った贋作を見破ったのが1人だけとは...

    判らない色合いは想像して作ったというランディス。結局、損をしたのは有り難がって観ていたお客さんだけなんだろうな~😅
    私も騙される自信はありますが...でも、贋作と本物を見比べてみることが出来たら面白いでしょうね、

  • −−

    タナカユウヤさん2020/05/13 01:36

    わかった。私はどうやらドキュメント映画が苦手だ。
    すーごい猫背と大きめのスーツしか印象に残ってない…

  • 3.0

    にわとりさん2020/05/12 01:02

    有名な絵の贋作を描いて美術館に寄付をし続けた男のドキュメンタリー
    天才の考えている事は分からない
    たくさんの専門家が30年も騙されるほど芸術を評価するのは難しいと実感

  • 2.8

    シゲタカさん2020/05/11 22:39

    本人が出るドキュメンタリー。
    障害だからしょうがないが、親が存命で、友人がいて、もっと人とコミュニケーションが取れたらその才能を活かして違う人生になってたのに

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す