お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

道士下山

G
  • 字幕

チェン・カイコー監督が同名の武侠小説を映画化。美しい映像とアクションで贈る、中華圏の豪華スターが集結したカンフーファンタジー。

人生を山頂の修道院で過ごし、他を圧倒する程のカンフーの達人でもあった主人公(アンシァ:ワン・バオチャン)は、師の言いつけにより初めて山を降り、外の世界を知るべく旅に出た。そこで彼は、様々な人々と出会い、そして別れ、数奇な出来事の連続を経て、人生の意味と武術の極意に近づいていく。

詳細情報

原題
MONK COMES DOWN THE MOUNTAIN
音声言語
中国語
字幕言語
日本語
制作年
2015
制作国
中国
対応端末
公開開始日
2016-11-01 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

中国映画洋画ランキング

道士下山の評価・レビュー

3.1
観た人
138
観たい人
102
  • −−

    KJさん2021/12/31 20:12

    結局最後は?で終わった
    アクションもCGもやりすぎだし、金かけた感じはあるけど凄い中途半端
    陈凯歌の作品の中で1番駄作かも知れない

  • 2.0

    riekonさん2021/12/19 13:06

    主人公がパッとしない😅
    師匠は素敵✨
    ワイヤーアクションがホワホワし過ぎて
    かっこよく見えなかった😅
    話もイマイチ…残念

  • 3.0

    dowaikiは家にいるさん2021/12/15 22:52

    〜みるべきはアーロン・クォック〜

    憂いをたたえた眼力(めぢから)俳優、俺大好きチャン・チェン(張震)祭り。再び。出番少ないけど。しかしNetflixお気に入りさ、順番変えるの反則じゃない?

    冒頭からナレーションが「私の父は〜」なので、いつ息子たる主役が登場するのか待っていた。半分過ぎたあたりで気づく。
    まさか!この人が主役なの!
    ワン・バオチャン…顔面が…いつまでたっても主人公と認識しない俺の脳。
    中国では宝宝(バオバオ=赤ちゃん)の愛称で人気らしい。知らない俺が悪い。慣れが必要なのかもしれないが慣れる気がしない。

    アクションシーンの完成度が素晴らしい。ワイヤーとVFXの融合。レベルが違う。
    二人の最強シィフゥ、アーロン・クォックとチャン・チェン登場から俄然盛り上がるから終盤だけでも観てほしい。ワン・バオチャンとジェイシー・チャンの本当にどうでもいいおちゃらけを乗り越えてほしい。
    それにしても展開が笑ってしまうくらいに唐突で…だからこそアクションに注目できるのか…そうか。

    エグザイルと結婚した人リン・チーリン。やっと認識できた。
    中国における「道士」という存在を掘ってみたくなった。『霊幻道士』行ってきます。キョンシー!

  • 3.0

    しーとんさん2021/12/15 09:34

    「観たことあるような気がする」と思っていたら、やっぱり観たことあった。

    これ、本当にチェン・カイコーの作品なのか?😑
    アクションもかなり中途半端。
    ユン・ワーが出てくるところくらいしか興奮しなかった。

  • 3.0

    都落ちMiyacoさん2021/12/10 23:45

    やりすぎにも見えるCGとワイヤー満載のアクションが私には新鮮に写りました。「摂理が変わる」とまで言われる達人技のCGはなかなかおもしろかったです。
    ストーリーは山を降りるように言われた主人公の道士が俗世にいる素晴らしい人物たち(師匠ら)と出会い、悟りへの道を歩んでいくというもの。ざっくり言えば簡単ですが、登場人物のそれぞれを濃く描く都合上、コロコロと話が変わってどうも入り込めませんでした。最後のナレーションで何となく納得したような、しないような。結局なんだったんだ感が少しありました。

  • 2.5

    いっぬさん2021/04/14 22:21

    序盤の装飾や映像美最高だったのに…
    序盤…個人的には本題に入る前が最高潮だった…
    物凄く微妙だな…ワイヤーアクションめっちゃ吊られてます感満載だし…てなって
    見終わってからチェン・カイコーだと知って何だろうこれ…さらに微妙な気持ちになりました。
    拳銃最強にも程がある…そこはリアルだが

  • 3.0

    sobayuさん2021/04/10 22:09

    そういや見たことなかったと思って見たけど、これは中国的には何か下敷きになる話があるんですかね。

    今作のワン・バオチャンとチェン・カイコーには同じ感想…名優名監督なのに何でこんな薄っぺらいの?という思いに尽きる…。締め付けがあって以前のような文芸を撮れないのかもと思ってたけど、普通にノリノリでやってる感じなんだよな。

    中盤からアーロン・クォックが出てきてやっと見応えを感じ、チャン・チェンの涼やかな美しさとか堪能して終わりました。このふたりは添い遂げたかったのに叶わない恋だったってことだよね。あんなに会いたがってたのに会えないなんて、どこにいるのかしらチャン・チェン!と思ってたらすごい目立つところにすぐ居るじゃんと思ってズッコケた。寺に行く前に劇場に行けばよかったのに。

    ジェイシー・チャンは現実とオーバーラップするようなしないような役だった。

  • 4.5

    babaちゃんさん2021/03/14 21:03

    画面でお薦めされたので笑。凄くよかった!
    美しい映像。セットも豪華。爆破シーンの迫力!
    カンフーシーンのわくわく感。
    いろんな技のスローモーション、映像が綺麗で素敵。

    チャン・チェン素敵!カッコいい!サイコー!
    アーロン・クォックの逝ってしまうシーン涙。
    二人の熱い友情、ブロマンスってやつですかね~。
    観てよかったー!

  • 3.5

    Tkさん2021/02/27 01:47

    ポスターの雰囲気見て面白そう!と思って観てみたら、想像と全然違う内容で、途中何の話なのか?って疑問に思い始めてしまいましたが、後半のアーロンクォックとチャンチェンがかっこよくて美しかった…という映画でした。ちょいちょい笑えるシーンと謎のシーンとがありましたが、アクションシーンは割と好きでした。

    No.42

  • 2.6

    サミーさん2020/09/12 05:54

    「感想」
    昔に見たようななかなかポワ〜ンとしたようなフワ〜としたような映画でした。
    ファンタジーのような要素がはいった武侠映画です。
    ま、普通かな。


    「作り」
    武侠映画を仏教の教えに沿わせています。もしかしたら道教の教えも入っているのかもれませんが、私は道教については全くわかりませんのでここはなんとも…
    そしてイマジネーションの世界に入り込んで相手と向き合う感覚の要素があります。イメージトレーニングのような。
    で、ですが…
    ソード・アーチャー や ファイナル・マスター のような武の道とそこに生きる人たちを描いているといえば事実なのですが、ベースになったくらいでそれほど深く・濃くはありません。
    蜀山奇傳・天空 の剣みたいですが、そこまでファンタジー色は強くはなく退屈でもありません。
    キン・フー 監督の大酔侠ほど追って追われてがあったり因習色が濃すぎたりもしません。
    ウォン・カーウァイ 監督の グランド・マスター ほどに哲学的でも思想的でもありません。
    ジェット・リー さんのスピリットほどに武道家的でもありません。
    すごく深く濃い人生や生き方のようなものを表していますが、作りが正直なところはかなり微妙な出来です。決して悪くはないのですが良作として心に刻み込まれるほどには仕上がってはいません。
    それなりに華やかな見た目だが、触れてみなくとも当たれば崩れると伽藍堂だとわかる、みたいな。
    この表現の曖昧さは、見ればわかっていただけると思います。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました