お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

裸足の季節

G
  • 字幕

自由を奪われながらも再びそれを手に入れようと奮闘する姉妹たちの姿に、誰もがエールをおくらずにはいられない。

イスタンブールから1000km離れたトルコの小さな村に住む、美しい5人姉妹の末っ子ラーレは13歳。10年前に両親を事故で亡くし、いまは祖母の家で叔父とともに暮らしている。学校生活を謳歌していた姉妹たちは、ある日、古い慣習と封建的な思想のもと一切の外出を禁じられてしまう。電話を隠され扉には鍵がかけられ「カゴの鳥」となった彼女たちは、自由を取り戻すべく奮闘するが、一人また一人と祖母たちが決めた相手と結婚させられていく。そんななか、ラーレは秘かにある計画をたてる……。

詳細情報

シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

裸足の季節の評価・レビュー

3.9
観た人
7315
観たい人
11834
  • 3.8

    おさむんさん2021/04/15 23:00

    "貞操観念の存在意義"について深く考えさせられる映画。

    年頃の子だったら、誰だって性に目覚めてもおかしくないし、そんなに咎められることもないというのが現代の通念だと思うが、この映画は驚くほどそんな考え方が通用しない。思わずあ然としてしまうことが何度もあった。処女検査だとか。

    学校も行けず、家に軟禁状態のようにされ、知らない人と結婚させられる姉妹たちにとって、人としての幸せとは何なのだろうか。

    映画としては、説明的な描写が少なく、すっきりとした印象。飽きることもなく、とても見やすかった。

    結末については、ここで終わるのかといった印象もあったが、この映画の主題は貞操観念を問うことであろうから、もはや結末はなんでもよかったのだと思う。

  • 3.6

    まことさん2021/04/14 15:51

    抑圧からの解放

    押さえつけられれば押さえつけられるほど反発したくなるのは人間の性

    大人になろうとする時期、機は熟して全てのタイミングが合致した時に彼女は大きな世界へと羽ばたいていく

  • 4.4

    一さん2021/04/14 12:29

    トルコの新鋭女性監督 デニズ・ガムゼ・エルギュベン監督デビュー作

    北トルコを舞台に、自由を求めて古い慣習から抜け出そうとする5人姉妹の運命を描く

    アカデミー賞ノミネート作品は伊達じゃない
    デビュー作でこれほど洗練された作品を見せられてしまうと一瞬で言葉を失ってしまう

    えっとこれ、本当にデビュー作なんですよね…?と疑わずにはいられないほど凄まじい完成度の高さで、エンドロールに入った瞬間自然と手を叩いてしまった自分には驚いたけど、そんなことをしてしまうのも仕方がないくらいの傑作超えた怪作

    21世紀の物語とは到底思えないような古臭い習わしに対する問題提起とメッセージ性
    しかしそれらを描きながらもしっかりとエンターテイメント作品へと昇華し、芸術性にも長けているともなれば非の打ち所がない

    設定は時代錯誤も甚だしいけど監督の自伝的な作品ということなので、今もなお世界のどこかでは続けられている悪しき風習なのだろうし、典型的な男尊女卑を描いてはいるけどそれ自体に不快感はなく、押しつけるようなフェミニズム色の強い作品には感じない

    光を多用する卓越された美しい映像にのせられるロングヘアの五人姉妹の凜とした美しさもさることながら、まだ幼い少女達の無防備さも決して失わせることのない絶妙なバランス感覚
    やさしく丁度良いタイミングで使われる理想的な音楽も、感慨にふけるにはどんぴしゃと言えるほど秀逸

    終わってみればぼろぼろ泣いてしまった
    でもそれは抑圧されて虐げられる少女達に同情した涙ではない
    ただこのディストピアのような悪魔の空間に存在する少女たちが、辛く悲しくも前を向き、現実と戦いながら生きていこうとする逞しい姿がどうしようもなく琴線に触れてくる

    初っぱなからキャッキャと楽しむ少女たちの姿すらも、一度観ていると落涙が止まらない

    しかしこの映画は決して映像美だけでない
    瑞々しいタッチで微笑ましい少女たちの姿やクスッと笑えるシーンも時折挟まれ、そのギャップが後半の怒濤のスリリングな展開にめちゃくちゃ効いてくる見事な構成・演出力

    この先も少女たちを取り巻く環境は明るいとは限らないけど、鮮烈なラストカットが脳裏に焼き付いて離れない

    何より、演じた五人姉妹全員がひとりひとり魅力的だったのもというのも大きい
    個人的には末っ子が一番印象的で、幼いながらにキリッとした美しさをみせつつも、年相応の大人に対する反抗的な目つきを自然とする演技が感心するほど上手い

    97分というコンパクトにまとめあげてもなお異次元の満足度
    廃盤になってしまっているようですがブルーレイ欲しいなぁ

    相変わらず邦題の酷さには辟易しますが…

    〈 Rotten Tomatoes 🍅97% 🍿88% 〉
    〈 IMDb 7.6 / Metascore 83 / Letterboxd 4.0 〉

    2021 自宅鑑賞 No.208 U-NEXT

  • 3.6

    akihiko810さん2021/04/13 14:20

    gyaoでざっと見る。
    トルコ、フランス、ドイツの合作映画。アカデミー賞外国語映画賞のフランス代表作品。

    トルコの小さな町に暮らす親を失った5人の若い姉妹が、外出を禁じられ性的虐待や結婚を強いられながらも抵抗する様を描く。
    13歳のラーレは5人姉妹の末っ子。10年前に両親を事故で亡くし、いまは祖母の家で叔父たちとともに暮らしている。学校生活を謳歌していた姉妹たちはある日突然、家に閉じ込められてしまう。古い慣習と封建的な思想のもと、電話を隠され、扉には鍵がかけられ、自由を奪われた「カゴの鳥」となった彼女たちは、ひとりひとり見知らぬ男のもとへと嫁がされる。ラーレは自由を取り戻すべく、ある計画を立てる…。

    自然光らしい柔らかな光や影を巧みに取り入れた映像、少女たちを幻想的に撮った画面が美しい。
    それと比例して話は胸糞悪い。トルコの田舎はまだこんな因習があるのだろうか。
    気になったのが、少女たちの戯れを自然光の中で「幻想的に強調して」撮ったこと。男性監督がもしこれを撮ったら今のご時世「ロリコンかよ」と非難されると思うのだが、女性監督ならば許されるのだろうか…?自分は好きだが

  • 4.3

    CHiiCOさん2021/04/11 19:10

    鑑賞記録

    内容が内容だけにもう一度観ろと言われてもちょっときついけどそれとは裏腹に、むしろそれとの対比で描かれた、淡い優しい光の下で戯れる美しい娘たちを追うカメラの動きやトルコの海や山、夜明け前の町の光など色の使い方はため息ものです。

    個人的に、海外に行った時のことを思い出したのか自分の過去の記憶とリンクしてどこか懐かしい気分になりました。

  • 3.6

    ヴァルーンさん2021/04/10 23:07

    久々に重い話を見たけど辛いなぁ〜〜(;ω;)
    これ現代の話なのかな?だとしたら本当にやるせない。 まだ世界のどこかで囚われてる若い子たちが沢山存在してるってことですよね。

    自由というものが一切ない生活を強いられてるものの、5人姉妹の仲の良さはかなりあってこの映画ではそこが救いだったかな。 まず5人とも綺麗笑

    色んな国や時代を見ると嫁ぎ先を勝手に用意される話はよくあるけど、軟禁も加わるのはこの映画が初かも。 なんかもう色々と考えてしまった。

  • 4.1

    山月いつかさん2021/04/09 04:13

    GYAO!で観賞。期間限定と言えどこれが無料って…。深夜に観たからか、初めて使うタブレットで観たからか、大して広告も入らなかった。

    二重の意味でシスターフッド映画。
    一時停止してじっくり眺めたくなるような美しい絵作り。
    身を削る思いをしてでも伝えたいことが沢山込められているはずなのに、脚本がよく練られていて散文的にはならず、物語がドラマチックだった。
    視聴後に原題がMustangだと知って、野生馬が駆け抜けていく景色を主人公に重ねたし、頭のなかで中学のときに初めて聴いたフェンダーのムスタングの音が蘇った。

    なんてマシな環境に生きてるんだろうと思いながらも、人間として扱われていないと感じる瞬間は自分自身の日常にもあり、こういう作品はいくつでも何度でも観て、是正が必要だと訴えていくしかないんだろうなと思う。

  • 3.6

    SohDIRECTORさん2021/03/30 22:46

    トルコ 原題「mustang」野生馬かな???裸足の季節の方がいいと...

    ま~5人姉妹がキレイなこと!特に末っ子が可愛くて!!
    そんな末っ子が、転任する先生との別れに涙するシーンから始まり、心奪われます。

    そんな出だしに打って変わって、今でもそうなのか疑問ですが、封建的な古い習慣が残ってる、田舎の村が舞台。

    途中から苦しくて....頑張れ末っ子!!

  • 3.5

    ヤクザシスタさん2021/03/20 15:24

    まず西暦はいつの話なのだろうか?
    服装を見るとそんなに大昔ではない様子だからこそ驚愕するド田舎の風習。
    世界にはさまざまな宗教も絡みあいながら信じられないような呪縛的な慣習がこのご時世でもリアルに存在するのでしょうね。
    本人達が良いならいいけど選択する権利は
    流石に必要でしょう。

    姉妹達の演技がとにかく自然。
    派手さはないのに引き込まれる演出。
    時々流れに違和感を感じたりすることはあったが映画としては合格。

  • 3.4

    ひな鳥ピヨーさん2021/03/20 01:10

    男尊女卑を信じて疑わぬ風習

    少女は純潔で初夜をむかえた証明としてシーツの確認?
    処女を守るためにお尻で?えー…
    鉄格子までつけられて命懸けの脱出
    もう、出荷じゃん

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す