お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEK

G
  • 字幕

誰もが知っているバンドの知られざるストーリー

アカデミー賞受賞監督のロン・ハワード監督×世界で最も有名なバンド、ザ・ビートルズ。彼らは今では一般的になった全世界ツアー公演やスタジアムでの公演を、初めて行った。その革新的な活動期間は3年間、少なくとも350公演をこなした。本作ではそのうち63年に始まった15か国90都市166公演に及ぶツアーの様子、そして4人が最後に観客の前で演奏した66年8月29日の公演まで、まさにバンドの全盛期を貴重な秘蔵映像と共に描き出す。この特別な数年間にいったい何が起こっていたのか。そしてなぜ彼らはツアー活動をやめてしまったのか。知られざるストーリーが今明らかになる。

詳細情報

原題
The Beatles: Eight Days a Week - The Touring Years
作品公開日
2016-09-22
音声言語
英語
字幕言語
日本語
作品公開日
2016-09-22
制作年
2016
制作国
イギリス
対応端末
公開開始日
2016-12-20 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

ドキュメンタリー洋画ランキング

ザ・ビートルズ EIGHT DAYS A WEEKの評価・レビュー

4
観た人
8073
観たい人
7138
  • 4.2

    dさん2022/01/25 20:17

    良ドキュメンタリー。もっと早く見ればよかった!

    どこの国でも著名人の足を引っ張りたがる記者はいるんだね。

  • 4.2

    行川野火さん2022/01/25 01:02

    当時の映像が画質良すぎるしカラーだしびっくり。映画館で観たい。

    乱暴でも下品でもない、ちょっとふざけた感じの記者会見面白いな〜
    「僕たちは大人になっていった。いつまでもshe loves you ばかり歌っているわけにはいかない。」
    この言葉はおれの心にぶっ刺さった。💘

  • 3.7

    雪祭りっ子さん2022/01/24 22:14

    ビートルズは解散後しか知りませんね
    まだ子供だったから
    夜中のラジオで聴いてましたよ
    解散後も何度もビートルズブームが来たよね
    大人になって赤盤青盤買いました

    当時の時代背景がわかり、
    ビートルズの魅力が良くわかりました。
    人種差別無しのコンサートをしたり
    メンバーがお互いを大切にしてたり
    彼らの音楽のレベルの高さや
    異常な程の人気、それ故の苦悩など
    とても面白く、ビートルズの音楽や人間性に
    改めて惹かれてましたよ💕
    でも当時武道館でコンサート観に行って
    きゃーきゃー叫んでいたかったなぁ
    右翼の妨害凄かったのね💦

    ビートルズを知らない世代は
    どう感じるのかなぁ


  • 4.5

    えでぃーさん2022/01/23 23:07

    いつの時代も世界的スターというものはかっこいいな。

    ただの操り人形じゃない彼らのスタイルが、ブームで終わらせなかったんだろうなあ。
    これ、映画館で観たかったな。

    ビートルズ、音楽を楽しんでくれてありがとう。

  • 3.9

    Lottaさん2022/01/23 20:30

    ビートルズはもちろん知ってるけど、全然詳しくない。
    だけどこれ観たら好きになるね。

    少なくともこのフィルムの中の4人は嘘がない人たち。純粋に音楽を楽しんでるまっすぐな人たち。
    終盤のジョンの失言?についての釈明会見もすごく真摯で誠実だと感じた。

    人気者になりすぎると神格化された自分が、自分自身と乖離してしまう。
    ヒット作を生み出したアーティストたちが絶対通る道なんだろうけど、、
    それでも作品を生み出し続けられるから天才と呼ばれるのだろう。


    ウーピー・ゴールドバーグのインタビューが印象的だった。

    「誰でも受け入れられるとビートルズから教わった。イケてる子じゃなくても関係ない。ビートルズのファンになれる。それって最高。そのことを忘れず今までやってきた。私は私自身なのよ。好きな格好をして好きなように生きていい。」


  • 3.9

    Pさん2022/01/23 20:13

    「お揃いのスーツはいいアイデアだ。僕らは一つになった。頭が四つあるモンスターに」
    確かにスーツ可愛い〜。女の子たちが叫ぶのもちょっとわかる。SNSのない、有色人種の隔離された時代の熱狂。当時の雰囲気を追体験できておもしろかった。時代のうねりと大人になる過程を感じられるドキュメンタリー。
    自分だったら誰のファンになるのかな。キュートなポールかな?

  • 3.5

    lalalalabombaさん2022/01/23 16:03

    世界的なスターになった4人組を知らない人ももうかなり多いだろう。

    ビートルズもクイーンも伝説のロックバンドなのだろう?

    どういうわけかケネディの暗殺を覚えている。記憶が作り上げたものなのかわからないが衛生生放送がケネディの暗殺だった。

    彼等をここまでビッグスターにしたマネージャーの名前がエプスタインとは!

    確かにただのロックバンドにしては世界の騒ぎ方がおかし過ぎる。
    まるでただの風邪で世界中の社会活動が止まってるみたいだ。

    時代と世代がビートルズを作ったとジョンは言っていたがもう一つ別の力がここまでにした。
    ただのロックバンドなのに。

    ビートルズが来日した時のことも覚えてる。日本は空前のグループサウンズブームだった。

    考えてみれば今50歳のおじさまおばさまはグループサウンズを知らないんだよな。

    コロナ禍を見てもわかるようにテレビや新聞の力はまだまだ健在ではある。だがその力も限界に来ている。
    子供たちはテレビ番組などは見ずに自分の好きなYouTubeを見るという。
    みんな見てるから自分もという感覚はなくなっていくだろう。
    小学生はSMAPさえ知らずキムタクはカッコつけたおじさんなのだそう。

    ただのバンドを世界的なスターにしたその力はジョンを殺しジョージを殺し、リンゴとポールは生きている。

    ロンハワードもエルヴィスコステロも少し年上だけどほぼ同世代。
    ロンハワードはなぜこの映画を撮ったのか。

    やはり子供の頃の環境が与える影響は大きい。

    カラー処理をされて当時のティーンが叫ぶ顔がところどころに挟まれる。

    あの頃のペニーレインたちは今どうしているだろう?


    2022年の現在キリストよりビートルズより有名な人はテレビや新聞だけでなくYouTubeの中にも沢山いる。

    ビートルズ映画の中では最高のエンディングだと思う。

  • 3.7

    マさん2022/01/23 10:09

    これほどに政治や世間を動かしてたのはもう今後無さそうと思えるくらい、いい音楽の映画。
    ある人がビートルズのコードしか教えてあげないから!とか流行りの音楽なんかクソだ。っていわれて
    夜中にイエスタデイを弾き語ってくれたり
    でもそれほどにビートルズになぜ夢中になるのか疑問だった。それがわかった。

    いまは謎に事務所が囲んで売り上げに目がない経済。ほんとに苦悩していいものだけを届けようとする若くて可愛い少年たちだったんだって今でも新しく見えるね。

  • 4.0

    0さん2022/01/22 19:45

    音楽、ファッション、アートディレクション。
    60sを感じることができる作品。売れっ子の苦悩。熱狂の世界。"音楽がいちばん身近にあった"
    当時の日本を客観的に見れたり、伝えたいメッセージが随所に散らばっていて美しい作品でした。

  • 4.1

    Naotoさん2022/01/22 14:10

    ビートルズデビューから活動の場をスタジオに移すまでの激動期が主のドキュメント。やっぱビートルズすごい。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました