お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

疑惑のチャンピオン

G
  • 吹替
  • 字幕

世界を震撼させた、ドーピング・スキャンダルの事実が明かされる!

1993年にサイクルロードレースの最高峰〈ツール・ド・フランス〉にデビューした若きアメリカ人、ランス・アームストロングは、勝利への飽くなき野心に満ちあふれていた。しかしスイスの薬局で血液中の赤血球を増加させる薬を購入し、レースで優勝した直後、激しく咳き込んで吐血してしまう。医師から、重度の精巣ガンに冒されすでに脳にも転移していると宣告された彼は、絶望のどん底に突き落とされる。過酷な大手術とリハビリを経て快復したアームストロングは、競技生活に復帰しチャンピオンに返り咲くため、スポーツ医学の権威であるイタリア人医師ミケーレ・フェラーリの指導を仰ぐ。フェラーリはサイクリストのパフォーマンスを向上させる独自のプログラムの実践者だった。こうして再出発の態勢を整えたアームストロングは、1999年の第86回〈ツール・ド・フランス〉に乗り込み、驚異的な快走を披露して見事に優勝を果たすが、ガンを克服してのセンセーショナルな復活劇にかねてからアームストロングの才能を高く評価していたスポーツ・ジャーナリスト、デイヴィッド・ウォルシュは疑念を抱く。上り坂が苦手だったアームストロングが、短期間のうちにこれほど飛躍的にスピードが上昇するようになったのは、あまりにも不自然ではないかと……。その後も彼は無敵の快進撃を続け、2005年の〈ツール・ド・フランス〉で7連覇を達成。しかし、その偉業と共に巧妙な手口でドーピング検査をすり抜けながら、ウォルシュからの追及を躱し続ける闘いも繰り広げられていた。サイクルロードレース史上に偉大な記録を打ち立てた最強のチャンピオン、ランス・アームストロング。果たして彼は英雄か、それとも……。

詳細情報

原題
The Program
作品公開日
2016-07-02
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
作品公開日
2016-07-02
制作年
2015
制作国
イギリス/フランス
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2016-12-20 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

疑惑のチャンピオンの評価・レビュー

3.4
観た人
2183
観たい人
2440
  • 3.5

    sさん2020/05/24 13:29


    趣旨とずれてるかもしれないけど、死ぬほどトレーニングとか練習したことに加えてのドーピングだろうから、そういう本人の努力のシーンが少しもなかったのはなんとなく残念というか可哀想というか。ただ薬物の力で楽々連勝してた人に見えちゃった。

  • 3.5

    しっぽさん2020/05/23 23:50

    見る前にツールドフランスについて調べたら、優勝者なしの年がいくつかあり、?と思った。
    映画を見たら、その答えが分かる。
    もう、すんごい負けず嫌いなんだろうな。

  • 3.5

    Kさん2020/04/26 14:06

    スポーツマンシップが歪んでしまうほどに自転車ロードレース最高峰のツール・ド・フランスでの優勝を夢見ていた自転車レーサー、ランス・アームストロングの栄光から転落を描いた映画。

    癌には打ち勝ち多くの人に生きる希望を与えたヒーローが、己の心の弱さに負けて結果的に多くの人々を裏切ってしまったのは非常に残念。

    一方で、なぜ長い間彼のドーピング問題が明るみに出なかったのかという点がこの映画の趣旨でもある気がする。自転車界、メディアといった巨大な力が、彼の癌からの復活と活躍を結びつけたヒーロー物語を守ろうとしていたことがこの映画から伺い知れる。

    肉体を酷使した過酷なレース、人間の限界に同じ人間が挑むからこそ感動ができるわけで、当時の腐り切ったスポーツ界を切り新たな時代への脱却のためにジャーナリズムを貫いたデイビット・ウォルシュこそグリーンな自転車界を守るヒーローなんじゃないかと思う。

  • 3.3

    attoさん2020/04/14 22:38

    こんな、事実があったのかという史実確認のような作品。

    ある意味何も考えずに観れる。
    アームストロングがもしガン患者を本当に救うためにドーピングをしているとしていたら映画にきっと深みがでた。

  • 4.0

    Echoesさん2020/04/04 00:07

    ランス・アームストロングという何とも評価しがたい人物について、悲運のヒーローとしてでもドラッグまみれの卑怯者としてでもなく、思いの外ニュートラルな視点から描いたドキュメンタリーであり、彼がいかなる人物なのかを理解する取っ掛かりになった。
    本人の強靭なエゴだけではなく、マスコミやUCI、自転車業界の色々な人の思惑が相まって虚像のヒーローを作り出してしまったのであろう。
    アームストロングと競い合った相手たちもドーピングをしていたとの描写が劇中にも多少はあったが、そうした中で他に勝つ手段があったのかどうか、一体彼はどうすべきだったのかと考えると何とも答えに詰まる。
    チームメイトのフロイドがドーピングについて追及されてタジタジして目が泳ぐのに対して、アームストロングは全く動じずにドーピングをしていないと言い切ったことの対比は、彼が常人離れした太々しさを持った人物なのだということが分かりやすく面白かった。
    アームストロングがいかなるメンタリティで末期癌に犯されようが常に勝つことや相手を打ち負かすことに徹底的に拘り続けたかとか、ツールで7連覇して自分の力を全て証明してもなぜ現役に復帰したかは、全くこの映画から見えて来ず自分にはわかりようがなかったが、彼の不屈の闘志や精神力には常人の理解を超えたものがあるのだとは思う。

  • 5.0

    ばななさん2020/02/22 15:13

    小さい頃ロードレースやってて
    ドーピングとか考えたこともなかった。
    アームストロングは憧れだったし、
    この映画を観て勝利への執着が怖いと思った。

  • 3.9

    Aさん2020/02/20 19:51

    2回目の鑑賞です。
    最近アスタナのヤコブ・フグルサングが本編にも出てくるフェラーリ医師との関与を疑われているくらい、未だにタイムリーなスキャンダルです。

  • 3.2

    石ちゃんさん2020/02/18 12:52

    自転車選手だった旦那様と娘
    神のように崇めていたのに
    真実は残酷でした!
    やはり薬は駄目ですね。
    嘘もいけないと心から思いました。

  • 3.1

    げぶらしらえさん2020/02/16 11:58

    映画中にも出てくる
    『ただマイヨ・ジョーヌのためでなく』
    を読んで、ランス・アームストロングの生き様に感銘を受けて、あの黄色のバンドも購入するくらい彼をリスペクトしていたのに、真実が分かったあとの反動が大きかったことを思い出します

    音楽も良かった
    ラモーンズ
    レディオヘッドetc

    しかし結局のところ、ランスが依存していたのは、薬ではなく強過ぎた勝利への執着?

    それが行き過ぎて、目的のためには手段を選ばなくなったのか…
    だからと言って肯定は出来ない行為であるが、もし自分があのプログラムの一員になってしまった後に簡単に抜けられるか?について考えた

    「批判はしてないよ、ただ後悔しているだけだ」

    と呟いたチームメイトのフロイドの一言が刺さる…

  • 3.6

    yoyoyoさん2019/12/19 12:54

    ドーピング疑惑のアーム・ストロングのお話。今作を見た時、ちょうど「弱虫ペダル」にはまってて自分の中に自転車ブームが🚴‍♂️到来してたっけ。自転車競技は自転車自体もユニフォームもかっこよくて、走ってるシーン見てるだけでも好き。今作も疾走シーンは本当かっこいい。
    25歳で癌を患ったアーム・ストロングが治療を経て競技に復帰した事実がすごい。超人だと思う。
    人間性は好きなれないし関わりたくない。いくら上を目指したいからと言ってボーダーラインを見極められないのはだめだよー。自転車好きな人におすすめの作品。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す