お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

シチズンフォー スノーデンの暴露

G
  • 字幕

米国政府のスパイ行為を告発した男、エドワード・スノーデン。世界を震撼させたスノーデン事件の全ての記録――。

イラク戦争についてのドキュメンタリー映画で高い評価を得る一方、米国当局からの監視や妨害を受けてきた気鋭の映画監督ローラ・ポイトラスは、2013年初め、“シチズンフォー”と名乗る人物から暗号化されたメールを受け取るようになる。それは、NSA(国家安全保障局)が米国民の膨大な通信データを秘密裏に収集している、という衝撃的事実を暴露するものだった。ローラは“シチズンフォー”に会うため、旧知のジャーナリスト、グレン・グリーンウォルドとともに香港へ飛ぶ。そこでふたりを待っていたのは、元CIA職員エドワード・スノーデン。彼の口から明かされた驚くべき真実とは―。なぜ彼は自らの身の危険も顧みず、この告発を決意したのか―。そして、緊迫した状況の下、ローラとグレンはいかにしてジャーナリストとしての使命を果たす戦いに挑んだのか―。

詳細情報

原題
Citizenfour
作品公開日
2016-06-11
音声言語
英語/ポルトガル語/ドイツ語
字幕言語
日本語
作品公開日
2016-06-11
制作年
2014
制作国
アメリカ/ドイツ
対応端末
公開開始日
2016-12-23 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

シチズンフォー スノーデンの暴露の評価・レビュー

3.7
観た人
3369
観たい人
5024
  • 2.8

    Yurariさん2021/11/22 18:05

    映画というジャンルなのかよく分からないが・・。

    スノーデンは勇気があったと思うし、意味のある告発だったとも思う。

    一方で、国家安全上情報収集するのはある意味当然の事だとも思う。その対象が罪なき個人に広がるのはアカンやろというのは分かるが、膨大なデータの中で、国家安全上問題のない個人に焦点が当たることはほぼ皆無では・・。
    どこまでOKで、どこまでがNGかという境界が明確であれば、傍受は仕方がないように思う。おそらく境界が明確でなく政治がらみで解釈が揺らぐのが問題だから、大きく取り上げられたのだろうが・・。

    国家安全や個人情報保護に関する解釈がよく分からず、自分の考えがズレているのかどうかも分からない。ちゃんと勉強しよう。

  • 3.9

    Kさん2021/10/28 23:43

    機密情報の方は壮大すぎて…出演者たちの聡明さの方に気を取られる。言葉遣いもパワフル。記者のグレンさん、今はブラジル在住とはいえポルトガル語ペラペラやん(いつから住んで?)。しかも空港で拘束された彼がパートナーなの?あと、製作総指揮がソダーバーグ!ドキュメンタリーとしてすごいけど、あれから何年も経った今の世界は、プライバシーの侵害どころじゃない気がする。

  • 4.0

    映画ファンさん2021/10/15 18:53

    ローラ・ポイトラスが描くエドワード・スノーデンのドキュメンタリー映画
    2017年の実録映画版スノーデンを見た後だとまた違った見方になる
    スノーデンとの対話が映画の9割を占めているのにしっかりと伝わりやすくスリリングなものになっているのも素晴らしい

  • 3.8

    あさん2021/10/05 13:28

    見えない力に守られている事実
    見えない権力に自由が侵されている事実
    事実を知ったからといって
    今の自分に何かできるかというと
    そういう訳でもない
    現実は何もできない事実
    そんな事実を突きつけられた

    わかりやすい言葉で希望や理想だけを語り、
    自分の正義を押しつけて、
    丸めこもうとしてくるものには気をつけたい

  • 3.6

    まきまきさん2021/10/04 22:10

    自宅で観ましたぁ〜。

    これ、ドキュメンタリーやんね?

    この作品の前に、
    映画のスノーデンを観た。

    映画に引けをとらない展開。
    そしてこれが事実であり、
    その事実は、国レベルを通り越して、
    世界レベル。

    情報を活用すればするほど、
    プライバシーもさらされていく。
    少なくとも、国が驚異と感じた事があれば、
    その驚異を取り除くため、ありとあらゆる手段は許されていいという、
    考え?かなぁ。

    怖い怖い。

    ドキュメンタリーの最後の方では、
    伝家の宝刀とも言うべき、
    紙とペン!!
    まさに、記者だね。

    とても興味深い作品でした。

    やっぱりドキュメンタリーは面白い😊

  • 3.8

    hallyさん2021/09/27 22:52

    生々しい緊迫感がすごくてこれ本当に映画じゃなくてドキュメンタリー?ってなったし、これが現実ってのが下手なホラーよりホラーだなと思った。こわ……
    映画の方のスノーデンも観ようと思う。

  • 4.0

    eop421さん2021/09/26 21:04

    これを観る前に時間があれば、Netflixの『ターニングポイント』を見ると良いでしょう。ステラウィンドに関することが言及されています。身の危険を冒してまで告発するのは勇気のいること。全世界的に、国家や企業が一般市民に対して監視をしているのかも?という認識を持たせるきっかけになったのではないでしょうか。スノーデンのことは知ってはいたけれど、あえて彼に関する本や映画などに手を出してきませんでした。けれど『ターニングポイント』を観て無視できないことだな、と思ったので観てみました。彼の政治亡命にジュリアン・アサンジが絡んでいたのは初めて知りました。

  • 4.0

    guitarraKENZIEさん2021/09/26 10:57

    スノーデンさんはトレント・レズナー、リチャードパトリック系の骨格だなぁと思ってたら、エンディングでNINの曲が流れてびっくり。ひきこまれるもんはありました、自分で取捨選択いろいろ必要でしょうね。

  • 3.6

    ゆうゆうさん2021/09/23 11:54

    映画としてはどうかと思うけれど内容の衝撃はかなりありますね
    美しい恋人 恵まれた生活を持つ彼が全てを捨てるリスクを負ってまで告発するに至った行動力には脱帽する

    ただ 監視社会はたしかに不気味ではあるけれど治安を維持するためにはある程度しかたがないことだと私は思うのです この前「ホテル・ムンバイ」を観たばかりだから尚強く思うのかもしれない
    いや プライバシーの侵害云々より命だよ 国が国民を監視するのはしかたがない どうぞやってくれ それが犯罪やテロを未然に防ぐためになら

  • 4.2

    shinさん2021/09/21 01:28

    このドキュメンタリー公開後、2016年に日本に向けたインタビューの記事がある。
    このドキュメンタリーを観た人はさらにこの記事を是非読んで欲しい。
    【スノーデンの警告「僕は日本のみなさんを本気で心配しています」】
    https://gendai.ismedia.jp/articles/-/49507?imp=0

    オリヴァー・ストーンの『スノーデン』後に鑑賞
    生々しくとんでもないドキュメンタリー映像
    『スノーデン』よりも濃密で衝撃的だった

    上の記事にもあるように日本人と日本のメディアが暴露当時〜今現在に至っても他人事のようにこの一連の事象に関心がないことが怖い。
    世界報道自由度ランキング2021年版で日本は「71位」これが全て

    治安維持、テロ阻止の為ならある程度の監視社会もありだと思う。
    ただそれを利用するのが人間である以上、スノーデンが暴露したような政治利用、軍事利用、私利私欲の為にまた利用される危険が十分にある。
    政治利用されたら回り回っていつか日本の一般人の自分達にだって何かしらの弊害がもたらされる可能性だってある。
    まぁこういう真実を知った所で一個人でなにも変えることが出来ないことがもっと怖いかな。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました