お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

92歳のパリジェンヌ

G
  • 字幕

92歳のパリジェンヌが選んだ”美しい人生”。凛と生きる母と、彼女を支え続ける娘の感動の物語。

子供や孫にも恵まれ、穏やかな老後を過ごすマドレーヌ。まだまだ元気な彼女だが、92歳の誕生日のお祝いに駆けつけた家族に対して驚くべき発表をする。気力があるうちに、自らの手で人生に幕を下ろすというのだ。絶対反対を唱える家族たちと、揺るがないマドレーヌの意志。しかし限られた日々を共に過ごす中で、次第に家族たちはマドレーヌの想い、そして彼女の生きてきた人生と触れ合っていき―。

詳細情報

原題
THE FINAL LESSON/La dernière leçon
作品公開日
2016-10-29
音声言語
フランス語
字幕言語
日本語
作品公開日
2016-10-29
制作年
2015
制作国
フランス
対応端末
公開開始日
2017-05-02 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

ヒューマン洋画ランキング

92歳のパリジェンヌの評価・レビュー

3.7
観た人
2781
観たい人
3851
  • 3.5

    映子さん2021/11/17 22:41

    これはねぇ
    泣いた。
    こんな泣くとは
    思ってなかった。

    尊厳死

    自身の美学の為
    92歳の誕生日に
    「私は2ヶ月後に逝きます」
    と断言するマドレーヌ

    母親の気持ち
    娘の気持ち
    息子の気持ち
    全て共感出来る。

    清々しいほど
    淡々と準備を進めるマドレーヌ
    少し楽しげにも見えるが
    それがまた泣けてくる。
    それを見守る
    家族側の気持ちで観ると 
    また泣けてくる。
    自分の母親が
    自ら逝こうとしている準備を
    手伝うなんて、、、

    実話ベース

    個人的にツボってしまい
    しゃくりあげて泣いたわよ。

  • 3.8

    カワグチさん2021/11/13 00:37

    フランス映画の雰囲気は相変わらず素敵だな

    尊厳死って物凄く難しいテーマだよね。

    俺は病院で大量の管に繋がれながら死ぬのと、家で家族や思い出に囲まれながら死ぬのって後者の方が良いなと思っちゃう。

    1日でも長く生かすのが医者の仕事でもあって、世の中の常でもあるから幸せなうちに死にたいって理論は現状認められないし、、本当に難しいテーマだと思います。

  • 3.7

    67さん2021/10/28 00:48

    死に方くらい選んでいいよねと思うけど、逝かれる側、これほんとにどうしたらいいの、やるせなさすぎる、辛い

  • 4.1

    pirokoさん2021/10/25 15:57

    尊厳死がテーマのフランス映画。
    ひとつひとつ、事実を元にした映画だけあり、描写が丁寧でグッとくる。
     
    邦題は流石に酷すぎていただけないけれど、
    信念を貫いて生きるということについて、考えさせられた。
      
    ずっと気になっている祖父母のこと。。
    本当に、満足する人生の最期を全う出来ているのか。
    自分の願う生き方と死に方を選べているのか。
    納得のいく人生を歩む、はとても大切と思う一方で、
    死というものについてはそう言い切れないこと。
    その言い切れなさを創ってきた、その人の生き様があること。
    そして、その周りの人達にとっての納得感もまたリアル。
     
    愛情ゆえに、揺れる家族の心持ちを丁寧に映し出していて
    とても美しく、涙を誘う。
     
    正解どうこう、倫理どうこうではなく、
    母と向き合おうとする娘と、娘に支えられる母の心境。
    思い出と共にダンスして笑い合うシーンは
    込み上げてくるものがどうやっても抑えられない。
    恍惚なフランスらしい映画で、とても人間臭くて好きだった。
     
    どんなふうに生きたら、
    死ぬ間際に振り返って「ああ、良かった」と心から思えるのか。
    そんな問いを残してくれる。
     
    引き裂かれそうな気持ちの中で観たからか、
    家族という、近そうで遠く、得体の知れない存在との向き合い方を
    優しく教えてくれるようだった。
     
    人間は最終的には
    各々、自分自身で幸せを掴み取るしかないのかもしれないが、
    それを時にはぶつかり、時には支え、互いに愛していく。
     
    それが家族という存在なのかもしれない。

  • 4.0

    SAKURAさん2021/10/24 20:58

    尊厳死、自分は求めないと思うけど、
    家族が求めたら認められるかは自信がない。
    どんなことをしても生きていて欲しいと
    思ってしまうのではないだろうか。

    どう生きて、どう最後を迎えるか、
    とても考えさせられる作品でした。

  • 4.0

    おとのなみさん2021/10/18 05:21

    年老いて行くたびにできない事リストが増えて行く。気力があるうちに逝きたい。自分の遺品を一つずつ片付けて残す子孫に手間を取らせないように。本人の葛藤、身内の葛藤、ともに辛い。

    けど、いつか終わる日は誰にも来る。それを自分の意思で決めるのか、管に繋がれ意識なくなるまで生きながら得るのが正しいのか否か。尊厳死を主張した実話を元にした作品。考えさせられるな。

  • 5.0

    Chibioさん2021/10/04 17:15

    それぞれの気持ちに共感する部分がありました。

    愛しているから、認められない。
    愛しているから、受け入れる。
    おばあさん本人の気持ち。

    尊厳死は“死”なんだけど、自分の人生をどう生きたいか、という“生き方”の事でもあるんだなぁ…。

  • 3.6

    まゆかりチャンネルさん2021/09/26 12:01

    尊厳死の問題を取り上げた映画です。
    80代とはいえ 子供達や孫から見たら まだまだ元気で 生きていて欲しいお母さんであり、おばあちゃん。
    でも、本人は 悩みを抱えていて尊厳死を考えていた。
    子供や孫達の思いとお母さんの決意が ぶつかり合い 最後
    とんな決断をするのか。
    安楽死や尊厳死について、日本では認められていないだけに
    色々考えさせられました。

  • 4.3

    ひろゆきさん2021/09/14 21:25

    銀幕短評(#578)

    「最後のレッスン」(原題)
    2015年、フランス。1時間46分。

    総合評価 86点。

    じゅうぶんな時間があるし、愛してくれるひとばかりだ。
    粛然とした 死の予感が 死の決意が、登場人物ひとりひとりの生をきわだたせる。かれらの生をきらめかせる。愛するひとがいることのよろこび、愛してくれるひとがいることへの感謝。そういうところを非常に細やかな感性で うまくえがき切っています。

    さきに 死生観はひとによって大きく異なると書きました。老いによる死について「パーソナルソング」68点で、尊厳死について「ミリオンダラー・ベイビー」78点で、それぞれかなり真剣に考えたつもりでしたが、この映画は2時間に みたない時間で、それらの視点を軽やかに飛び越えて 模範的な解答をやさしく教えてくれます。とてもていねいに作られた映画ですね。


    (事務連絡)

    わたくしごとですが、ちょっとしたプロジェクトがきょうスタートしまして、わたしの仕事が すくなくとも来年の春まで 極度に忙しくなることが確定しました。残業をせねばなりませんし、土日出勤もあるでしょう、東京出張も増えます。まあ 死なない程度にはたらく心構えと努力が必要なわけです。いきおい、フィルマークスへの投稿ペースも大きく低下します。なので、今後このサイトで じっと黙っていても、みなさんにいいねを押す数が減ったとしても、わたしは死んだわけではありません。ので、できれば存在を忘れないでください。さびしがりなので。といいつつ、新幹線の往復で映画をガンガン観ているかもしれない、という気もするのですが。

  • −−

    松田うろさささん2021/09/11 12:08

    尊厳死について:
    階段の上り下りがキツくなる、アクセルとブレーキを間違えて自動車事故するなど、自分の不可能性を感じると自ずと絶望してしまう、生きてる意味なんてないと思ってしまう。
    現況では自殺は悪として認識され、人に迷惑をかけるくらいなら死なせてという考えは、否定される傾向にある。幸せとは何か、死ぬという希望を奪い去ることなのか。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました