お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

疑わしき戦い

G
  • 字幕

実力派俳優ジェームズ・フランコ監督・主演作!『エデンの東』『怒りの葡萄』の原作者、ジョン・スタインベックの著書を映画化!

舞台は、アメリカが大恐慌の波に揉まれた1930年代カリフォルニアのリンゴ農園地帯。リンゴ農園で働く900人もの移民たちは過酷な労働を強いられたうえ、約束の賃金より安く働かされており地主たちと衝突。ジム・ノーラン率いる労働者たちは結束し、一団がストライキを起こすが…。

詳細情報

原題
IN DUBIOUS BATTLE
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2016
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2017-06-02 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

疑わしき戦いの評価・レビュー

3.3
観た人
105
観たい人
314
  • 3.5

    みむさんさん2020/06/03 19:17

    ジョン・スタインベックの同名小説をジェームズ・フランコ監督主演で映画化。

    ジェームズ・フランコってこういう文芸的なものもしっかりやるインテリなところも好きだな。
    世界恐慌で、大不況のアメリカ、失業者は大量、職があってもびっくりするくらいの低賃金労働。
    ふたりの男が不満をもった労働者たちとともに運動を起こそうとする話。

    なぜ2人が組むようになったかというとこれからストまでを描いてるとてもまじめな映画だったな。

    不景気だから仕方ない、我慢しろ、というのを受け入れてしまえば生活すらままならなくなる。身内をなくしているジムはそれを肌で感じているからこの運動に懸けるんだね。

    だけどマックのほうは運動家、むしろ扇動家に近く、労働者を鼓舞する役割にしか見えなかった。

    しかし、丸腰の抗議に武力で制圧ってのは勝ち目はないな…。

    1930年代の話だけど似たような状況や抗議運動は今も起きている。
    歴史は繰り返す。世界は急激に変わったようでも、この時代でも昔と何も変わってないなと思うことがあるね…



  • 2.2

    Camilleさん2020/04/29 04:23

    セレーナみたさで観てみた!
    自分にはちょっと難しかったけど、なんとなーくだけ何か伝わった気がする😅殺されていく人が多くては見るの辛かったけど😣
    セレーナはやっぱり可愛いかった🥺

  • 3.5

    夏色ジーンさん2020/02/10 23:27

    感想川柳「現代も 同じ戦い 続いてる」

    予告が気になって観てみました。_φ(゚Д゚ )

    舞台は、アメリカが大恐慌の波に揉まれた1930年代カリフォルニアのリンゴ農園地帯。リンゴ農園で働く900人もの移民たちは過酷な労働を強いられたうえ、約束の賃金より安く働かされており地主たちと衝突。ジム・ノーラン率いる労働者たちは結束し、一団がストライキを起こすが…というお話。

    南北戦争で奴隷が廃止されても、結局いつの時代も奴隷はいるもので( ゚A゚ )今で言えば日雇い労働者だけど、ストライキする権利も労働基準法すらなかった。

    この頃の地主も権力者と懇意で、裏からも表からも労働者を虐げている。( :゚皿゚)

    でも労働者は立ち上がろうとはしない。(‘ε ’)長い間この環境に慣らされてしまっているし、スト潰しで心が挫けている。

    でも不満は溜まっていて、マックとジムのたきつけで一度はストライキに踏み出すも、地主の策略でバラバラになりかける。(;´A`)

    香港のストライキでもそうですが、中に入り込んで仲間割れを誘ったり、世間の評判を落とすのは非常に効果的だと分かりました。(´Д`)

    動き出してしまえば労働者が有利だけど、持久戦になれば権力者に分があるし、こういう邪魔も出来てしまう。(´д`|||)

    権力者のやることは今も変わってない。(。-ω-)ノ
    今の状況に慣れさせ、適度にガス抜きをさせ、仮想敵を作り、こちらを分断する。(-_-)

    会社や権力者と戦うには必要なことが描かれた作品ですね。( ・ω・)



    ジェームズ・フランコってほとんどが胡散臭い役ですよね(笑)(^_^;)))

    セレーナ・ゴメスっていつも重要そうな役になりますけど、実際は地味~な感じになっちゃいますね。(^o^;)


    気になるセリフ
    「人々の本当の望みは富や権力にない。人生に価値を求めてる。自分の価値だ。」

    んでまず( ´∀`)/~~

  • 3.7

    vanillaさん2019/09/18 00:35

    前半難しくてしんどくて3回くらい挑戦した笑
    けどジェームズフランコ好きだから頑張ってみたくて^_^
    後半は面白かった^ ^

  • 3.8

    MikiNさん2019/03/26 22:39

    前半イマイチ〜と思っていたけど最後まで観たらめっちゃリアルで素晴らしかった。
    ジェームズフランコの映画、セレーナゴメスも出てるけど内容は大恐慌の時代の農業労働者によるストライキの話。
    大義を持つと人間はある意味冷たい人間になってしまうのか。
    こういう人たちの上に今の歴史はあるんだよね。

  • 3.3

    AxTxKさん2018/11/23 16:34

    1930年代のアメリカ・カリフォルニアのリンゴ農園で働く移民労働者が、僅か1日1ドルという安すぎる賃金で過酷な労働をさせられていた。そんな中、労働急進派マック(ジェームズ・フランコ)という男が労働者として紛れ込み、農園の全労働者を率いて一大ストライキを起こす。

    新しい地で自由を求め、アメリカに渡って来た人達の苦労や挫折が分かり感慨深かった。また、こうした労働者がいたからこそ、働く権利が主張され、労働基準法が制定され今に至るのであろう。

    質の高い作品でした。

  • 3.3

    ゆみなさん2018/09/08 01:23

    ジェームズ・フランコ監督作品って事で観賞。

    実は感想書くやつまた溜め込んじゃって観たのが結構前になっちゃった。
    キャストが豪華なのはジェームズ・フランコの人柄なのかな?無駄に豪華すぎて全てを活かしきれていなかった印象。
    でも、確かに監督としての才能は有りそうなので、他の作品も観てみたいですよね。

  • 3.3

    犬さん2018/08/28 01:08

    物資

    大恐慌の波が押し寄せた1930年代のアメリカ
    カリフォルニアのリンゴ農園地帯では、労働者たちが安すぎる賃金で過酷な労働を強いられていた
    そんな中、ジムやマックが率いる労働者たちが結束してストライキを起こすが……

    俳優ジェームズ・フランコが監督・主演を務め、ジョン・スタインベックの同名小説を映画化したドラマ

    労働者の闘い
    彼らに感謝ですね

    やっぱりリーダーは必要

    雇用者と労働者の関係性
    今も変わらないところはありますね

    俳優陣は地味めだけど好きでした

    交渉しなければ〜

  • 3.0

    whitelilyさん2018/07/02 17:46

    1930年代世界恐慌の最中のアメリカ。失業者で溢れ多くの人々が低賃金、劣悪な環境で長時間労働を強いられ奴隷のように働かされた時代。
    労働環境の変化を望み闘った人たちのお話。
    働いて賃金を得、普通に生活することが当たり前じゃなかった時代もあったんだな…と改めて思う。
    マックの言葉、僕達はヒーローじゃない。自分たちのためではなく子どもたちの世代のために改革を起こすんだ、が胸に響いた。自分がいない後の世のために働き幸せに暮らしていける世の中を作ろうと命を懸けて闘った人々がいた。現代の労働基準法の礎。

    終始テーマは重苦しいけれどこんな歴史があったのだという学びがあって良かった。1日働いて1ドルは…残酷…。

  • 4.0

    しろくまさん2018/07/01 20:21

    うーん😓重いお話でした。

    搾取する側とされる側。アメリカのような自由社会だからこそ そこんとこは容赦ない。資本主義社会は突き詰めれば それが正当化されるものだから。

    ジェームズ・フランコ扮する現代日本でいうなら連合とか労組とか組合活動などで労働者の活動を支援する人。でも そういう人って理想ばっかり語って 自分は安全圏にいる(そういう人ばかりではないのかもしれませんが💦)というイメージですが 彼は違います。この活動に命をかけました。

    こういう人がいて 今 私たちが当たり前に権利を主張できるんだなぁ。考えさせられるなぁ。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す