お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

エゴン・シーレ 死と乙女

G
  • 字幕

ウィーン美術史に燦然と輝く名画「死と乙女」に秘められた真実!

1918年冬、第一次世界大戦下のオーストリア、ウィーン。スペイン風邪が猛威を振るう中、画家の兄、エゴン・シーレの身を案じた妹のゲルティがアパートを訪ねると、そこには重体に陥った兄が横たわっていた。瀕死の兄の看病を続けるゲルティは、部屋に残された絵画をみつけ、彼のモデルとなっていた若き日々を思い出す…。それは8年前、美術アカデミーを退学したエゴン・シーレは、安アパートのアトリエで裸体画を描き続けていた。そのモデルは、16歳になる妹のゲルティ。彼女の裸体画は、パトロンに好評を得ていたのだ。そして1年後、尊敬する画家のアトリエを訪れたシーレは、彼のミューズとなる女性、ヴァリと出会い恋におちる。だが幸せな日々は続かず、彼は13歳の少女とホテルの一室に泊まった事をとがめられ、幼児性愛者として訴えられてしまい…。

詳細情報

原題
EGON SCHIELE-DEATH AND THE MAIDEN
作品公開日
2017-01-28
音声言語
ドイツ語
字幕言語
日本語
作品公開日
2017-01-28
制作年
2016
制作国
オーストリア/ルクセンブルク
対応端末
公開開始日
2017-08-04 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

エゴン・シーレ 死と乙女の評価・レビュー

3.5
観た人
1736
観たい人
4293
  • 3.0

    さうしんしさん2021/10/10 12:56

    20世紀初頭のウィーンを舞台に、20代で夭折した画家、エゴン・シーレを描いている。
    本作でのシーレは美男子すぎの感はあるが。

    シーレの作品において、どんなに裸身が晒されていても"エロス"は感じない。それとは違う歪みというか、何か凶々しいものが見える。

  • 2.5

    モリゾーさん2021/09/21 15:58

    明らかに奇人変人の部類なのに、ありえないほどモテまくるのは、エゴンが超絶イケメンだったからではないかと思うくらいキャストがイケメン。

    一方で、芸術家が唱える“エロスにおける表現の自由”を考えさせられる。大衆のポルノとは世界が違うよね…。


    (2017.9.10)

  • 3.0

    タニーさん2021/09/07 11:56

    【エゴンシーレ愛欲と陶酔の日々】より観やすかった。
    こちらの方が、エゴンシーレの性格とかがわかりやすかったような気がする。
    それにしても、この時代の画家やモデルって性に対して貪欲。
    日本人もそうだったのかしら?

  • 2.0

    すぽんじさん2021/08/29 19:30

    1918@WWⅠ終結前夜のウィーン
    芸術家エゴン・シーレ(28歳逝去)の話。
    芸術家の映画って知らず知らずハードル上がり気味で観てしまう。
    …長い。やや退屈。いや、けっこう退屈。
    このテンポでどんだけ長い話を…と思ってたらまだ28歳。若過ぎて…( ⋅́-¡` )

    2018.08.29レンタルDVD*字幕

  • 3.7

    スターク社長補佐さん2021/08/22 03:55

    クリムト登場、数々の女性に囲まれて、時代に翻弄された画家

    ウィーンのレオポルド美術館にいつか絶対シーレの絵を見に行くぞ

  • 3.3

    amoさん2021/08/16 19:31

    ノア・サーべトラがイケメン…!
    こんな甘〜い顔立ちなら女性たちがわんさか集まっても不思議じゃないですね、美化されてるのかしら。

    一時期六本木で開催されていたウィーン・モダン展にも足を運びましたが、彼の作品には圧倒されるばかりで、本当に驚きました。

    〝普通〟の人間からしたら何だそれ?と思うことも芸術だ!と言ってしまえばそれまでで、何が〝普通〟なんだろうなあと思ってしまった。確実に今の時代であればエゴンは捕まるけど、それが世知辛いと捉えるか否かは自分次第…?

  • 3.5

    青豆さん2021/07/09 23:31

    BTSテヒョンの好きな作品ということで。
    この方々、特にテヒョンとナムジュンはとりわけ感性が豊かだと思ってるんだけど、脳セク(=脳がセクシー)と言われたりしているようで、外見も脳みそもセクシーって一体どういうことなんだ…!
    ドランもラブコールを送っているという記事があったけど、もしそれが現実のものとなったらどんなに素敵だろうか。キム・テヒョンとグザヴィエ・ドランによる国境を越えた愛…観たすぎる(膨らむARMYによる妄想)。



    肝心の作品だけど、独特のタッチというか作風以外シーレに関する知識がない状態だったので、殆ど教養としての鑑賞でした。
    やはり注目すべきはミューズであるヴァリとの関係性だ。2人が心だけじゃなく形式上でも結ばれることとなっていたなら、エゴンの人生は大きく違っていて、そして"死と乙女"は生まれていなかっただろう。そんな視点でこの画を観るとなんだかとても静かで、そして寂しい気持ちになる。

  • 3.3

    Jimmyさん2021/06/15 07:55

    ヒューマントラストシネマ有楽町にて鑑賞。

    内容をまったく知らないで観に行った。
    エゴン・シーレって、画家だったのか~ 笑

    “芸術家”を自負しているエゴン・シーレが描くのは、妹のヌード・首長の娘のヌードだったりと裸婦が多い。
    エゴン・シーレ「僕はポルノ画家じゃない!」と主張するが、世間の見方は「少女にポルノを見せた」と言われ、エゴン・シーレは「芸術だ」と意見相違。
    「裸婦を描いた絵画」はポルノか?芸術か?といういつの時代でも議論されるような(大島渚監督『愛のコリーダ』議論のような)エピソードが印象的。

    クルマウなる街を見下ろすシーンが見事。

    また、刑務所の面会所でキスするエゴン・シーレと(当時の)妻ヴァリ。刑務所でキスするシーンはなかなか無いのでは?

    そのうち、戦争の影がエゴン・シーレにも忍び寄って来て、兵役検査→入隊。
    エゴン・シーレは妻ヴァリに入隊を告げて、「君は妻に向かない」なる超自己中心的なセリフ。
    芸術家は我儘で良いみたいな描き方には賛同しかねる。

    高熱を出したエゴン・シーレに効くはずの薬=キニーネを闇で買ってくる妹。


    エゴン・シーレという画家を描いた映画であったが、まずまずの映画であった。

  • 3.9

    Lillyさん2021/05/03 22:44

    エゴン・シーレ。ニューヨークに住んでた時に初めて知り作品に一目惚れし画集を購入。しかし、調べていくと結構ヤバい人なのかと!でも、本作品では、私のイメージよりかなりハンサムだし、そこまで危ない人に描かれてはいなかった。

    真相はいざ知らず、生涯の人間関係が見れて面白かった。それにしても、膨大な作品数。こんなにも夢中に描けるってすごいな。

    初めて見たノア・サーべトラさん、めちゃくちゃイケメン。

    2021-109

  • 4.3

    alfさん2021/04/30 16:48

    画家エゴン・シーレの半生。
    実際はというよりも、1つの恋愛映画として観てかなり良かった。

    とりあえず超がつくイケメンはん。
    妹ゲルティのお顔も、宗教画の天使みたい。

    サイクリング、ボーリング、ビリヤード、映画にダンスと楽しげ。
    ロケーションや服装なんかも、押しつけがましくないのによく見ると超いい!
    クリムトの猫でかッ

    中でもヒバリのヴァリとのストーリーが1番グッときた。
    リアクションがチャーミングッド!

    “男と乙女”が“死と乙女”へと掘り下がっての幕引き。美的映画。
    エンドロールが余韻で動けない系でした。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す