お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

サバイバルファミリー

G

電気消滅!生き残れ、家族!!

東京に暮らす平凡な一家、鈴木家。さえないお父さん(小日向文世)、天然なお母さん(深津絵里)、無口な息子(泉澤祐希)、スマホがすべての娘(葵わかな)。一緒にいるのになんだかバラバラな、ありふれた家族…。そんな鈴木家に、ある朝突然、緊急事態発生! テレビや冷蔵庫、スマホにパソコンといった電化製品ばかりか、電車、自動車、ガス、水道、乾電池にいたるまで電気を必要とするすべてのものが完全にストップ!ただの停電かと思っていたけれど、どうもそうじゃない。次の日も、その次の日も、1週間たっても電気は戻らない…。情報も断絶された中、突然訪れた超不自由生活。そんな中、父が一世一代の大決断を下す。果たして、サバイバル能力ゼロの平凡一家は電気がなくなった世界で生き延びることができるのか!?今、鈴木家のサバイバルライフの幕があがる!!

詳細情報

作品公開日
2017-02-11
音声言語
日本語
作品公開日
2017-02-11
制作年
2017
制作国
日本
対応端末
公開開始日
2017-09-19 15:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ邦画ランキング

サバイバルファミリーの評価・レビュー

3.5
観た人
41179
観たい人
11308
  • 2.5

    321さん2021/06/25 04:53

    あらすじを見ておもしろそうだったので鑑賞。

    おじさん(田中さん)の家で久しぶりのご飯を食べているシーンで何故か泣きそうになった。。笑
    ジブリの料理を見ているくらいに、シンプルなご飯であるにもかかわらず絶品に見えた。
    田舎での生活が、ある意味1番平和なのかもしれないね。小さい頃に観た「タイタニック」からずっと頭にあるけど、究極的な状況においてはお金はただの“紙“なんだと再認識。

    トンネルの道案内ビジネスは賢いと思った。
    後々のことを考えて、水も他人に高価で売るくらいなら自分で保有しておいた方がいいよね。。

    あんな状況で出勤や通学しても何もできないのに慌てて行動するあたりや家に仕事を持ち帰るあたりが、the・日本人なんだろうなと思って少し萎えた笑


    以下は気になったというかイライラしたところ。
    ・冒頭から終わり際まで、父親がとことんうるさい。
    ・あの状況下で行われるお葬式。そもそもこのシーンはいるのかな、、?
    ・車や電車が動かないなら飛行機も動くわけがないだろ。。
    ・海老名から大阪までの道中で出会った人が、ロードバイク一家と自衛隊のみ。みんなどこ行った、、?
    ・手ぶらで歩く自衛隊。
    ・水浸しになっても効果を発動する発煙筒。

  • 4.8

    ぬばたまさん2021/06/24 00:43

    邦画らしいなぁって、いい映画だった。
    私だったらパソコン使えなくなったら一緒に停電すると思う。
    9月の渇きって小説思い出した。

  • 3.8

    千花さん2021/06/24 00:04

    思ってた以上に良かった^^ど日本人中央値家庭、お父さんもお母さんもお兄ちゃんも妹も、本当にそこら辺にいそうなキャラクターでリアル。マンションの家のセットなどもかなり考証されていると思った。ドラマを盛り上げる効果音、音楽も殆どなく、そこが淡々としていて独自の世界。人が生きるというのは水と生き物を体に取りこむことなんだなぁ。派手なサバイバルムービーを期待して観ると物足りないかもしれないが、最後に送られてきた写真からのエンドロールのビル群の夜景に静かな感慨を覚えた。

  • 3.7

    natsumiさん2021/06/23 21:56

    電気もガスも水も無くなった世の中で家族が力を合わせて頑張って生き抜く映画。
    最初はよくあるザって感じの仲良くない家族が、非常事態で一体感がでてくるの、いいよね。
    深津絵里みたいなお母さん最高。

  • 4.2

    笑い男さん2021/06/23 07:24

    フィクションとして見る分には楽しめるしちょっと経験してみたいなぁなんて思うけど実際に起きたらとんでもなく大変だろうな
    って当たり前の感想
    行く先々でちょい役なのにそれなりの役者さんが出てくるのが可笑しかった
    葵わかなさんと大野拓朗さんはミュージカルの舞台で何度か拝見してて画面の中にいるのが新鮮

    もし映画のような世界リアルで起きたと想像してみると
    ・「2年と126日」で電気が戻ったけどそもそも発電してないから電気が来るのは有り得ない
    ・食料自給率の観点から考えても餓死者が超大量発生で何百万、何千万て人が亡くなる
    ・治安は最悪で某ゾンビドラマのような力による支配と略奪の連鎖が生まれている
    ・たとえ電気が復旧したとしても元の生活に戻るのは倍以上の年月がかかりそう

    ちょっと想像しただけで嫌な気分になる
    法治国家ってシステムは重要で偉大なんだね

  • 3.5

    minamiさん2021/06/21 15:01

    設定が面白かった。
    キャストも絶妙で、実際にいそうな家族だなと感じた。
    自分ならどうするか考えながら楽しく見れた。

  • 3.5

    sashaさん2021/06/19 12:59

    理由がわからない停電が起き、ライフラインが止まり、食べ物、水もなくなって、家族4人力を合わせて生き延びて行くお話。

    鹿児島へ向かう道中、大地康雄さん演じる田舎のおじちゃんにお世話になった時…
    お腹を空かせた家族に差し出された料理。
    ご飯、お漬物、目玉焼き、なんちゃないお料理がめちゃくちゃ美味しそうでした✨

    SL機関車のシーンにはウルッときました。

  • 3.0

    うにさん2021/06/18 16:38

    ジャケットだけパッと見て
    つまんなそーーってずっと思ってたけど
    電気がなくなる話って聞いて
    興味湧いて鑑賞。

    実際サバイバルの世界になったら
    畑持ってる人強いなと思った。
    田んぼとかね。

    理想なら
    藤原紀香ファミリーみたいに
    楽しくサバイバルしたい!

  • 3.5

    えみさん2021/06/15 19:57

    東日本大震災の後の電気もガスも止まった世界を思い出した。電池も使えないあたりもっと酷いけど。
    でも本来の人間らしい生活ってこういうもんなんだろうし、人間が便利で人にも環境にも優しくない生活を続けていくのって絶対に持続可能性がないし
    強制的にこういう期間がセッティングされても良いんじゃないかと思った。
    こういうの見て危機意識高めるのは大事だろうし、藤原紀香一家みたいにサバイバル力身につけたいと思った…なかなか難しいだろうけど
    小日向さん良い味出してたな

  • 2.5

    あるさん2021/06/15 00:46

    ホラー見てからだったので
    笑える見やすい作品を探していた
    家族愛って表しづらいけど
    窮地に立つと出てくるとしたら
    みんな根っこには愛情あるのかなと
    この時期に見たからコロナと比べる
    今まだ生活出来ていて幸せな気がした
    最悪な状況を見て想像する良い機会に
    “田舎しか勝たん”かもしれない

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    戻る