お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

すばらしき映画音楽たち

G
  • 字幕

映画音楽の真髄に迫る世界初のドキュメンタリー

監督スピルバーグが「E.T.」のフィルムを部屋の中で回している。傍らにいる作曲家ジョン・ウィリアムズはそれを見ながら片手でピアノを弾いてみる。「こんなイメージかい?」そうして生まれたシンプルなメロディが、やがて世界中の誰もが知ることになる、オーケストラ演奏によるあの名曲「E.T.のテーマ」に生まれ変わっていく様子に鳥肌が立つ。多くのヒット映画を題材にどのようなアイデアや手法で作曲をしているのか、その秘密を惜しげもなく見せてくれる。

詳細情報

原題
SCORE A FILM MUSIC DOCUMENTARY
作品公開日
2017-08-05
音声言語
英語
字幕言語
日本語
作品公開日
2017-08-05
制作年
2016
制作国
アメリカ
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2017-12-22 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

すばらしき映画音楽たちの評価・レビュー

4
観た人
5193
観たい人
15237
  • −−

    paraさん2020/07/05 22:36

    本当に素晴らしき映画音楽たち♫

    音楽が好きで、映画が好きで。
    必然的に映画音楽が好き。
    昔からサントラはよく購入するし、
    エンドロールでは毎回、特にMusicのところは目を皿のようにしてみる。

    音楽の使い方や選曲が良い映画は、それだけで魅力増し増しだ。

    いろいろ素晴らしい作曲家に音楽。
    バーナード・ハーマン、ハンス・ジマー、ジョン・バリーなどなど。

    中でも断トツはやはりジョン・ウィリアムズかな。
    音楽だけで胸がいっぱい。涙涙涙。

    科学では計り知れない魅力。
    映像にのせる空気の分子の振動、音楽の力。

    先程、ROMAの特典映像鑑賞して
    見直し鑑賞。

    映画の魅力は音楽・音響に左右される。

  • 4.4

    NeneIwamiさん2020/07/05 18:17

    元々映画音楽が大好きなのでずっと気になっていたやっと観れた。
    映画のサントラiPhoneに山ほど入れて聞いてしまうし、テレビとかで使われていると映画のシーン思い出したりする。

    ということで、こちらは映画音楽に特化したドキュメンタリー作品

    ハンスジマーが大好きすぎるので、彼以外の映画音楽にそこまで着目して観たことがなかったけど色々合点。

    ソーシャルネットワークの音楽はめちゃくちゃ好きだったの思い出した。

    ジョンウィリアムズの時代が凄い笑笑
    メロディとテンポそれぞれが独立しててもなんの音楽かわかるって本当にその通りだった笑笑

    映画史の流れの中で実際の作品とかと照らし合わせて観るとこんな変革を遂げてきたのかと学ぶことができた…

    ヒッチコックのサイコとかも凄いね。
    音楽がなかったら確かに怖さ7割減くらいに感じた。

  • −−

    ぶーさんさん2020/07/05 00:08

    映画音楽いいよね。音楽聴くだけで映画の興奮が蘇る
    映画館に行く理由のひとつは映画音楽にある

    映画音楽のプロでオタクな人たちによる映画音楽愛を語るドキュメンタリーだった
    何気なく聴いている映画音楽も、プロが愛情を持って語ってくれて
    改めて考え尽くされ、計算し尽くされて私たちのもとに届いていることを知った
    音楽家の名前で映画を選ぶことはなかったけど、好きな映画があれもこれもジョン・ウィリアムズだったりハンス・ジマーだったりした
    プロたちがこぞってあの音楽すごいこの手法すごいって言ってるのを見てるのがすごく楽しかった。尊敬しちゃうな

  • 4.3

    しんめんさん2020/07/04 18:20

    映画好きには堪らないですね。
    と同時に見逃せない作品でもあります。
    映像に音楽を重ねる事により
    洗練された印象を与えたり
    様々な感情を呼び起こす不可欠な存在
    であると改めて思い知りました。
    監督と作曲家の2人で作品を
    作り上げるまさに共同作業。
    ジョン・ウィリアムズ様、
    ハンス・ジマー様、
    バーナード・ハーマン様など
    映画に携わる音楽作曲家様に
    敬意を表すると同時共感謝の気持ちを
    忘れてはなりません。
    時代による映画音楽の変革があったり、
    見た事がない楽器を使用したりと
    人並みならない努力、苦労を垣間見た
    感じです。
    『ET』、
    『マッドマックス 怒りのデスロード』
    の場面は思わず鳥肌が立ちました。
    作曲家様の曲の情熱が映画作品に
    注ぎ込まれているのです!

  • 4.0

    里花子さん2020/07/04 11:05

    出てる人みんな顔がキラキラしてて、本当にこの仕事とか音楽が好きなんだなぁって思った!見てる私まで目がキラキラしちゃった

  • −−

    mmmmmmmmmさん2020/07/03 22:51

    良い。本当に良い。

    No music, No movie を証明してるドキュメンタリー。


    「言葉は本当の自分を隠せてしまう」
    言葉って自分を表現できるものだし、相手に自分の想いを伝えることのできる唯一のものだと思っていた。
    それだけではないからこそ私たちは人とコミュニケーションが取れるし人間関係を気づいていけるのだろう。
    その点音楽は全てを曝け出す。
    なんと偉大で恐ろしい。


    「音楽はただの空気の振動だ。」
    ただの空気の振動なのに。
    私たちは心を動かされ、
    映画の世界観につれこまれ、
    感情だけでなく映画鑑賞中の視点までコントロールされてしまう。
    ただ空気が振れてるだけなのに。
    音楽はすごい。



    改めて映画は奥が深いと感じさせられる映画。視覚だけではないと。



    あ、No movie , No lifeの人ほど
    同時にNo music, No life な人生なのでは。

  • 4.5

    Sankoさん2020/07/02 22:25

    素晴らしい!映画にとって音楽が大事ってことは勿論知ってたけど。いや、全然分かってなかったね。
    深い!映画音楽の歴史とか収録の仕方、見た事もない楽器「へぇ〜そうなんだ!」ってのがいっぱいあった!

    どの人も大きなプレッシャーと闘いながら それでも楽しく誇りを持って仕事に取り組む姿が凄くかっこいい!
    映画を観る視点がまた少し変わりそうです♪

  • 3.8

    もちこさん2020/06/30 00:26

    究極なるプロフェッショナル

    自分が鳥肌が立つレベルじゃないと相手にも感動を与えられないと言ってのけちゃうタフネスが凄いな〜
    怖いとか壁にぶち当たった時のマイナスな感情を超えた達成感ややりがいの瞬間をクリアにしているから、そんな景色を観たくてやってるんだろうな

    そして映画音楽ってここまでストーリーのニュアンスを変える大きな要素で、だからこそめちゃくちゃ作り込まれてるんだ、と発見。映画のサントラだけじゃなくてBGMとして映像とリンクして注目してみたい。

  • 4.4

    いろはさん2020/06/29 19:34

    タイトルのとおり。
    93分のなかに数々のすばらしき映画音楽が凝縮されていた。
    心理学?の女性の先生のコメントも好き。
    「E.T.」のあの有名なシーンが良すぎて、この映画見た後すぐに鑑賞してしまった。

  • 3.9

    ピロピロさん2020/06/29 00:14

    映画音楽を手がける音楽家やプロデューサーたちのドキュメンタリー

    「音楽がダメならどんな映画も台無しだ」

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す