お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

新世紀、パリ・オペラ座

G
  • 字幕

圧巻のパフォーマンスに酔いしれる贅沢芸術の殿堂がたどりついた〈新世紀〉とは―

フランスが誇る芸術の殿堂パリ・オペラ座は迷っていた。選ぶべき道は、歴史の継承か、新時代の表現か。さらに史上最年少でバレエ団芸術監督に大抜擢され、“ナタリー・ポートマンの夫”としても注目を集めていたバンジャマン・ミルピエの1年半での電撃退任と、カリスマ・エトワール:オレリー・デュポン就任というマスコミをも巻き込んだ大騒動。そして2015年11月、パリの劇場が襲撃された同時多発テロ。混迷を極めた今の時代に、彼らは自問し続ける。「今、オペラ座に求められるものは何なのか―?」パリ・オペラ座公式プロデュース作品となる本作は、世界最高レベルのバレエダンサーやオペラ歌手のパフォーマンスだけでなく、経営陣の苦悩、公演2日前の主要キャスト降板劇に奔走するスタッフ、オーディションでの新しい才能の誕生、そして衣裳係、清掃係の表情まで、パリ・オペラ座の栄光を支えるすべての人々を温かい眼差しで描きあげる。

詳細情報

原題
THE PARIS OPERA
作品公開日
2017-12-09
音声言語
フランス語
字幕言語
日本語
作品公開日
2017-12-09
制作年
2017
制作国
フランス
対応端末
公開開始日
2018-04-27 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,650
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,200
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

新世紀、パリ・オペラ座の評価・レビュー

3.4
観た人
255
観たい人
705
  • 4.0

    qwerty6さん2021/05/23 20:00

    Verdi
    《Don Carlo》
    based on a play
    《Don Carlos, Infant von Spanien》(1787)
    by Schiller(1759-1805)
    stage directed by M.A.MARELLI
    conducted by P.CARIGNANI
    Tokyo Philharmonic Orchestra

    @THE NEW NATIONAL THEATRE, TOKYO
    Opera Palace

  • −−

    リコさん2020/07/19 22:19

    華やかな舞台で喝采を浴びるプリマドンナを、舞台袖から見つめる付き人の表情が一番印象的だった。

    舞台の進行係、技術スタッフ、演技コーチ、動物の飼育係、清掃人、衣装係、結髪係、警備員、食堂の調理人etc...何千人もの裏方がいてやっと「オペラ座」という機関が成立している。(大なり小なり、どこの劇場もそうだろう。)
    現在のコロナ禍の中で、彼らの安全と保証を祈らずにいられない。

  • 2.8

    mさん2020/07/12 21:55

    ドキュメンタリーなら、もう少し、ドキュメンタリーな撮り方の方が好きかな…
    舞台に出演してる人は、全員素晴らしかった。

  • 2.7

    Risaさん2020/04/22 21:34

    フランスらしいユーモアや社会性が所々垣間見えてよかった

    自分が歌を仕事としてやっているから
    見ていてひと事ではなくて辛いところもあったがそれだけリアルさが伝わってくるという事

  • 3.3

    petipetiteさん2020/04/05 22:18

    フランス国旗を揚げるシーンから始まり、ディレクターから演者、衣装スタッフから清掃スタッフに至るまで、パリオペラ座(国立)に関わるすべての人に光を当てることで、フランスの〈連帯〉solidariteの精神を強調するような映画。

    *バレエシーンは少なめで、オペラの方がメインです。

  • −−

    まゆぼーさん2020/01/31 11:49

    コーラス隊が演出家に「それじゃ、歌いにくい」とか意見していた。日本人が音楽やバレエで海外に留学すると、必ず「自己主張できないとやっていけない」と言うけど、これか。次にパリに行ったら、今度こそオペラ座で何か見るぞ。

  • 4.2

    annaさん2019/12/30 19:32

    きらびやかな世界を支えているものをきちんと見せてくれる映画。昔はこういう部分は隠すことが粋とされていたかもしれないけど、それはそれとして、こういった部分をしっかり知ることの重要さを、現代という時代が象徴している。とはいえ、その伝え方にもセンス(どこを切り取るか、また、その切り取り方)が非常に大切で、この作品はそれが優れていると感じた。
    ああ、オペラ座に行きたい!

  • −−

    hideboさん2019/12/15 12:42

    パリオペラ座を堪能。さなぎが蝶になるようなミーシャの成長に拍手を送りたくなった。🇬🇧がEU離脱したらこれまでのようにスタッフや出演者を呼べるのか心配。

  • 5.0

    きあさん2019/04/22 19:38

    感動した!
    派手な演出があるフィクションを好む方は満足出来ない作品かもしれない。でも一流の芸術を作る裏側の世界がみれるのはとても貴重だし、一流のものに触れるのは自分の財産にもなる。

    最高の舞台を上演するために、オペラ座の経営問題だったり、出演者や振り付け師それぞれの苦悩や成長を見てると胸が締め付けられる。

    ミハイルがオーディションに合格してから舞台に立つまでもそうだし、子供たちのバイオリンプログラムや二日前に代役をいきなり頼まれたクプファーも、どつなっちゃうんだろうとハラハラ。

    なによりこの映画が作られた物語じゃなくドキュメンタリーで、純粋に芸術を追及していく人たちの情熱がすごい。

  • 3.8

    ラウぺさん2018/12/15 09:10

    2015年のパリ同時多発テロ後、パリ・オペラ座の2016-17年のシーズンを追ったドキュメンタリー。
    約350年の伝統を誇るパリ・オペラ座は国立のオペラ・バレエの運営団体で、言うまでもなく、オペラ・バレエ界では世界最高峰の団体の一つ。現在はその象徴であるガルニエ宮と1989年に落成したオペラ・バスティーユの2か所で公演が行われています。
    映画はそこで上演されるさまざまなオペラやバレエの運営の裏側に密着し、そのプロセスをコラージュ的に繋いでいきます。

    歌手や運営スタッフ、ダンサーや指揮者、演出家、ステマネ、衣装スタッフ、かつら職人に至るまで、さまざまな人々の出てくるこの映画の中で最も出番の多いのが総裁のステファン・リスナー。画面の中で多くを語っているわけではないものの、オペラ・バスティーユ内のモダンな総裁室、臨場する公演や大統領などとのレセプションなど、置かれた状況やさまざま表情を追うことで、この複雑で繊細な殿堂の頂点にある人物の実像をそのままに伝えています。

    一つの事件ともいえるバレエの芸術監督だったバンジャマン・ミルピエの辞任劇。
    辞任か残留かで逡巡するミルピエに直接電話で態度を決めるように迫るところ、職員の削減を政府から迫られ給与の減額で組合と折り合いをつける過程などなど、よく公開できたと思える場面が次々と出てきます。

    また、シェーンベルクの未完のオペラ「モーゼとアロン」の上演に纏わるエピソード。
    出エジプト後、シナイ山にモーゼが籠ったことで起きる出来事を描くこのオペラは十二音技法・単一のセリー(音列)で書かれた超高難度の現代音楽で、テロ事件の後、モーゼを主人公としたオペラを上演するリスクへの言及や、あまりの難しさから通常数カ月のところを1年かけての練習風景、更には本物の牛を登場させるという大胆な演出(「十戒」を観たことのある方ならこの牛のもつ重要さは納得できるはず)・・・最高峰のオペラを上演するための妥協のない作業と新しいものに果敢に挑戦しようというスタッフの矜持の一端を垣間見ることができます。

    またワーグナーの「ニュルンベルクのマイスタージンガー」での主役のハンス・ザックスを歌う歌手の突然の降板、子供の弦楽合奏の教室の模様など、さまざまな活動やハプニングを捉えています。
    巨大な組織やプロジェクトにありがちな運営を巡るトラブルや困難は普遍的問題ですが、そのひとつ一つを克明に描くというより、多くの要素をマスとして描くことで、かえってその立ち向かうべき事業の難しさが際立って見えてきます。「一を聞いて十を知る」といいますが、表層だけを追ったドキュメンタリーとは違い、核心に迫る決定的場面を繋いでいるからこその説得力といえるでしょう。

    オペラ座そのものに興味のある人はもちろん、舞台芸術全般に興味のある人、巨大組織の裏側を見てみたい人にも必見の映画だと思いました。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す