お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

Ryuichi Sakamoto: CODA

G

これは最終楽章のはじまりなのか--

2012年から5年間という長期間に渡る本人への密着取材によって実現。さらに膨大なアーカイブ素材も映画を彩ります。

坂本龍一は、1978年、「千のナイフ」でソロデビュー。同年、細野晴臣、高橋幸宏の3人でイエロー・マジック・オーケストラ(YMO)を結成し、そのポップロックとシンセサイザー音楽を融合させた革新的なサウンドで、世界的人気となった。80年代には、『戦場のメリークリスマス』、『ラストエンペラー』に出演しその音楽も手がけ、多くの賞を受賞。映画音楽家としての地位も確立した。以後、作曲家、演奏家、音楽プロデューサーとして幅広いジャンルで活動。90年代後半になると、社会問題・環境問題に意識を向けるようになり、その変化は音楽表現にも表れていった。2014年、中咽頭がんと診断され、1年近くに及ぶ闘病を経て復帰。2017年春、8年ぶりのオリジナルアルバム「async」をリリースした。現在65歳の坂本は、その40年以上にわたる音楽活動において多くの作品を生み出し続けている―
震災以降の坂本の音楽表現の変化に興味をもち、密着取材を始めたのは、本作が劇場版映画初監督となるスティーブン・ノムラ・シブル。坂本龍一が「全てさらけだした」という本作は、過去の旅路を振り返りながら、新たな楽曲が誕生するまでの、坂本龍一の音楽と思索の旅を捉えたドキュメンタリー。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
2017
制作国
アメリカ/日本
対応端末
公開開始日
2018-05-25 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

その他邦画ランキング

Ryuichi Sakamoto: CODAの評価・レビュー

3.9
観た人
1624
観たい人
1317
  • 3.5

    asquitaさん2021/06/06 13:03

    貴重な映像、無邪気な天才の姿は貴重だけれども、どうも伝えたいことがよくわからなかった…。
    教授ファンだともう少し寄り添えるのかしら。

  • −−

    ゆさん2021/06/02 00:43

    YMOとしての活動を経て映画音楽を手がけるようになり、やがては社会問題や痛ましい事件や災害(広島への原爆投下、地球温暖化、9.11、東日本大震災など)に題材を取った音楽を作曲するようになり、そして癌の発覚、アルバム製作と、これまで坂本龍一の辿ってきた道のりが描かれたドキュメンタリー。
    東京、福島、ニューヨーク、アフリカ、北極…。さまざまな場所を実際に訪れては自然の音をサンプリングし、自身の楽曲として使うことへのこだわりが一貫して語られる。若かりし頃の坂本龍一がすでに「テクノロジーの綻び」への危機感に言及してたのが興味深いなと思った。私はその時代を経験してないんだけど、テクノミュージックの明るさって当時のテクノロジーの発展や好景気を反映してるような気がする。そういう音楽を手がけつつ、その影の部分にも目を向けてた姿からは、やはり今の坂本龍一の作風と地続きなんだなという印象を受けた。
    そして編集がとてもいいよね。タルコフスキーからの影響を語りつつ雨の音を集めたりコラールを作曲したりするところでは、実際の映画の一場面が挿入される。
    いいサウンドを見つけ出したときの子どもみたいな笑顔が良かった。後ろ姿や横顔のショットが多めだったんだけど、哲学者みたいな静謐な佇まいが素敵。すげえ人だな〜

  • −−

    かろさん2021/05/28 15:46

    最近、坂本さんが手掛けたり出演したりする映画多く観てるからなんとなーく観始めたら入り込むように観てしまった
    自分にとって「映画音楽の人」って印象がかなり大きくて、YMO時代とかは当時なんて知る由もないし、あまり触れてもこなかったけど、少し映像流れて、ただただ今とのギャップが凄いな…と感じた
    「イメージ湧いたらコンピュータにやって貰えば…」って…笑
    その直後に今の坂本さんの後ろ姿がパッと映るのがまた
    今の坂本龍一と地続きで繋がってるんだと思うと凄く面白い、同じ人なんだなぁって感じ

    長生きしてほしいです

  • 4.5

    KTNBさん2021/05/14 00:33

    観れて本当に良かった。
    そして映画館で観たかった。
    可能性があるならぜひ。

    全ては宇宙の音たち。
    全ては繋がっている。

    冒頭のあの演奏はやられる。
    隣で奥様は涙していた🥲

  • 4.0

    f0ckyouさん2021/05/03 12:45

    坂本龍一は音楽に疎い自分でも知ってる、世界的な音楽家だけど、彼がこんなに色んなことをやってきたことは知らなかった。この映画を観ると、彼のworkを少しだけ垣間見ることができる。
    震災、原発、地球温暖化、そして闘病生活に至るまで。彼は様々な問題に目を向け、それを音楽として表現している。つまり、「痛み」を音楽として表現しているわけだ。
    最近、友人の影響でベルトルッチの作品に触れるようになり、映画のサントラをサブスクで聴くようになった。ますます坂本龍一の沼にはまりそうだ。

  • 3.5

    にゃんさん2021/04/29 13:57

    坂本龍一さんが映画音楽で形にしたいこと。惑星ソラリスで使われているバッハのコラールについての話しは興味深かった。

  • 4.0

    ろーしゃさん2021/04/20 19:36

    坂本龍一の音をめぐる旅。音楽に対してどこまでも真摯な坂本龍一の仕事ぶりをみて、映画館を出たあと自分の足音や遠くの声、川のせせらぎに耳を澄ませながら帰った思い出。

  • 3.6

    MomoMiuraさん2021/04/16 23:49

    たたずまいが絵になる人だな〜

    レコーディングスタジオで、音をだんだん重ねていって、いいハーモニーができた瞬間の「見つけた……!」って笑顔が少年のようだった。

    天才はこうして芸術をつくるんだな……。

  • 4.2

    kidorikkoさん2021/04/16 22:38

    劇中の曲が素晴らしいのは言うまでもなく、環境問題や音楽についての考察など、今まで知らなかった教授の思いが知れて、興味深かったです。

    そして何より、純粋に音を探し求める姿や、好みの音を見つけた時に見せる少年のような笑顔がとても印象的でした。

  • 4.0

    ymdさん2021/04/16 20:05

    ゼロ年代におけるアンビエントミュージックの最高傑作のひとつだと信じている『out of noise』の制作の裏側を覗けるだけでも個人的にはたまらない映画なのだけど、坂本龍一という人の音楽に対する哲学と矜持を感じ取れる貴重なドキュメンタリーである。

    90年代生まれのぼくの世代くらいになると「坂本龍一=ニューエイジ系のヒーリングミュージック代表」みたいな誤認が結構まかり通っているのだけど。まぁ“energy Flow”とかの印象が強いとそれは仕方ないのか。

    でも、尖りまくった80年代のソロ名盤たちやYMOの活動のみならず、東京ロッカーズ近辺のプロデュースワークやアート・リンゼイとの邂逅、フェネスやアルヴァ・ノトらとのコラボなどのように、元来の音楽性は非常にラジカルで前衛的な人であることは彼のファンであれば周知の事実であり、本ドキュメンタリーはそうした彼の音楽志向の一端を垣間見れる内容となっている。

    坂本龍一の音楽は3.11や911~イラク戦争といった社会動向に鋭くリンクしてして、それは自身の社会活動に活発に取り組む姿勢にも如実に表れている。

    彼の政治的な言動は批判の対象となることも多いけど、日本のミュージシャンや芸能を生業とした人はそういった言動を控えるという風潮が続いている中にあって、彼の姿勢というのは真っ当に民主主義的だし、アメリカなんかは大統領選のどっちを支持するかを明確に主張したりしていて、それ自体は(問題を孕んでいるとはいえ)日本も風通しを良くしていくべきなんじゃないかと思っている。

    そういった政治的一面もあるにせよ、本作は音楽家の仕事を垣間見れる機能性も高く、フィールドレコーディングで採取した音を素材として組み立てていく過程は素直に面白いし、それがただのノイズにならずに美しい音楽として成立できていることが只々凄い。

    音を釣っている、なんて格好良すぎるセリフも飛び出すけど、このときの彼にとっての興味は人知を超えた自然から発する音そのものにあり、それを無二の音楽的素養とセンスを持って一つの楽曲に仕立てあげていく過程は必見だ。

    前述の『out of noise』には“北極圏三部作”と呼ばれる楽曲たちがあるのだけど、それらの曲は坂本龍一自身が北極を訪れて自らの手で採取した自然音を使っている。そうした前提を知っていなくてもきっとこれらの楽曲の持つヒンヤリとした冷たさ・侘しさのような感触は伝わってくるはず。

    病気を経てさらに死生観を強く持つようになっているのか、『async』というアルバムは静物画を音に変換したような厳かさがあったりと、自身のソロ作品においては自らの価値観や興味をダイレクトに反映させるのも坂本龍一という音楽家の傑出した点だと思う。

    結局映画というよりも音楽のレビューみたいになってしまったけど、ファンのみならず1人でも多くの人に観てもらいたい、珠玉のドキュメンタリーです。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す