お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

銀座二十四帖

G

代の尖端を行く銀座風俗の中に生きる人間の善意が、如何に生き難いかを描いた井上友一郎の小説を映画化。

京極和歌子には夫との間にひとり娘がいたが、夫の仕事内容が気に入らず、いずれは離婚して娘を引き取ろうと考えていた。その資金作りのため亡き父が集めた絵を売ることにしたが、その中には彼女が少女のころ遠く奉天からやってきた学生に描いてもらった「少女像」があった。想い出の絵を売るつもりはなかったが、“五郎”としか記憶のないG・Mというサインの入ったその絵を画廊に陳列しておけば、その人に再会出来るのではないかと夢見ていた。やがて桃山豪という男が名乗り出たが、想い出の人とは思えない。花屋の三室戸完こと通称コニイから、プロ野球のスカウト三ツ星五郎がG.Mだと聞き会いに行くが、彼は「本物は俺だが、銀座のG.Mを知らないか?」と奇妙なことを言われる。そんな折、姪である雪乃のファッションモデル志望を父親に説得させるべく大阪にやってきた和歌子は、不意に三ツ星五郎から声をかけられ「本物のG・Mは夫に逢えば判る。その人は銀座にいる」と教えられ、彼が何か秘密を握っているような気がしてならなかった。一方でコニイは、急に姿をみせなくなった子分のジープが再びヒロポン中毒になり、銀座のバー「キャロル」にいると聞く。ジープを連れ戻そうと「キャロル」の連中と大乱斗を演じたコニイは留置場へ放りこまれるが、そこでバーのマスターから「G.Mとは三室戸五郎のことで、大陸からの引揚者で年は四十才前後」と聞き、驚く。それはコニイの実兄だったのだ…。

詳細情報

音声言語
日本語
制作年
1955
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2018-06-13 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

キャンセル

ドラマ邦画ランキング

銀座二十四帖の評価・レビュー

3.6
観た人
114
観たい人
73
  • 3.1

    ニシさん2020/08/02 14:47

    話の筋は普通。この映画の価値は外堀が埋められる前の1955年の銀座の風景・歴史がわかること。戦後10年、引揚者、ヒロポン中毒者とか、戦争孤児、警察予備隊?とか、銀座にあんなに闇があったとは…。すごく興味深い作品だった。

  • 3.5

    書庫番さん2020/07/23 16:03

    2020年7月23日 Amazon prime videoにて鑑賞。

    井上友一郎の原作小説を映画化。
    川島雄三監督が、銀座の光と闇を舞台にした異色の青春映画。

    軽妙な森繁久彌の語り口から始まる銀座の物語は、ある一枚の油絵を描いた画家探しを軸に進んで行くのだが、いつしかノワール映画の雰囲気を纏っていく。
    それでも要所要所で差し込んでくる明るいトーンの森繁先生のナレーションや、実在する「週刊平凡」の名を使ったモデルオーディション場面のおかげで摩訶不思議な味わいを楽しめる。

  • 3.6

    nagaoshanさん2020/07/14 05:25

    川島雄三監督作品!

    当時の銀座の街並み、生活がよくわかって勉強になった(^^)

    『第三の男』的なサスペンス要素もありつつ銀座を愛する花屋の主人公コニー(三橋さん)とヒロポン売りの裏社会の連中との対決、実の兄の行方、など伏線が散りばめられていて楽しく観れる(^.^)

    森繁さんのナレーション笑😊

    ルリちゃんこと浅丘さんの少女姿も拝めてビックリした笑

    銀座が小さな街のようで又、人々があだ名で通るコミュニティとなっていて古き良き東京を味わえる作品でした。

    良か映画!

  • 2.8

    真鍋新一さん2020/07/09 13:28

    森繁の歌とナレーションで軽快に始まったかと思えば途中でなぜかミステリーになり、まさかのノワール展開に。顔見せ興業的な側面もあるので全体的には散漫でも致し方なし。むしろこのごった煮感が楽しく、退屈はしない。

    なにしろ、和光と電車の線路以外は現在と同じものがほとんどない65年前の銀座がたっぷりと映し出されている。ナショナルのネオンをあんなに近くで見たのは初めてだ。そして北原三枝はなにを着ていてもオシャレ。白黒なのに。

    名言「サヨナラだけが人生だ」がここでもサラッと出てくる。

  • 3.5

    nagashingさん2020/07/07 22:11

    銀座の町をひとつのコミュニティーとして捏造してしまうのが川島らしい。店の裏口が文字どおり銀座の裏の顔へのアクセスになってる探求感にワクワク。和光の時計塔、森永地球儀ネオン、ナショナル星型ネオンといった銀座のランドマークをラスボスが背負っている図はあまりにシンボリックで痺れる。銀座の変容として川の埋立に言及されるが、これが五輪開催を前提とした首都高建設につながっていくことを考えると、町の暗部が警察に排除される顛末も示唆的かつ予言的。土着的という点においても正しくノワール。

  • 3.0

    落伍者さん2020/07/03 22:43

    メロドラマとしてもサスペンスとしても中途半端だけど、森繁ナレに合わせた、ロケ撮影多めの見たことない戦後銀座を見れたのでかなり満足。自衛隊法が成立したのが公開前年の54年で時事ネタだったのだな。

  • 3.4

    TsutomuZさん2020/07/01 19:48

    アプレにヒロポン売春みなしご戦争孤児それに引き揚げと尋ね人
    戦後10年の世相を知ることができる群像劇。

    ラスト駅の見送りシーンで、わざわざ自衛隊送別を奥に入れるのは、逆コースと言われたものに対する監督のメッセージだろう。

  • 5.0

    JunichiOoyaさん2020/06/30 04:52

    銀座は8丁目までなのにどうして24帖なの? 
    68年に消滅した西銀座と69年に消滅した東銀座を合わせて8×3、ということらしい。そんな銀座が戦後10年を経た55年(つまり65年前ね)の銀座スケッチ帖。

    浪速人としては、加えて在りし日の大阪球場や御堂筋をまっすぐ見通すなんば高島屋屋上からの眺めが登場するのも懐かしい。デパートの屋上と言えば『一条さゆり濡れた欲情』で神代辰巳が登場させた阪神百貨店も素敵だったが、映画が残す建築の資料価値の意味、改めて大きいなあと。

    この映画は銀座風景カタログであると同時に当時の日活スタアカタログでもある。月丘夢路、三橋達也、北原三枝、浅丘ルリ子、河津清三郎、大坂志郎、佐野浅夫、岡田真澄、そして森繁久彌! 各人それぞれに見どころを作って花を持たせる演出は川島雄三と柳澤類寿の職人芸で、2時間ずっとワクワクしっぱなし。ヒロポンの闇商売をめぐるイザコザというストーリーは『第三の男』まがいの陳腐そのものであるにも関わらず。

    ところで月丘夢路が暮らす銀座の料亭「菊川」って川島雄三が「妻」とした中村八重司の料亭「菊川」のことですよね? (時間軸的に矛盾します?)

    あと、ラストで森繁が「サヨナラだけが人生だ」ってナレーションするところ。桂小金治が『貸間あり』で同じくラストにそう言ったのは59年だから、こっちのほうが元祖になるんですかね。

    「人生足別離/人生別離足る」=「サヨナラ」ダケガ人生ダ by 井伏鱒二

  • 4.6

    浮き草さん2020/06/29 19:24

    ルリちゃん(浅丘ルリ子15歳!)が花を届けて帰るときに「じゃ、またお願いします」と、酒屋で働いてる自分もいつも言ってることばなので親近感。変わらなさ。

    森繁のナレーション。
    小二くらいの女の子も大人の女性の話し方。
    夢路、北原。
    いつも少し不機嫌な三橋達也がクセになってくる。

    終戦10年。現代化の直前。この頃の日本が好きすぎる。

  • 3.5

    くずみさん2020/06/29 08:41

    美貌の人妻・月丘夢路をめぐる人間模様。
    メロドラマなのかサスペンスなのかとっ散らかってるけど、森繁ナビでたどる戦後十年目の銀座の活気が楽しい。埋め立て前の川に、森永キャラメル地球儀ネオン。
    銀座にGM多すぎ問題。ルリちゃん可愛いし、ターキーも出てるぞ。ちょっとした役にも名前がついてる。「ラーメンの憲」とか。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す