お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿

G
  • 字幕

伝説の歌姫マリア・カラスはここから生まれた!

過去、現在、未来…その舞台を踏む偉大な芸術家たちの精神が息づき続けるオペラの殿堂。18世紀に誕生し、1950年代にヴィスコンティ演出の「椿姫」でマリア・カラスという伝説のミューズが生まれ、以後オペラ、バレエ、クラシック音楽の光り輝く歴史が刻まれたスカラ座を、時空を超えて旅しその全貌に迫る芸術ドキュメンタリー!

詳細情報

原題
Teatro alla Scala: The Temple of Wonders
作品公開日
2016-12-23
音声言語
イタリア語
字幕言語
日本語
作品公開日
2016-12-23
制作年
2015
制作国
イタリア
対応端末
公開開始日
2018-07-13 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

ミラノ・スカラ座 魅惑の神殿の評価・レビュー

3.3
観た人
116
観たい人
330
  • 4.0

    qwerty6さん2021/11/03 06:55

    Arturo Toscanini(1867-1957)
    Tullio Serafin(1878-1968)
    Herbert von Karajan(1908-89)
    Carlo Maria Giulini(1914-2005)
    Carlos Kleiber(1930-2004)
    Claudio Abbado(1933-2014)
    Riccardo Muti(b.1941)
    Daniel Barenboim(b.1942)
    Riccardo Chailly(b.1953)

  • 3.4

    赤尾慎之介さん2020/06/14 13:10

    時折、挿入される再現映像は余計だったが、スカラ座がいかに特別な存在であるかが伝わってくる映像だった。ここで出てくる名前をすべて網羅できているオペラファンには垂涎物の100分間だろう。あらためてマリア・カラスに興味を抱いた。

    「日本でこうした作品をつくるなら…」と考えながら観ていたが、やはり甲子園だろうか。歌舞伎座は海外になく、オンリーワンだから比較のしようがないしね。甲子園で輝きを放ったかつてのスターや「清原試合」伝説実況のアナや阪神園芸の人のインタビューなど交えれば、なかなか見応えある映像になりそう。

  • 3.6

    yuko0925さん2020/06/12 12:26

    スカラ座の歴史がザッとわかっておもしろかった。
    こういうの放送してくれるからwowowやめられない。
    イタリア人にしかインタビューしてないからみんな絶賛ばっかりだったけど、ドイツ人とかフランス人にも聞いてみたいところだな。
    ヴェルディのお葬式の様子が出てたけど、木に登る人がいるぐらいものすごい人がスカラ座の前の道路に集まってた。国葬だったそう。
    オペラの台本書く人があまりにも軽視されていると感じた。

  • −−

    本当さん2020/06/01 09:55

    イタリア中、世界中の人たちが愛してやまないスカラ座。静かに、心は熱狂的に信仰していることが伝わってくる。
    クラシックは相応しい場所でみせることが必須なことがよくわかる。その舞台裏を少しだけ覗いているような感覚です。
    イタリアの芸術の歴史に圧倒されます...
    芸術なくして国や文化はないですよね、本当に。

  • 3.5

    erigio73さん2020/05/18 11:25

    比較的新しい映画なのに少し前の時代の映画のように思えた。光の量の為かも。勿論過去の舞台映像があり、再現ドラマもあり、全ての色調に統一感があるのは一つの映画として当然だ。ただ、映し出される楽屋やホワイエの蛍光灯による光がやはり人を劇場の歴史の中に誘う。ウィーンのオペラ座もミュンヘンのバイエルン州立劇場もホワイエがどこかほの暗いのに対してハンブルクの新しい劇場は光量がたっぷりあったことを思い出した。

  • 3.5

    ritaさん2020/04/19 18:30

    作曲家、役者、指揮者といった名だたる表側の人間に重点が置かれていた感じ。もう少し裏側にフォーカスして欲しかったかな。でもスカラ座の偉大な歴史が総括され、演目の映像が挟み込まれているのは見応えがあった。
    スカラ座で働きくてミラノに来た、という舞台主任アシスタントのインタビューがよかった。

  • 3.8

    Beerさん2020/04/14 21:39

    ドミンゴ、ヌッチ、シャイー、バレンボイムといった現役音楽家、フレーニ、カバイヴァンスカ、コッソットら時代を築いた現役を退いた歌手たちの現在の声を聞ける。オペラファンにはたまらない。

    若い世代の裏方、オケメンバーにフォーカスしてるのもよい。急に再現ドラマが始まるのはダレないための演出か。最初はビックリしたが面白い。

  • 4.2

    晴海通りさん2020/04/06 12:20

    心底イタリアが羨ましくなる映画。音楽の授業で流してもいいくらいの内容かと。わざわざ日本を引き合いに出したくはないですが…こんな「足を踏み入れた瞬間に恋に落ちる」ような劇場は日本にないし、悲しいことにこれだけ芸術が豊かに受け入れられ愛される素地もこの国にはないでしょう。だってアイーダの旋律は口ずさめても、歌舞伎の…まぁいいや、やめよう。

    世界を魅了してやまないスカラ座。芸術の殿堂。過去のレジェンドの魂が息づく神殿。圧倒されます。あっ、でもジャケットのマリア・カラスはなっかなか出てきません、ちょっとサムネ詐欺(笑)でもやがて登場したときの存在感は圧倒的。

    伝統芸能が教養ではなく、今を生きる生活の一部として存在している国の豊かさを思いました。

  • −−

    あやちさん2020/03/29 11:22

    すっごい好き!

    🔻興味がある人には楽しめる✨
    イタリア
    イタリアの歴史、文化
    イタリア語
    オペラ
    バレエ
    演者

  • 3.5

    marmeloさん2020/03/23 04:32

    一度は行きたいスカラ座!本当に憧れの場所なので有り難い作品。もう少し建物のことが知れるとよかったのだけど、それにしても貴重です。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました