お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ダンシング・ベートーヴェン

G
  • 字幕

“ひとつになれ、人類よ!”

スイス、ローザンヌ。モーリス・ベジャール・バレエ団では、モーリス・ベジャール亡き後、彼の遺志を継いだジル・ロマン芸術監督のもと『第九交響曲』出演のために過酷な練習に取り組んでいた。第3楽章のメインを演じるバレエ団の中心的存在のジュリアン・ファヴローとエリザベット・ロス。彼らは息のあった踊りで他のダンサーたちを魅了している。一方、第2楽章のメインを大貫真幹とともに任せられた才能豊かなソリスト、カテリーナ・シャルキナは、踊る喜びに満ち溢れていた。だが、ある日、カテリーナの妊娠が発覚し、彼女はメインを下ろされてしまう。代わりにチャンスが巡ってきたキャサリーン・ティエルヘルムは追いつくために必死だ。さらに、第4楽章のメインにはカテリーナのお腹の子の父となるオスカー・シャコンが担当する。彼は、生まれてくる子のために良き父親になろうとしていた。様々な想いを抱えながらもダンサーたちは、東京へと向かい、第1楽章などを担当する東京バレエ団の上野水香、柄本弾、吉岡美佳を中心としたダンサーたちとともに昼夜厳しい練習に励む。国籍も言語も文化的背景も違うダンサーたちは、ベジャールとベートーヴェンの遺志を解釈しながら、ひとつのステージへと向かい心を一つにしていく。

詳細情報

原題
BEETHOVEN PAR BEJART
作品公開日
2017-12-23
音声言語
フランス語/英語/日本語/スペイン語/ロシア語
字幕言語
日本語
作品公開日
2017-12-23
制作年
2016
制作国
スイス/スペイン
対応端末
公開開始日
2018-08-08 00:00:00
シェア
お気に入り

ドキュメンタリー洋画ランキング

ダンシング・ベートーヴェンの評価・レビュー

3.5
観た人
541
観たい人
705
  • −−

    CHIOさん2021/11/28 09:51

    モーリス・ベジャールバレエ団の東京公演「第九交響曲」のドキュメンタリー。

    普段客席では見られないカメラワークにより、舞台のフォーメーションの美しさも伝わり、本当に楽しい。ソリスト、カテリーナの妊娠による離脱など、舞台裏のドラマも。

    作品のテーマは、多様性と共存。80人のダンサーが手をつないで踊る。中南米出身のオスカーも日本人の大貫さんも、躍動感あふれるバレエが美しい。

    「美は世界を救えないがもしれないが、私たちの夢や才能、献身による結晶は、人々を癒し、明るい希望の道しるべになる」という力強い言葉で終わる。ベジャールの作品は、人間のエネルギーを感じられて、幸せな気持ちになるから好き。

  • 3.7

    qmpさん2021/10/28 19:00

    "世界中のダンサー80人が舞台で仲良く手をつなぐ、このひどい世界でね"

    客席から、生で観てみたいなあ。

  • 3.5

    いずぼぺさん2021/10/19 22:51

    「美は常に勝利する」

    東京バレエ団設立50周年記念公演の舞台裏を取材したドキュメンタリー。
    世界でトップクラスの多様なダンサーを受け入れてきたモーリスベジャールバレエ団、東京バレエ団、エキストラ、合唱隊、イスラエルフィル、指揮者のインド系のズービンメータ。
    様々なバックグラウンドを持つ人々がベートーベンの第9の公演を行う。
    ステージ袖は人種のルツボだ。このルツボがクライマックスの合唱「喜びの歌」へとコンテンポラリーダンスで「ベートーベンの音」を可視化してゆく。
    繋がる音、はじけ飛ぶ音、緩やかに流れる音。聴覚を失ったベートーベンの第9が音とともに身体で表現されていく。

    人生の喜びを表現する舞台をつくる過程で、関わる人たちの人生の喜びもインタビューで拾い上げていく。

    ーダンサーとしてキャリアの途中での妊娠、出産で何を犠牲にしたの?
    ー何も犠牲にしてないわ。あなたが欲しかったから何も犠牲にしてないわ。

    私たちはバラバラだけど、団結するの。

    芸術で戦争を止めることは出来ない。でも、世界に美は必要なの。

    ベートーベンの音、ダンサーの躍動、シラーの言葉がひとつになった舞台。

    人類皆兄弟
    171-106







    バラバラで、団結する

    多様性

  • 3.6

    miiさん2021/10/13 17:34

    ベートーヴェンの音楽「第九交響曲」を踊りで表現する。

    多様な国と文化の融合。
    国籍にこだわらずに多民族が集まり踊る意味とは?

    ダンサーだけでなく オーケストラにコーラスと総勢350人が参加して
    人類皆兄弟と
    サークルになって手を繋いで踊るクライマックスの群舞は壮観です。
    本番をもっと観たかったな。
    一部の抜粋だけれども
    短い時間ながらも 「 歓喜の歌」の情熱は感じる事はできたので
    全編観たなら おそらく圧倒された事でしょう。
    日本人も多数活躍していらっしゃって 嬉しいですね。

    「たとえ世界を救えなくとも 美と芸術は必要。
    人の心を励まし慰め
    明るい希望の道標となるであろう」と締めくくられています。

  • 2.9

    ツクモスフィールさん2021/08/28 08:49

    当時公演に行った人や普段からクラシックやバレエを見慣れてる人なら中々見れないであろう練習風景や舞台裏を見れてすごく良いと思う。

    ただ実際の舞台のシーンはぶつ切りばかりで物足りないというかあんまり気持ちよく無いかな。まぁ音楽映画じゃなくてドキュメンタリーなんだけどね。

    全楽章をフルで映すのは難しいだろうけど音楽とダンスのカタルシスが全然足りないわ。



    あと序盤の練習シーンで赤色の「侍」Tシャツ着てる人、アイツ絶対に狙ってるやろ

  • 3.6

    mmmさん2021/08/26 12:36

    第九が好きで、題名に惹かれて鑑賞。

    生の喜び、歓喜の歌ともなっているように第九を、目で見る音楽として、バレエを組み込んでいた。
    作曲者が、この音をどのような理由で付け加えたか、どうしてこのメロディなのか、などの疑問は、亡くなっているから問うことは出来ないため自分たちの解釈と表現でしか行う事ができない。しかし、本作品は音楽のもつ力と、作曲者の願いを十分に取り組んだバレエ表現だったのではと思う。

    喜びを表現しなさい、と言われて表情では作ることは出来やすいが全身を使っての表現は
    中々難しい。ステップや、手先、動き、、。

    また、バレエは個人的に汗水垂らして踊る印象は少ないが、舞台裏の過酷さは凄いものだと知る事もできた。さまざまな思いと、積み重ねがあっての本舞台映像。生で見たら凄いんだろうな、、。

    自分も表現者として、色々と勉強する事ができた。

  • −−

    ぽんぽこ地平線さん2021/08/13 00:14

    "たとえ世界を救えなくとも美は人に必要なもの。私たちの夢と才能と献身の結晶である芸術作品は、哀れな人類の明るい希望の道標となる。"
    力強い言葉でした。

  • 3.4

    dance3さん2021/07/20 21:28

    語りが多すぎず、ダンスのシーンが良いアクセントになっていて最後まで楽しめました。
    多人種と共存するようなメッセージがとてもいい。禅もテーマになっていて、世界的に活躍している日本人がたくさんいることも嬉しく思う。ただ途中出てきた評論家の奇妙な態度は相手のインタビュアーに対して失礼で、必要なかったのでは。

    魂を曝け出して自分を表現し努力している姿がとてもピュアで人間らしい、だから芸術が大好きだし、ここまで心を動かされるものはほかにない。早く劇場に行きたいなぁ。

  • 2.4

    片腕マシンボーイさん2021/07/11 10:10

    バレエ女子映画にはめっぽう甘いマシンボーイやから観たけども…やっぱりほとんど記憶に無いやつ!

    第九でバレエ踊るぞ!ってドキュメンタリー

    そうね、「花とアリス」とか「5つ数えれば君の夢」みたいなキュートなバレエ女子映画はついついぺろぺろしちゃうマシンボーイやけども、バレエゴリゴリドキュメンタリーにぺろぺろする程では無かったみたいやわ、そういえばバレエの舞台設営の仕事とかしたことあったけど、本番中はまぢ眠気との戦いやったもんなぁ…しみじみ

    え?そういえば前に観たセルゲイ・ポルーニンのドキュメンタリーはもうちょい好評価していたな…、だってアイツはほぼほぼバレエ界のジャック・ハンマーやったからね!ぺろぺろ
    本作には刃牙にでてきそうなダンサーいなくて残念…

  • 2.9

    りたおさん2021/07/08 21:24

    全っ然分かんなかったけど、バレエダンサーの身体は美しかった。日本人がいっぱい出てきたの、みんなかっこよかった。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました