お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

少女ファニーと運命の旅

G
  • 字幕

ナチスドイツ支配下で、勇気の旅を続けた少女ファニーの “実話から生まれた”感動の物語

1943 年、ナチスドイツの支配下にあるフランスでは、ユダヤ人の子供たちは親と別れて、支援組織に託されていた。ファニーもクルーズの施設で生活していたのだが、誰かが密告したせいで、施設は閉鎖されることになり、ファニーたちは一路マダム・フォーマンの施設を目指す。そんな中、イタリアのムッソリーニが逮捕されたというニュースが入る。マダム・フォーマンは、代わりにドイツ軍に占領されるといち早く察知し、子供たちをスイスへ逃がそうと決意する。 ファニーと妹たちを含む 9 人の子供たちの国境を越える運命の旅が始まる。果たして子供たちは再び両親と会うことができるのか──?

詳細情報

原題
FANNY’S JOURNEY
作品公開日
2017-08-11
音声言語
フランス語
字幕言語
日本語
作品公開日
2017-08-11
制作年
2016
制作国
フランス/ベルギー
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2018-08-02 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入(期限なし)

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

歴史・戦争洋画ランキング

少女ファニーと運命の旅の評価・レビュー

3.8
観た人
1223
観たい人
4634
  • 3.6

    ヒロとっくくんPART2さん2020/06/26 22:40

    これが実話というのに驚きです😳

    大人より子供の方が勇気あると言うか…、
    私はビビりなので、 ハラハラ しながら、 視聴しましたよ😰💦

  • 3.1

    nekonomachiさん2020/06/19 16:39

    旅というとロードムービーみたいですが、ナチスからの逃避行の実話です。

    途中、疲れてなかなかすすめない子供たちをフットボールしながら走らせたり、
    水のかけあいっこや、ボロい小屋でおままごとみたいな空想ごっこをしたり。

    そういう子供らしいあどけなさに救われる映画でした。

  • −−

    皐さん2020/06/18 02:22

    これが現実にあった話というのも平和な日本で暮らす私には信じ難い。が、事実であればある程目を逸らさずにはいられない。

    まず「ファニーと運命の旅」というタイトルではなく“少女ファニー”だった意味についてを考えた。
    そう、こんなシビアなテーマで始終ヒリヒリストレスを感じながら観ていたのだが、あの水を掛け合うシーンだとかポロッと泣いちゃう少年とか、どんだけ強がったって頑固だって前向いてたってこの子達、少年少女なんだよな。
    そんな少年少女が力合わせて前向いて走ってんのに私ハタチにもなって何下向いて立ち止まってんの?って思ったわ、これが平和ボケか?()

    この子達にとって“失う”とは、“居なくなる”事では無く“死”であるというのが嫌なくらい伝わってきて、その分些細な幸せは見逃さなかった。
    だけどこんな経験してまで些細な幸せを感じたい訳ではないんだろうな、って勝手に想像して傷ついた。

    差別なんか0でいいから、幸せ増やして欲しい。
    幸せになって欲しいよ。
    引き算を続けるといつか0になっちゃうよ、早くそれに大人が気づかないと。
    0と1は違うよ。
    大事なのは1と0の間、とも言うけれども。(それはBUMP OF CHICKEN)

    そういえば「幸運を祈る」ってスゲー他人事だなって思った。

  • 3.5

    フェイスノーモアさん2020/06/17 16:25

    フランス制作の実話を基にした戦争映画。

    ナチスドイツの迫害から逃げるユダヤ人の子どもたちの集団を描いた物語です。

    原作が子供目線の記憶で書かれていたからなのか、ナチスからの逃走劇と言ってもそこまでものすごく過酷という感じではありませんし、残酷なシーンなども基本的にはありません。
    ただ、こういった幼い子どもたちがお腹を空かせながらも知恵を絞り、他国の国境を目指さなければいけないというシチュエーションが観ていて辛かった。

    出演する子供たちが例外なくとても美形でした。
    特にリーダーを演じたレオニー・スーショーは子供ながらにミラ・ジョヴォヴィッチを彷彿とさせる凛々しい美貌で、将来がとても楽しみな女優さんでした。

  • 3.8

    サンマリさん2020/06/15 10:28

    先頭に立つ勇気は大きくなってもないのが多いのにあんなに小さい子が持っているのは凄まじい あの先生が凄く好き そしてあの手紙

  • 4.0

    歓迎さん2020/06/08 01:28

    これは本質的には戦争とは別の問題である。

    何処にも居場所がなくて、普通に生きる事もままならない。それは決して子供でも関係ない。

    遠い昔に終わった話ではなくて、今日も私達日本人の知らないところで、そのような生活を強いられている民族がいることを忘れないで欲しい。それ以前に、そういうことを知らない人達が多すぎる現象を苦慮する。

    全体的に非の打ちどころなく、終始息の詰まる思いだった。

  • 3.8

    映画部さん2020/06/08 01:26

    主人公の少女ファニーを中心とした子ども達の勇敢さに心打たれる一本。

    子ども達だったからここまで生き延びる事が出来たのかなと考えたり。

    自分だったらどのような行動をしたかを幼い頃と照らし合わせながら観入ってしまった。

    後半は終始ハラハラ、
    とにかく命が無事で良かった〜。

  • 4.0

    藤田一志さん2020/05/29 22:35

    ナチスの手から逃れようとみんな幼いながらに生きる為の力を尽くしている。
    ファニーもよく平静を装えるなと、思いつつもふとした瞬間に糸が切れる。
    まだ子供なのだ。子供が悲しんでいる時代は今後も絶対にあってはならないのだ。

    息が詰まる展開もたくさんあり、助かって欲しい。それしか願わずにはいられなかった。

  • 3.9

    まおさん2020/05/15 18:37

    THEフランス映画ってかんじ、特に盛り上がり部分とかもないけど、全体的な雰囲気が最高だった〜!
    そして実話という点も最高

  • 3.8

    しーとんさん2020/05/10 21:03

    実話に基づいた物語

    ナチスから逃れるため、ユダヤ人の子供達だけでの逃避行。
    とにかく子供達の演技に脱帽です。
    特にラストの疾走シーンは鳥肌モノでした。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す