お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ヴァレリアン 千の惑星の救世主

G
  • 吹替
  • 字幕

最強にギャラクシーで、最高なアドベンチャー!

西暦2740年。銀河をパトロールする腕利きのエージェント、ヴァレリアンは同僚の美女、ローレリーヌに首ったけ。忙しい任務の合間を見てはあの手この手でアプローチを試みるが、愛しの彼女は一向に振り向いてくれない。そんなある日、二人が向かった巨大宇宙ステーション”千の惑星都市”が、放射能に汚染されていることが判明した。全種族が死滅する危機を「10時間以内に救え」という極秘ミッションを託されたヴァレリアンたちの前に突如現れたのは、30年前に消えたはずの平和な惑星パールの住人たち。彼らの思惑とは一体…?果たしてヴァレリアンは銀河の危機を救い、ローレリーヌにプロポーズすることができるのか―!?

詳細情報

原題
Valerian and the City of a Thousand Planets
作品公開日
2018-03-30
音声言語
英語or日本語吹替
字幕言語
日本語
作品公開日
2018-03-30
制作年
2017
制作国
フランス
対応端末
公開開始日
2018-08-15 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

SF・超常現象洋画ランキング

ヴァレリアン 千の惑星の救世主の評価・レビュー

3.6
観た人
16998
観たい人
11521
  • 3.8

    Stellaさん2021/10/14 21:09

    スターウォーズにも影響を与えたと
    言われているSFコミックの実写化。
    宇宙が舞台で、様々な種族が出てくるので
    SFファンタジーが好きな方は楽しめる
    内容です。特に映像も迫力があり、
    見応えもありました。

    キャスト陣も意外に豪華で驚きました。
    ⁡監督はレオンやルーシーなどでお馴染みの
    リュック・ベッソン監督です。

  • 3.0

    やぎふとさん2021/10/11 23:58

    許す、私もそう有りたい、、、
    なんとなくSFモノ観たくなってテキトーに選んだ作品でしたが普通に楽しめました。序盤、多他種族との融和を握手で紹介するシーンで人類似なサイズと頭手足タイプばかりだったことや様々なデザインが自身の想像を上回らずに残念でした。しかし全編通してゲーム画面の様で映像は綺麗なところと細部に渡って丁寧に描かれているところは好感を持てました。また本筋の物語や主人公たちに魅力が薄いところも残念でした。あれ?残念ばかりだけど普通に楽しめましたよ\(^o^)/

  • −−

    なんなのさん2021/10/10 11:15

    普通に楽しめた

    面白かったかと言われれば、普通

    デインデハーンがかっこいいし、リアーナが綺麗

    パール人は最初アバターかな?って思った

    吹き替えで観たけど、デインデハーンが好きなので、字幕でもみようかな、、

  • 3.3

    紅梅シュプレヒコールさん2021/10/09 16:21

    「レオン」「フィフス・エレメント」等で知られるリュック・ベッソン監督のスペース・オペラ超大作です

    陰謀に巻き込まれてしまった宇宙連邦の少佐ヴァレリアンと相棒のローレリーヌの活躍を描いており、主演はディン・ディハーンとカーラ・デルヴィーニュが務めています

    リュック・ベッソンの考える“楽しい”が詰まった娯楽作品になっており、全体的には頭空っぽで観れる作品になっているのですがスペース・オペラ特有の造語や設定の渋滞によって観ていて疲れてしまう点は仕方ないのかもしれませんが、140分程のやや長めの上映時間と相乗して観るのがしんどく感じる瞬間は結構ありました

    それでも、魅力的なシークエンスやデザインが随所で見られるので鑑賞後の所感は「まぁ、楽しめたなぁ」で落ち着くことができました

    キャラクターの2人ですが、冒頭から長年付き合っているカップルのような雰囲気を醸し出しており、劇中美男美女のイチャイチャを終始見せられるという苦行にやや胸焼けしました

    軽薄そうな男であるヴァレリアンがローレリーヌを特別な女性として見ている理由が描かれないので、2人のロマンスに気持ちが入り込めなかったのは残念


     

  • 3.6

    Ryuさん2021/10/05 23:26

    スターウォーズシリーズにも影響を与えたとされているフランスのSF漫画をリュック・ベッソンが映画化。

    ストーリーはなんら難しいことはなく、わかりやすい。それ故か、脚本に若干の物足りなさは感じました。しかしながら、今作の魅力はそんなところではないでしょう。なんと言っても映像美!スターウォーズの影響は受けまくってるでしょうけど、原作はスターウォーズに影響を与えた側なんておもしろい繋がりです。宇宙人たちの造形もどっかで見たことあるようなものが多くて、全体的に既視感がスゴかったです(笑)。二番煎じになってしまうのは仕方ないですが、やはりこんな世界観はワクワクします。主人公とヒロインのバディによる掛け合いは今作ならではの魅力だと思います。ヒロインのカーラ・デルヴィーニュ、様々な衣装で登場するリアーナ、2人の美女を拝むことができるのもポイント高いです(笑)。リアーナもそうですが、イーサン・ホークの扱いが・・・。中々贅沢な使い方してましたね(笑)。どこかで見たことあるような世界観に、そんな捻りもないストーリー、あんまり記憶に残るタイプの作品ではないと思いますが、観てる間は中々楽しめました。

  • 3.8

    ぴゅんぴゅんまるさん2021/10/03 02:30

    2017年作品。さすがリュック・ベッソン監督。主役の男女二人がイケてる。
    VFXは安心のILM。しっかりSF大作でした。ストーリーに斬新さはあまりないけど(「アバター」に似ている)、主役が魅力的。渋いところでクライヴ・オーウェン、イーサン・ホーク、リアーナ、ハービー・ハンコックも出演。
    日本ではほとんど知られてないような気がするが、世界的にみてどうだったんだろう🤔
    あ、あと気になったのが中華資本映画。だいたいカネにモノ言わせて無理やり作るからハズレると思い込んでる。もしかしたみんなコレはお仕事として割り切って作ってるのかもしれない。

    (その後)
    興行収入は大失敗とアチコチに書いてあるけど、wiki見るとトータルは黒字なんだが、、
    まあ会社のトップが変わったりあったようで。
    また批評、クチコミはボロクソですね~
    CGも文句まみれだけど、映画じゃないとこのクオリティのCGにお目にかかることは出来ないと思うけどな。

  • 3.5

    クズリさん2021/10/02 21:17

    カーラ・デルヴィーニュの顔が好きすぎた。スースクではあんな残念な役だったけどどうやらこれもコケたらしく作品に恵まれてないのかな。カーラ・デルヴィーニュの顔の点数しか加算されていない。くるくる変わる表情がほんとにキュート。いかにも気が強そうな顔でそのまんまの役でもう可愛い。逆に男の子の方はねえ・・。映像的にはなんかスターウォーズやりたいんだろうなあって感じがぷんぷんするけど、テレビで見る分には面白かった。吹替版で見ると豪華声優陣でたまらんもんがあった。原作はスターウォーズに影響を与えたものらしいけど、映画の方はスターウォーズやアバターの物真似みたいで、どっかで見た感じのクリーチャーばっかりなのは残念。途中で猿の脳みそ食を連想させるシーンがあって楽しかったっす。

  • 4.0

    YuiFujiiさん2021/09/30 21:59

    未知の世界とか宇宙系、SFが好きだからとても面白かった。デイン・デハーンが頼りないけど一生懸命でかっこいい!映像が綺麗だから映画館で観たかった…

  • 5.0

    A6MVW9Aさん2021/09/29 14:38

    👏
    なんか良くわからないけど
    リアルな気がしました。
    映像とサウンドがキレイです!
    出演者にも注目!

  • 3.7

    くどうさん2021/09/26 18:44

    SFだけど深く考えずに楽しんで観れました。チャラいデイン・デハーンとカーラ・デルヴィーニュの掛け合いがすごく可愛い。カーラ・デルヴィーニュの足が長すぎます。足回しがほんとに綺麗。リアーナの変身?シーンは言わずもがな最高なのですが、リアーナ役がいい人?すぎて不毛すぎるからもう少し救われて欲しかった…。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す