お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

ロスト・イン・ザ・サン 偽りの絆

G
  • 字幕

元犯罪者の男。かつての彼女の一人息子を騙し人質にとり、強盗を繰り返していくが…。

地元の複数の金貸し屋から借金をしている元犯罪者のジョン。返す当てもなく、日々、小売店を襲ってはその日暮らしの金を奪って暮らしていた。ある日、彼はかつて付き合っていた彼女の葬式に参加する。そこで、ニューメキシコの祖父の家へと向かおうとしていた彼女の一人息子のルイスを見つけたジョンは、彼を言いくるめ、ニューメキシコまで自分の車で送り届ける事にし、一方で、彼を人質として身代金を要求していた。そんな事とは知らないながらもジョンを怪しむルイスだが、色々な事を教えてくれる彼に、次第に信頼を寄せていく。しかし、ジョンの行動がエスカレートしていくにつれ、二人の間に亀裂が入り…。

詳細情報

原題
Lost In The Sun
音声言語
英語
字幕言語
日本語
制作年
2015
制作国
アメリカ
対応端末
公開開始日
2018-09-28 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

キャンセル

ドラマ洋画ランキング

ロスト・イン・ザ・サン 偽りの絆の評価・レビュー

3.2
観た人
227
観たい人
105
  • 3.1

    Fenrir0517さん2022/01/17 17:59

    ハンドクラップを使った曲が焦燥感を煽る。

    男と少年、ロードムービー。

    ループタイ
    スナップボタンのウェスタンシャツ
    大きなバックルのレザーベルト
    ストレート・インディゴデニム
    ウェスタンブーツ

    テキサス「男」の正装。
    テンガロンハットが足りないが。

    少年ルイスは着替える。
    男ジョンのように。

    「こんな自分を変えられない」

    着替えるようには、簡単に変われない男ジョン。

    ごくごくシンプルなストーリー。
    登場人物も少ない。
    派手なアクションもない。
    複雑な伏線もない。
    予想通りに進んでゆく。

    それでも見る者は見続ける。
    ラストのルイスの「その表情」を見るために。

  • −−

    バタコさん2021/12/28 12:42

    悪い、後戻りできないとわかりつつ同じことを繰り返してします。それから逃れるのは、自分が大切に思えるものと出会ったときなのかもしれない。少年役がよかった

  • 3.0

    シノブレドさん2021/09/26 12:00

    こんな雨の日曜日の朝に観るにふさわしい映画。
    ロードムービーは好きなジャンル。
    ゆったりと落ち着いて過ごせる感覚がいい。
    ただこの映画、ポスターにあるシーンは全く出て来ない。
    ちょっと趣旨が違うように思う。

  • 1.4

    anguishさん2021/08/09 17:56

    劇場未公開

    ★母親が亡くなり祖母に引き取られる13歳のルイス、その顛末を見ていたジョンは彼に母とは知り合いで祖母に頼まれた、バスで向かうのも良いが車で送ろうかと持ちかけてきた。怪しんだルイスではあったが寂しさに負けて受け入れることにした。

    犯罪ロードムービー。出だしでネタバレしているので貴方が感じた通りに進行していく予定調和。電話のやり取りは要らないよね…最初こそ反抗的だったルイスも次第にジョンを受け入れて、やがて呼吸を合わせるまでになる。道中で仲良くなる母娘ともいい感じになるもジョンの生き方がそれを許さず犯罪を繰り返していく。

    最後のルイスの表情こそ、この映画の全てであろう、彼(監督)が良いなら外野の私は何も言うまい。

    20210809 21(197)

  • 3.0

    ちょいこさん2021/08/08 15:28

    2、3日盛り上がっただけでうちの実家にくる?いつまでも居ていいよ。という女怖すぎんだろ。断ったら即ブチ切れ。
    おっそろしい。

    ありがちな悪人に良心が芽生えるとか無くて逆に良かった。

  • 2.7

    鹵簿六田さん2021/06/13 22:08

    アートワークで勝手にケビン・コスナーの『リベンジ』みたいなハードボイルドものを期待してたけど、『オーバー・ザ・トップ』のツラを被ったクズい男の泣けない『パーフェクトワールド』みたいな話でした。しかしジョシュはクズくてもカッコいいなぁ。派手さの少ない淡々とした物語はアメリカの広大な景色には溶け込むがわしの脳内には残らない。別に銃撃戦やれとかじゃないんだけどね。
    2021.6.13.
    Amazon prime video

  • −−

    明日も部分麻酔する日さん2021/03/20 01:26

    ペーパームーン。

    不良が静かに授業受けてたらすっごく褒められるあの嫌悪感が漂ってる。不良がやらかした事なのに、何もしてない奴らまで全校集会で怒られる理不尽さね。そんな奴らに感情移入なんて出来ません。勝手に怒られてて下さい。

  • 2.3

    ハントさん2021/03/16 08:47

    これに似たような話けっこうあるなー
    タイトルから考えたらつっこんだらあかんやつかもしれん。(偽りの絆やし)
    物語は、わかりやすく、観やすく期待大な感じやた。
    うーん、見終わって気になったシーンがあって再度観たけど親父の設定なら、もっとクズなりの葛藤や、心変わりするシーンあれば入り込めたんかなー
    少年が泣くシーンも、母の死からの不安感とかやとこんなもんやとおもてもたんは、ただ過ごした過程をみただけやったからかもやな。(深読みできんバカなんかもしれんが自分が)
    (こんな自分を変えられない)奴にも、少し胸の内に何かが芽生えたんかもなーと思った時、映画はもう終わった感じ。(え!?こっからこんな自分を変えられないやつが少しづつ変わってく感じ。ちゃうのん?)
    少年があまり好みやないから入り込めんかったのか、あたしが親父のようなクズやから感動できんかったんかはわからん。

  • 3.3

    1sugarさん2020/07/24 10:01

    母親を亡くした13歳の少年を
    葬儀に来ていた謎の男が
    少年の祖父母の家に送ると声を掛けて始まるロードムービー。青春もヒューマンもクライムも入ってる。少年と犯罪者の間に生まれる絆ってなんで心掴まれるのかな。

  • 2.5

    白屎さん2020/07/22 19:52

     クズ野郎と犯罪を重ねながら過ごした時間が楽しかった少年。蛙の子は蛙。将来有望。父親よりも立派な犯罪者になって下さい。

     DQNの善行や残された良心にうっかり騙されるオレではない。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました