お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
  • 再生する

フジコ・ヘミングの時間

G

苦難を乗り越え、60代で世界に見いだされた奇跡のピアニスト、フジコ・ヘミング。いくつになっても豊かな人生を奏でる――。

パリ、NY、ブエノスアイレス、ベルリン、LA、東京、京都…フジコと巡る旅。
世界中にある美しい自宅、愛する猫たち犬たちとの暮らし、恋の話など彼女の“素顔”を解き明かす。

60代後半でデビューし、80代になった今でも世界中で演奏活動を続けるフジコ・ヘミング。年間約60本のコンサートをこなし、チケットは即完売で新たなオファーも絶えない。その情感あふれるダイナミックな演奏は多くの人の心をとらえ、“魂のピアニスト”と呼ばれている。本作は、世界を巡るフジコを2年にわたって撮影した初のドキュメンタリー映画。お気に入りのアンティークと猫たちに囲まれて暮らすパリの自宅で迎えるクリスマスの情景、宮大工がリフォームした古民家で過ごす京都の休日、留学時代の思い出が宿るベルリン郊外への旅など、初公開のフジコのプライベートが観れる。世界中の人々を魅了してやまないフジコの音楽は、どんな人生・ライフスタイルから生まれてくるのか?


14歳の時に書いた絵日記を公開!
数奇な人生と知られざる家族のヒストリーに胸が熱くなる。
幼少時に別れたスウェーデン人の父への複雑な想い、ピアニストの母からの厳しいレッスン、ハーフへの差別、貧しい留学生活、音楽の成功を目前にした聴力の喪失など、撮影中のインタビューと少女時代の絵日記を通して語られるのは、波乱万丈の人生。どんな時も夢をあきらめず前に進み続けたフジコが、あるエピソードを通して、今再び家族への思いを噛みしめる――。

世界が熱狂したワールドツアーでの演奏、圧巻の“ラ・カンパネラ”
貴重なワールドツアーでの演奏と裏側、2017年12月1日に東京オペラシティで行われたソロコンサートの「ラ・カンパネラ」をほぼフルバージョンで収録。5分におよぶそのシーンの中で、フジコは、生きざまがにじみ出るような圧巻の演奏を聴かせる。年齢を重ね様々な困難が あってもステージに立ち続けるフジコに迫る――。

~フジコが奏でる名曲たち~
ラ・カンパネラ
ため息
月の光
ノクターン

詳細情報

音声言語
日本語
制作国
日本
対応端末
  • PC
  • Android
  • iOS
  • Chromecast
  • VIERA
  • BRAVIA
  • PlayStation®4
  • AndroidTV
  • AppleTV
  • REGZA
  • FireTV
公開開始日
2018-12-18 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(3日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

その他邦画ランキング

フジコ・ヘミングの時間の評価・レビュー

3.9
観た人
981
観たい人
1803
  • 3.8

    attoさん2020/06/06 08:54

    思った以上に何故かピアノで泣いてしまった。
    ほんの一瞬だったけど個人的にはトルコ行進曲が良かったなぁと。
    そして弟のウルフのキャラがまた濃いこと。
    兄弟仲の良さをとても感じられる。

  • −−

    クレミさん2020/06/03 23:36

    人生とは時間をかけて私を愛する旅

    これずっと見たかった〜
    「ラ・カンパネラ」は大好きでいろんな人の演奏を聴いたけど、フジコ・ヘミングが弾くと唯一音楽に感情を感じる。いつの間にか泣けてしまう。なんにも知らないはずの彼女の人生を目にしているような感覚になる。

    「人生あと何年あるか分からないから、どれだけできるか分からないけど、出来ることはやらないと」
    って、ちゃんと生きていくことに向き合わないとと思わせられる。
    目の前にあるもの1つ1つを大切にしている人なんだろうなあ。

    フジコが奏でるドビュッシーが素敵すぎて泣けちゃった 生きることってこういうことなんだよ、ってなる、いやどういうことだよって思うんだけどなんか不思議とそう自分の中で納得しちゃう


    たまに、監督がやりたいだけの撮り方があってドキュメンタリーとしてはそこまでいい出来ではないけど。なんといってもフジコヘミングという人の魅力がギュッと詰まった、人生のバイブルにしたいような1本だった

  • 3.0

    fontaineさん2020/06/01 08:07

    素晴らしい才能であるのは疑いようがないが、彼女のピアノは重く苦しかった。感情が音に伝わり過ぎて長く聴く事ができなかったが、やはり生い立ちが深く関係していた。
    天才も苦しんでいるんだ。

  • 4.0

    COMACHIさん2020/05/30 09:07

    名前は聞いたことがあるけど、正直彼女について深くは知らなかったので観てみることにしました。
    フジコヘミングさんのいつになっても努力を続ける姿勢が良かったです!
    自分軸がある素敵な女性でした。
    ピアノの音色は彼女の人生を物語っているようでした。いろんな経験をしたからこそたどり着ける、表現できるのかもしれないです。

  • 3.9

    シミズさん2020/05/24 19:23

    気張ったこと言わないのって素敵。
    ずっと憧れていた彼女の生活がみたかったから嬉しかった。ニコニコしてるわけではないのに慈愛に満ちている。

    映画の評価的には
    フィルタちょっと過剰だったのと画が揺れすぎる。ドキュメンタリーだけどどっしりした落ち着いた視点で見たかったな。

  • 4.0

    チホさん2020/05/23 22:03

    人生とは時間をかけて私を愛する旅という言葉が胸に刺さりました
    誰かが歌っているように弾いているフジコヘミングさんの演奏は勿論、彼女の描く絵や、パワフルでチャーミングなところ、80歳を過ぎてもマネージャーをつけないで生活しているところ、パリでの暮らしが素敵だった🐈
    おばあちゃんになってもピアノは弾き続けたいな

  • 5.0

    貝柱茶柱さん2020/05/19 22:29

    フジコ・ヘミングの奏でる音色はもちろん、絵も住まいも身に纏うものも語りも全部、彼女の人柄と生き方が好き。Art de Vivreそのもの。
    「エンジェルが試しているかもしれないから」と言った路上のシーン、私も聖書のあの教えを胸の奥にしまってある。
    「わたしの兄弟であるこの最も小さい者の一人にしたのは、わたしにしてくれたことなのである。」
    心からの信頼と愛が溢れる彼女の振る舞いを美しいと思う。謙虚でありたい。人間同士の権力関係なんて枠組みじゃなくて、畏れとともにある謙虚さ。

  • 4.5

    aoaoさん2020/05/19 19:32

    80を超えても、、耳が聴こえなくても、マネージャーを連れず世界を飛び回るフジコ。
    とても元気になるドキュメンタリー!

  • −−

    素晴らしき哉映画さん2020/05/17 09:14

    YouTubeでラ・カンパネラを弾くフジコ・ヘミングをみてピアノ演奏の未経験者が弾きたいと一から練習しだして弾けるようになったってのを観て彼女を知りました

    映画では何をしたとかも教えてくれますが、その人の人間性や過去を色々知れるのでちょうど良い機会でした
    ほぼイメージどおりでしたが少し気が強めの印象と思いきや実際は違いました
    演奏や普段の話からするとガチガチな教えや考えより自分らしさを出すことを優先しているようでした
    私も同じ考えなんですが、それが合う合わないとか間違ってるとか関係無く好みの差でしょう
    __________________

    📍主題と変奏
    作:F・リスト(ハンガリー)
    1811〜1886年
    📍ピアノ協奏曲第1番
    作:F・ショパン(ポーランド)
    1810〜1849年
    📍トルコ行進曲
    作:W・A・モーツァルト(オーストリア)
    1756〜1791年
    📍ピアノソナタ第11番K.331
    作:W・A・モーツァルト(オーストリア)
    1756〜1791年
    📍S・ラフマニノフ(1873〜1943年)の邸宅
    📍ため息
    作:F・リスト(ハンガリー)
    1811〜1886年
    📍サマータイム
    作:G・ガーシュウィン(アメリカ)
    1898〜1937年
    📍月光 第3楽章
    作:L・V・ベートーヴェン(ドイツ)
    1770〜1827年
    📍ラ・カンパネラ
    作:F・リスト(ハンガリー)
    1811〜1886年

    1回目

  • −−

    tomokaさん2020/05/16 19:15

    昨年、念願叶ってフジコヘミングのコンサートへ初めて行った。
    手押し車でステージへ登場する姿を見て心配になったけれども、演奏が始まるとすぐに彼女の美しい音色に圧倒されました。
    CDで何度も聴いていた愛の夢や、ラ・カンパネラを生で聴けて感動したな。

    彼女自身のことについてはよく知らなかったけれど、このドキュメンタリーを観て、彼女の生き方がかっこよくてもっと好きになった。

    またコンサート行きたいな。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す