お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち

G
  • 字幕

欧州危機に始まるイタリアの社会背景が生んだ、痛快風刺コメディ第2弾!

ピエトロ・ズィンニとその同僚たちは、生き延びるために超絶合法ドラッグの製造に精魂を傾けた結果、犯罪者となった。ところが今度は警察が彼らを必要とする。パオラ・コレッティ警部は服役中のズィンニに、グループのメンバーをもう一度集めて、スマートドラッグの蔓延を防ぐためのミッションを依頼する。彼らの犯罪歴抹消と引き換えに。ズィンニの呼びかけで例の7人のドラッグ製造連中が再結集。新たなミッションを遂行するには、近年の頭脳流出によって国外へ出ていた研究者の多くを、イタリアへ呼び戻さねばならない。ズィンニはコレッティ警部と共に海外に潜む優秀な研究者たちのリクルートへと向かう。そして10人の新たなチームが結成された。

詳細情報

原題
SMETTO QUANDO VOGLIO: MASTERCLASS
作品公開日
2018-06-30
音声言語
イタリア語
字幕言語
日本語
作品公開日
2018-06-30
制作年
2017
制作国
イタリア
対応端末
公開開始日
2019-01-09 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

キャンセル

コメディ洋画ランキング

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たちの評価・レビュー

3.8
観た人
4973
観たい人
19258
  • 4.0

    みーへーさん2021/09/22 14:53

    80点
    212

    1より笑いもスケールもパワーアップ。APOLLO440の流れるシーンかっこよかった。

  • −−

    みきひろさん2021/09/22 02:15

    - ドラッグ作りからドラッグ探しへ
    - 1のフリだったり伏線が結構効いてる
    - 映画の最後に次回予告を流すの新しい

  • 3.1

    ゆかちんさん2021/09/20 18:41

    おおお!いきなり面白い切り口。
    前回の続きから始まり、過去を遡り、そこで何が起きていたのかが明らかになっていく。
    そして、スケールが大きくなる。

    ほっほー!
    1だけでも収まりのある昨品だったけど、それはステップの一つであり、この作品の大きな展開に繋がるようにしている。
    当初からの予定なのか、一作目が良かったからこのあとの2作品の構想を繋げたのか。
    どちらにしても本当に上手いこと出来てる。
    2作目はググっと陰謀的な話になって面白くなったけど、「続く」という終わり方。
    2と3は連作やね。この切り方もいいと思う。

    映像は相変わらず暗いビビットさも交えて独特。
    メンバーが歩いてくる撮り方とか、めっちゃアメリカの映画とか意識してそうやし、あと、地下トンネルでパンパンパンとライトがついていくのも007をはじめとするスパイ映画みたいやった。
    車を加速させるやつはワイスピみたいやしw

    しかし、ナチスのオリジナルの車やサイドカー…。
    歴史的なものであるのはわかるけど、大丈夫か?
    まあ、イタリアはドイツと同盟国でしたが。
    たしかに、「道義的人道的イデオロギー的に問題がある。」だね笑。

    映像の色合いがいいのもやし、あと、ドラッグで飛ぶところをアニメーションにしてるのも良かったな。

    オープニングの街を映すのもいい。
    舞台はローマやのに、みんなが想像するような遺跡が残る街並みではなく、普通に人々が住む街並み。

    色々と映像的な映え感がありました。

    しかし、教授たちが不憫すぎるね。

    仲間を増やすために海外に行く。
    それは、「流出した頭脳を取り戻す」。
    ここも皮肉だなぁ。
    「流出したんじゃない、追放されたんだ。」
    きっと、こういう実態は多々あるだろう。
    日本もそう。
    出て行った人たちがタイやラゴスにいるのもなんともなんとも。ラゴスにいるのは武器商人としてだし。

    あと、警察にいいように利用されて、裏切られて前より立場悪くなるなんて。
    頭脳の搾取だよー。ひどい。

    バルトロメオの役者さん、なんか既視感あるような見た目と声と喋り方。
    色んな映画とかで出てくるような、イメージするイタリア人なのかも。
    タバコの吸い方似合うな〜。
    貨物列車の、思わぬ活躍カッコ良かった。

    コレッティ警部、ヘイリー・アトウェルみたいやった。

    いやー、相変わらず皆興奮して話すと他の言語よりワーワーする笑。話し方が速い!
    でも、1作目より聞き取りやすかったかも。

    あと、ジェスチャーとか手の使い方、姿勢とかもイタリア的だね。そういうの、おもしろい。

    教授たち、すぐ口論する笑。
    その偏りも面白かった。
    みんな個性的で良かったな。

    はー。見事だけど、教授たち可哀想すぎる。
    みんな変人やけどw

    3作目はどうなるのか、どうフィナーレを飾るのか、また見よう。

  • 3.9

    あいふぉさん2021/09/19 23:01

    第2弾。1話より格段に面白かった。というか1話を踏まえての話だからかな。
    2時間あっという間に過ぎた。

    最後3話目が楽しみ

  • 3.7

    くろさん2021/09/19 15:53

    前作がフリになっていて、今作さらに面白くなっていると思いました。
    前作でも思いましたが、すべてのシーンで色合い、色合わせが良く、色鮮やかで綺麗、観ていて楽しい。
    今回も、ドタバタ劇のコメディで楽しく観れました。
    次作も観るのが楽しみです。

  • 3.8

    HITOさん2021/09/18 14:39

    二作目の今作は、警察から持ち掛けられて非合法に合法ドラッグの摘発に協力する羽目になったポスドク研究員たち一味の活躍と騒動が描かれます。一作目同様のテンポと高いテンション、洒落た画像とノリのいい音楽で存分に楽しめました。あいかわらず会話はテンポが速くてにぎやかで喧しい、でもそれがたまらなく良いですね。キャラクタも生き生きしてて、ちょっとダメなところがある人々なのになんだかいとおしくなってきました。

    このシリーズは画面の色使いがビビットというのか、黄色や赤や青、そういうくっきりした色が鮮やかに映えていて、なんてことのない遠景の場面でもとても眼を魅かれて好きです。イタリアという国、都市が持つ色彩の鮮やかさ(刑務所そのものもやたら彩りが良い…)なのかわからないですが、そういう映像のカラフルさもとても好きです。

  • 3.6

    KanKawaiさん2021/09/15 00:57

    2017年イタリア映画。前作でスマートドラックを製造・販売して逮捕された元大学教授は再び仲間たちと結集して、違法ドラック製造の根源を断つために警察の捜査に協力する。前作のいくつかのシーンの回収とストーリーの展開が見どころ。

  • 3.8

    チブ夫さん2021/09/12 18:47

    ほんとに続編まで観なきゃ観たうちに入らないタイプだった。洒落に力入ってるけど一本独立で成立するような構成ではなかったから、劇場公開で途切れ途切れに観てたらチグハグで面白さ半減してただろうな。
    間髪入れずに観てよかった。結構笑った。
    ちゃんとみんな手を挙げて発言するようになってた。

    次のアベンジャーズエンドゲームもこの勢いのまま観よう。

  • 3.9

    ニゴーさん2021/09/12 16:31

    前回から話は続いています。

    服役中のピエトロはローマ警察のパオラに合法ドラッグの摘発に協力するように取り引きをもちかけられ、ギャング団を再結成することになるが...

    前回同様に少しのドキドキとコメディあり。教授たちがかっこよかったり、かっこ悪かったり。ちょっと間の抜けた教授たちが今回もがんばります!

  • 3.7

    candypocketさん2021/09/12 16:04

    早口のイタリア語に専門用語で私の頭の情報処理が追いつかない傾向があって、前作から今作に入るまで時間かかった💦

    頭脳を無駄に持て余してたところに、重要なミッションを与えて、それぞれの専門分野で持ち味を活かしてくのは、穿った見方をすると頭脳の搾取なのかも🧠でも彼らは水を得た魚のように見えるからwinwinかな✨

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す