お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

大人のためのグリム童話 手をなくした少女

G
  • 字幕

シンデレラ、白雪姫だけじゃない! “本当は恐ろしい”グリム童話から新たなヒロインが誕生!

父に両腕を切り落とされたヒロイン。彼女が選んだ未来とは?貧しい生活に疲れた父は悪魔に騙され、黄金の代わりに最愛の娘を差し出す契約を交わしてしまう。辛くも生き延びたものの、父に両腕を切り落とされた娘は、家を出て放浪する。不思議な精霊の力にも守られた娘は、幸運にも助けられ、やがて、一国の王子から求愛を受けることになる。しかし、悪魔は、用意周到にふたりの仲を引き裂く。娘は生後間もない子どもを連れ、王宮を後にする。さあ、娘と悪魔の闘いの結末は?娘が息子と選んだ未来とは?

詳細情報

原題
La jeune fille sans mains
作品公開日
2018-08-18
音声言語
フランス語
字幕言語
日本語
作品公開日
2018-08-18
制作年
2016
制作国
フランス
対応端末
公開開始日
2019-02-06 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入440円~

レンタル(7日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
440
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
550
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
2,200
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
2,750
ご注文手続きへ

キャンセル

アニメーション洋画ランキング

大人のためのグリム童話 手をなくした少女の評価・レビュー

3.7
観た人
568
観たい人
2881
  • 3.0

    おかまささん2021/12/03 19:35

    芸術作品とみれば点数は高いのですが、映画としてみれば少し物足りなかった。
    アニメーションが独特で最初は慣れませんでしたが、残酷なシーンもあるのでそういう意味では鮮明に描写しないこのタッチで良かったと思う。
    フランス映画ですが、どこかアジアテイストを感じた。

  • 3.8

    剛太郎さん2021/09/11 18:14

    こっっわっっ!!!((( ;゚Д゚)))

    アニメの表現がとても面白くて このストーリーに凄くあってて恐ろしすぎる
    実写とか普通に人物を描いたアニメだったらこの恐怖感とエロチックさは出ないだろう
    人間で有ること 体が有ることの不自由さとか 本当の愛情の伝わらなさ とかを感じた 3人は魂だけになったのかな✨

  • 4.8

    AyukoSatoさん2021/09/02 17:59

    ドローイングの集積のような本作、初めて観る美しい表現に目が離せない!この監督は画家なのか...?んもぅ、、素敵過ぎる!!!
    色と線、面で表現される画面上で、時に登場人物の存在が見えなくなり、またすぐに現れたりする。全てを描かず存在させる技術・センス・美しさに感嘆するが、その狙いや、監督の考えに関しては公式HPのインタビューで細かく書かれていて良いので観賞後に一読することをお勧めする。
    ある程度アニメーション作品に興味のあるひとであれば本作を観て高畑勲の名前が頭に浮かぶだろう。調べてみたところ監督は高畑氏を敬愛しているらしい。同じ日本人として嬉しいことですな。かぐや姫は駄作であったが。
    また、この作品、ひとりで描き上げているらしい。驚いたが、たしかにこの表現はスタッフを入れて作るのは難しいかもしれない...。すごすぎる。
    邦題がめちゃダサいからこんな素敵な作品だとは思わなかった笑 常々思っているけど、邦題のセンスの無さはもうそろなんとかしとけ?原題のままでええんじゃ。

  • 5.0

    はなさん2021/08/30 00:14

    二回目。オールタイムベストの1本
    女性の身体を持つということを考える。
    この原作からの変更は個人的にどんなプリンセスものより素晴らしいと思う。
    でも私が高畑勲の竹取が嫌いなように、原作信者はどう思うのかわからない。難しい

  • 5.0

    木子さん2021/05/26 18:15

    息遣いや存在の感触が本当に漂ってきそうで、ミニマムな線が妙になまめかしく、気づいたら、ドキドキしている自分がいた。荒涼の中に不思議な熱を帯びている音楽も素晴らしい。大好き。

  • −−

    二次元ポケットさん2021/05/22 13:41

    アニメーションを表現だけで捉えるなら、その熱量や気概に感心はするけど、好きかと問われれば「別に」と、面白いかと問われれば「特に」と答える。新しく逞しい女性観の打ち出しについては言いたいことは伝わりますと思った。

  • 2.2

    2298さん2021/04/13 21:47

    絵に慣れないとしんどいな…
    なかなか大人向けでした。
    ただ、絵に慣れないと世界に入り込めなくて、眠くなってしまった。。。

  • 5.0

    あさん2021/02/21 01:21

    絵も繊細でステキだし、強く生きる女の子がカッコいい エンディングのWird girlもたまらんくいい!

  • 1.9

    月さん2021/01/31 23:37

    日曜日の夜8時、ベッドに寝そべって鑑賞
    ていうか時間の感覚がバグりすぎて今深夜なのか、明け方なのか本気で分からなくなっちゃったのなかなかない経験で凄いテンション上がった👏👏👏!!!正解は午後8時でした

    グリム童話「手なしむすめ」を新解釈で描く、フランス発の長編アニメーション
    監督がひとりで描き上げた本作は、独自の作画技法「クリプトキノグラフィー」による斬新な描画が最大の見どころ。残酷な物語とマッチする美しい表現に引き込まれる。
    少女は両親と共に、水車小屋で貧しい生活を送っていた。ある日父親の元に悪魔が現れ、彼によって悪魔に差し出された少女は両腕を失ってしまう。家を出て放浪していた少女は不思議な精霊に守られ、ある国の王子から求愛を受けるものの、再び悪魔が現れ…。

    おもしろかった☺️☺️👏
    ストーリーはもう手なし娘そのまんまかな!
    絵のタッチというか演出がとても独特で、内面を反映させた感覚的な色彩が素晴らしくセンスが良くてこの世界観に見入ってしまう 「魂の居所」みたいなのを反映させている影?みたいなのがすごいよね😳!
    あとは尺が80分弱あるだけあって細かい演出というか、童話を読んだ時にはイメージのつかなかった「手なし」としての苦労なども映像化されていてリアルでよかった👏
    ラストは……どうなんだ……やはりメタファーなのか、それとも体に囚われず何処でもない場所へ3人一緒に旅立ったのか……

    手の骨ヒョイパク

    「これが私たちの家よ ここは安全」

    「お前にはどうしたって手が出せん、もう懲り懲りだ
    さらばだ
    悪魔の手には負えん……」

  • 3.5

    nekoさん2021/01/25 13:15

    童話、手とか足とかすぐ切っちゃうのほんとに怖い……
    娘の生命力がチート。
    どこから来る強さなのかは純日本人のわたしにはよくわからなくて、
    (無宗教だと「信じるものは救われる」がピンと来ない)
    生きようとすること、幸せになろうとすることに理由はないけど、周りの人や自分を信じられなかったり、幸せってなんか怖かったりする。
    「信心深い」とか「清らか」というのは、そういうのを越えていける強さかもしれないなあ。ちがうかな、わからんな。
    楽しんで観ました。

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す

    リンクがクリップボードにコピーされました