お知らせ

閉じる

非対応デバイスのため、動画を再生できません。

対応端末
  • 再生する

アラン・デュカス 宮廷のレストラン

G
  • 字幕

天才シェフ、アラン・デュカス―ヴェルサイユ宮殿内初のレストランオープンまでの道のりに迫る豪華絢爛な美食ドキュメンタリー!

フランス料理界の巨匠アラン・デュカスを追ったドキュメンタリー。パリ、モナコ、ロンドンのミシュラン三ツ星レストランをはじめ、日本でも「ベージュ アラン・デュカス 東京」「ブノワ」を展開するなど、世界各地で23のレストランを経営するアラン・デュカスが、ベルサイユ宮殿に宮廷レストランをオープンさせるため、ニューヨーク、ロンドン、リオ、フィリピン、香港、パリ、モナコ、東京、京都と世界中をめぐり、自身の舌と目で素材を吟味していく。秘密の部分も多いアラン・デュカスに2年にわたる密着取材を敢行し、天才と称された男が、最高の食材と新たな発見を追い求め、そのすべてを注ぎこんだ前代未聞のレストランのオープンまでを追っていく。

詳細情報

原題
La qu ête d’Alain Ducasse
作品公開日
2018-10-13
音声言語
フランス語
字幕言語
日本語
作品公開日
2018-10-13
制作年
2017
制作国
フランス
対応端末
公開開始日
2019-03-13 00:00:00
シェア
お気に入り
レンタル・購入330円~

レンタル(2日間)

アプリでDL可
標準画質(SD)
330
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
440
ご注文手続きへ

購入

アプリでDL可
標準画質(SD)
1,100
ご注文手続きへ
アプリでDL可
高画質(HD)
1,650
ご注文手続きへ

キャンセル

ドキュメンタリー洋画ランキング

アラン・デュカス 宮廷のレストランの評価・レビュー

3.7
観た人
169
観たい人
875
  • 4.0

    Natadecocoさん2021/05/31 12:33

    かっこいい。
    私にとって料理は生きる手段ではなくて娯楽の一つで、特にフランス料理は芸術作品で本当に好きな食事。
    フランス料理が好きだというと、贅沢だとか無駄だと言う人もいる。けど、旅行が好きなのと同じように時間や体験を買っていると私は思っているし、今回の映画でも「食事は体験であり、思い出の売り場である」という話が本当に共感した。
    アランデュカスさんは、ただ美味しい料理だけでなく新しさを常に追い求めている。食事で新しさを提供するのってすごく難しいと思う、、
    また、食事はサステナブルであるべきということも追及されている。

    対立関係にある国も食卓においては平和。サービスの速さが成功のカギ。彼にとって料理は無限の宇宙、世界観そのもの。権力のあるものに対し食文化の重要性を伝え、一般人には世界的な視点や地域主義の重要性を啓もうする。貧富の差なく分かち合う大切さを説く。目指すのは未来の料理で、伝統に基づくサステナブルな食。道理にかない環境に配慮した料理。夢を追う探検家であり哲学者であり芸術家。近い産地の食材を使う。地産野菜で味を発見できる。皿の中に自然が存在する。中身と器の調和と飲み物、そして同席者が大事。野菜と自分だけのほうがいい。我々の業界の確実はない。我々の仕事はディテールの積み重ねで、最低限ではいけない。日本は味と才能の宝庫。料理は頭の中でする。素材や料理の次に大切なのはシェフの魂。成功の秘訣は好奇心、恐れずに物事に着手すること。潮流をよく見て他とは違うことをする。常に学び教え独占せず分かち合う。京都は伝統と現代性が共存している。ウナギのお店も視察し、Antenorのお菓子も食べる。常に新しい味を求め、記憶する。無形のものが記憶に刻まれる=高級料理店の目的で、思い出の売り場である。職の歴史を変えた。完璧な舌を持つ。互換の音楽の指揮者となった。大多数の受けでなくとんがった味を目指したい。シェフが店にいなくても星をとれることを証明した。グローカル:地域の特色を生かしつつ世界普遍的な哲学で地球のことを考える。貧しい人を助けるには若いころでなければいけない。知識を伝えることは影響を与えること。

  • 3.6

    しっぽさん2021/05/22 02:47

    才能があって、成功して、好奇心を持ち続けていて、慈善事業もしている立派な人だと知った。
    ヴェルサイユのレストラン、行ってみたい。
    ウィキペディアで見たら、見た目より若かった。

  • 4.2

    erueruさん2021/05/16 03:25

    飛行機事故のことに少し触れられてましたが、
    そこを踏まえて観ると、この方の人生哲学になるほどと思います。
    映画の中で「経験にはいいものも悪いものもありますが、それよりも自分のなかに何が残るのか、ということが大切だということなんです。」
    などなど、、重みのある言葉がたくさん。
    後世に何かを残すために生かされている方、な気がします。

  • −−

    TAOZIさん2021/05/05 12:07

    18のミシュランスターを持つ世界一の料理人アラン・デュカスが、ベルサイユ宮殿でレストランをオープンさせるドキュメンタリー。

    ニューヨーク・ロンドン・リオ・フィリピン・香港・パリ・モナコ・東京・京都を旅して、超高級店から庶民的な食堂にまで足を運ぶ(Prime Videoから引用)。

    デュカス氏の魅力、料理のクオリティはもちろんのこと、それを邪魔しない映像や編集もよかった。

  • 3.8

    ブルームーンさん2021/04/23 13:02

    ヴェルサイユ宮殿の中にあるレストランをオープンさせたのは天才料理人アラン・デュカス。世界各地にレストランを持ち、ミュランの星も多数保有する一流料理人だ。世界各地を訪れては新しい味を求めて貪欲に探求していく。そんな彼を追ったドキュメンタリー。

    音楽も映像も綺麗で、また、アラン・デュカスの語る言葉がどれも意味深い。世界各地が出てきて旅行気分も味わえる。彼は料理人として多忙だが、フィリピンではストリートチルドレンの支援をしたりとチャリティにも熱心なようで、彼の行動力には目を見張る。

    彼は日本が好きらしく、年に数回訪れては新しい味や刺激を求めているという。あらためて観ると、日本料理は繊細で芸術の域である。アラン・デュカスが、日本のデパ地下でケーキをみて、このケーキの形は初めて見たといって、買い込んでるところをみて、日本の食ってやはりクオリティ高いんだなと思った。

    ドキュメンタリーを観て意外だったのが、キャビアといえば、ヨーロッパのイメージだが、中国産キャビアは高品質らしい。

    ここまで一つのことを極められるとはすごい。そして彼は世界的に成功しているが、その秘訣は人柄にもあると思う。私は高級レストランなんて柄ではないけど、いつか行ってみたい。

  • 3.8

    Queeeenさん2021/03/13 14:33

    料理界の王様
    アランデュカス
    発想、演出、何もかもが素晴らしい

    ずっと行きたいと思ってる銀座店
    今年中には行こう

  • 4.2

    ナチョスさん2021/03/09 20:52

    料理人ってすごい!

    ベルサイユ宮殿内にレストランを初出店した天才シェフ、アラン・デュカスのドキュメンタリー。

    恥ずかしながら、今作で初めてその存在を知ったのですが、めちゃめちゃかっこいい生き方をしておられて大尊敬しました!

    料理人って、食材に関するあらゆる知識はもちろん、芸術性も必要で、本当に一流の人は料理人以外でも飛び抜けた力を持っているのだろうなと思いました。

    このレベルの方は頭で料理するって、レベチすぎる...

    そんな彼は現在でも世界中を飛び回って常に新しいもの、驚かされるものを見つけに行くというのですから、料理界のダ・ヴィンチのようです。

    日本食を愛しているところも、無性に嬉しかったです。

    いつか彼が訪れていた日本の食事処、また東京にある彼のレストランも訪れたいと夢が膨らみました。

    私は料理を志すものではありませんが、モチベーションを与えてくれる映画として、今後もモチベが下がった時などにみたいなと思います!

  • −−

    SoyKahollyさん2021/03/07 22:27

    彼は本当に貪欲な料理人だということが伝わってくる。且つ、芸術家、旅行家、新しいものを追う冒険家であり、環境や貧困にも目を向けるチャリティ活動家、すごいなぁ。彼の成功は、人間性と好奇心、探究心、こだわりの結晶。


    東京のブノワんんどか行ったことあるけど、恥ずかしながら彼のことはイマイチ理解できていなかった私。次はいつ行けるだろうか

    天ぷら松行って見たいなぁ

    英語字幕が白くて所々、白い背景と被って読めなかったのはちょっと残念

  • 4.5

    やまとさん2021/02/22 17:11

    ただの料理人ではなく、五感を使って表現するアーティスト
    彼の言葉は料理だけでなく、人生のすべてに通ずるものがある
    変な自己啓発本を読むよりこの映画で彼の言葉に耳を傾けた方がためになるよ

  • 3.5

    ぎんがさん2021/01/25 01:47

    自分も調理師免許を持っているので、今後の参考になればと鑑賞。

    調理へのこだわりと努力、技術が凄すぎて参考にならない……

レビューをもっと見る
(Filmarksへ)

評価・レビュー

レビューを投稿してください。

    ※ニックネームに(エンタメナビ)の表示があるレビューは、2016年11月30日までに「楽天エンタメナビ」に投稿されたものを掲載しております。

    サブジャンルで探す

    カテゴリで探す

    俳優・女優で探す

    キーワードで探す

    ランキングで探す